日曜日, 7月 14, 2024
ホーム2024選挙JAG、4人の犯罪的なコロラド州最高裁判事を連続処刑

JAG、4人の犯罪的なコロラド州最高裁判事を連続処刑

By Michael Baxter -2024年6月13日(Real Raw Newsより翻訳)

今年初めにトランプ大統領の名前を州の予備選挙の投票用紙から外そうとした4人のコロラド州最高裁判事が、6月10日にグアンタナモ湾で反逆罪のために順次処刑された—遅くなったが実行された。

報告によると、軍事将校のパネルは全会一致でリチャード・L・ガブリエル判事、メリッサ・ハート判事、モニカ・マルケス判事、ウィリアム・W・フッド判事を反逆罪で有罪とし、ダース・E・クランドール副提督が6月3日に彼らの処刑を予定した。しかし、我々に知らされなかった理由で、また独自に確認できなかった理由で、副提督は待望の処刑を6月10日まで延期した。

4人は最後の食事を与えられた後、最期の儀式や聖職者の立会いを望むかどうか尋ねられた。マルケス判事だけが和解に興味を示したが、彼女の信仰である異教主義では、カキア(ギリシャの悪徳と道徳の悪神)の女司祭が「物質的な世界」から次の世界へ導く必要があると言った。JAGには女司祭がいないと伝えられると、マルケスはJAGを差別だと非難し、プライド月間にレズビアンやノンバイナリーの人を処刑することは道徳的にも聖書的にも不倫理だと言った。

JAGの返答はこうだった:彼女が最初に絞首され、共謀者3人がそれを見届ける特権を持つということだ。

後ろ手に縛られたマルケスは、背後のMPがライフルの銃口を彼女の背中に押し付けながら、絞首台の階段を登った。絞首台の上にいる死刑執行人が彼女の首に縄をかけ、頭に布袋をかぶせた。その下で、クランドール副提督は彼女に最後の言葉があるかどうか尋ね、軍警察が他の3人の震える判事を抑えていた。

フッド判事は共犯者たちに向かって、JAGが彼らに酸やLSDを与え、共有または集団幻覚を引き起こしている可能性があると言った。「もしかしたらこれは現実ではない。彼らは我々を怖がらせようとしているだけだ」と言った。

副提督は彼を一瞥し、「それが君を慰めるなら、それで構わない」と言った。

マルケスは副提督と出席している6人の士官に向かって、「あなたたちは国内の敵から国を守るという誓いを立てた。クランドール副提督はMAGAの国内テロリストだ。彼に従えば、あなたたちも彼の運命を共有することになる」と言った。

「あなたは虚空に向かって叫んでいるだけだ、被拘束者マルケス。さあ、このショーを始めよう」と副提督は返答した。

マルケスの足元のトラップドアが開き、彼女はゆっくりと窒息して死んだ。落下の衝撃で首の骨が折れなかったため、酸素が脳に供給されず、ゆっくりと窒息したのだ。

ハート判事は「神様、こんなことをしないでくれ」と叫び、地面に嘔吐した。

隣でガブリエル判事は44代大統領の名前を叫んだ。「オバマは私たちが安全だと言った!」

「君の信仰は誤りだった」とクランドール副提督は皮肉を込めて言った。

医療スタッフはマルケスの死亡を確認し、遺体をポリウレタン製の袋に詰めた。副提督は次の被害者であるハート判事のために絞首台を再設定するよう命じ、その場にいた技術者に彼女の身長と体重に合わせてロープとカウンターバランスを調整するよう指示した。

この残忍だが正当な絞首刑は午後2時頃に終了した。膨れ上がった遺体袋が4つ並んで地面に横たわっていた。

最後に処刑されたのはガブリエル判事だった。副提督は彼に、他の者たちが揺れるのを見ることが賢明だったと伝えた。絞首刑は不快だが必要なものだと副提督も認めていた。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す