水曜日, 2月 21, 2024
ホームアメリカバイデン、アメリカの避難民について語る。「F** Them. もし彼らが死んだら、トランプのせいにする」。

バイデン、アメリカの避難民について語る。「F** Them. もし彼らが死んだら、トランプのせいにする」。

By Michael Baxter -2021年8月18日(Real Raw Newsより翻訳)

カブールがタリバンに占領されたとき、傀儡のバイデン政権はこれまでで最悪の危機を経験した。それは、合法的な政府機関を装った犯罪的な米国政府とはほとんど縁を切った米軍にどう対抗するかということだった。 また、バイデン(彼を演じた俳優)が、悪化するアフガニスタンの危機に関連してロイド・オースティン国防長官に助言を求めたところ、無力なオースティンは、軍をコントロールできず、敵陣に閉じ込められたアメリカ市民を脱出させる方法について答えられないと認めた。

「まあ、いいや。もし彼らが死んだら、トランプのせいにしよう」と、バイデンはアフガニスタンに閉じ込められたアメリカ人について語った。

どこにでもある「トランプのせいにする」という言い回しは、ディープステートが市民への締め付けが弱まっていると判断したときに使う言い訳だ。バイデンがアメリカ人の命を守れなかったことで、彼のメディアや政治的な味方から激しい批判を受け、ナンシー・ペロシはディープステートの支持者の流出を防ぐために「バイデンを支持してほしい」と民主党議員に懇願したほどである。

タリバンが次々と州を奪還し、アメリカの優位性が失われていく中、ロイド・オースティン国防長官は、直近の宿敵である海兵隊大将で統合参謀本部メンバーのデビッド・H・バーガーに連絡を取り、危険にさらされたアメリカ人を避難させるための軍の支援を懇願した。

「あなたはアメリカ人のことなどどうでもいい。あなたが気にしているのは、面子を保つことと、手下を守ることだけです。あなたは魂を売ったのです。しかし、私たち真のアメリカ人は、同胞を死なせはしません。我々はすでに仲間を帰す計画を立てています。あなたやバイデンのせいではありません。しかし、我々はアメリカ人の命を大切にしているからです」と、バーガー元帥はオースティンを非難したと、元帥のオフィスの機密情報筋が伝えている。

「アメリカはあなたに感謝するだろう」とオースティンは答えた。

「アメリカを代表しているふりをするな。あなたは人気を気にしているが、私は命を救うことを気にしている」とバーガー将軍は答えた。

アメリカ人の命を守るために6,000人の軍隊の派遣を指揮したのは、バーガーをはじめとする統合参謀本部であったと関係者は語る。

しかし、軍の計画を知ったバイデンチームは、すぐに自分の手柄にして、あたかも自分たち犯罪者の幹部が軍の支援を集めたかのように見せかけた。

「彼は、自分の支持率がハリスのように急速に下がることを知るまでは、アメリカ人の命などどうでもよかったのです。私たちは、彼がタオルを投げて、死んだアメリカ人を巻き添えにする準備ができていたことを知っています。アメリカ人の命を救ってくれたのは、バイデンでもなく、彼の部下でもなく、トランプと軍に感謝しなければなりません」と情報源は語った。

注:本サイトで「バイデン」という名前を使用する場合、アーサー・ロバーツを含む多くのボディダブルや俳優が公の場やテレビでバイデンを演じているため、必ずしも本物のジョセフ・R・バイデンを指しているわけではありません。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA


Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す