日曜日, 7月 14, 2024
ホームアメリカディープ・ステートの陪審員7名拘束、1名は逮捕に抵抗して死亡

ディープ・ステートの陪審員7名拘束、1名は逮捕に抵抗して死亡

By Mike Baxter- 2024年6月23日(Real Raw Newsより翻訳)

架空の罪状でドナルド・J・トランプ大統領を不当に有罪とした12人のディープ・ステートに関連する陪審員のうち、7人が現在南フロリダのJAG拘留センターに軍事拘留されており、8人目の陪審員は死亡しているとJAG筋がReal Raw Newsに語った。

死亡したのは30代前半の男性で、おそらく12人の中で最もトランプ反対派の批判者だった。彼は6月20日、ニューヨーク市の自宅近くで、JAGの捜査官が軍事逮捕令状を持って彼をコーヒーショップから帰宅する途中に対峙した際に殺害された。捜査官は身分証明書と令状を提示し、陪審員は大変な誤解があると主張した。彼は捜査官に、彼らが間違った人物を捕まえたと主張し、実際にはトランプ大統領に対して愛情を持っていると述べ、MAGAの支持者であり、トランプに二度投票したと言った。

彼はその後、他人の名前で作られたInstagramのページを見せ、そこにはMAGAの服装をした陪審員がアメリカの旗の隣でポーズを取る写真が何十枚も掲載されていた。一枚には「真の愛国心」とキャプションが付けられ、別の一枚には「私はトランプを支持する」と書かれていた。

我々の情報筋によれば、捜査官たちはすぐにその陪審員がMAGAの支持者ではないことを理解した。Instagramのアカウントは対峙された場合にディープ・ステートとの関係を隠すために3日前に作成されたものだった。

さらに、捜査官たちは数日間その陪審員を監視しており、顔認識技術とトランプの違法な裁判中にホワイト・ハットが撮影したビデオを基に彼を特定していた。

トランプの裁判で陪審席に座っている自分のビデオクリップを見せられると、陪審員は激昂し、「あれは少し私に似ているが、確かに私ではない。あなたたちは間違った男を捕まえた。どうやってその映像を手に入れたんだ?」と捜査官に言った。

「その時点で彼は目に見えて汗をかき始め、北東部の熱波とは無関係でした。私たちの部下が彼の身分証明書を見せるよう要求し、そこから状況がエスカレートしました」と我々の情報筋は言った。

陪審員は捜査官の一人に殴りかかり、その後踵を返して逃げながら大声で助けを求め始めた。捜査官たちは彼を追いかけ、彼を歩道に叩きつけたが、その際に彼の頭が何度もレンガの壁に激しく打ち付けられた。

「レンガの壁に突っ込むのは非常に愚かなことです。頭は鋼鉄ではありません」と情報筋は語った。

陪審員は痙攣を起こし、その後鈍的外傷で死亡しました。

「私たちは遺体を回収し、間違いなく正しい人物であることを確認しました」と情報筋は述べた。

Real Raw Newsは明日、他の陪審員の逮捕に関する詳細を提供する予定だ。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す