木曜日, 4月 18, 2024
ホームアメリカワクチンによる死亡事故と従業員の辞職で大量のフライトキャンセルが発生

ワクチンによる死亡事故と従業員の辞職で大量のフライトキャンセルが発生

By Michael Baxter -2021年10月31日(Real Raw Newsより翻訳)

アメリカン航空(AA:American Airlines)は日曜日、ボストン、シカゴ、ダラスの中心的なハブ空港での人員不足と “悪天候 “のために、週末の1,500便をキャンセルしたと発表し、AAのスポークスマンは遅延やキャンセルの原因を “荒れ模様の風 “と “大気の乱れ “としている。

しかし、連邦航空局(FAA:Federal Aviation Administration)の内部告発者がReal Raw Newsに語ったところによると、AAは大規模な偽装行為を行っているとのことだ。AAの主張に真っ向から反論した彼は、最新の飛行機は適度な風が吹く中で離着陸できるように十分な装備が施されており、パイロットは荒天時に航空機を扱う訓練を受けていると述べた。

この週末、ダラス・フォートワース(DFW)国際空港では太陽が明るく輝き、西から5〜15kt[ノット](9.26〜27.78km)の風が断続的に吹いていた。情報源によると、FAAは離着陸に関わる事柄について”風の制限”を義務付けていないが、40mph(時速64.4km)を超える横風の場合には離着陸を控えるよう勧告している。

「今週末のDFWでは、資格を持ち、訓練を受けた有能なパイロットが航空機を操作するのを妨げるような天候ではありませんでした。AAは国民やメディアに嘘をついており、ホリデーシーズンのチケット売り上げを落とさないようにしています。欠航の本当の理由は、ワクチンを接種したパイロットが死亡し、時には飛行中に死亡し、ワクチンを接種していないパイロットや客室乗務員がワクチン接種の義務化をめぐって辞職しているからです」と関係者は語っている。

ワクチンを接種していないAAの客室乗務員650人は、予定されたフライトの前にワクチン接種を要求するテキストメッセージを受け取った後、週末に出勤することを拒否したと言う。「従わなければ、無期限の一時帰休になる」という内容だった。

ワクチンを接種していないパイロットも、生活を脅かすメッセージを受け取った後、同様の姿勢を示した。土曜日には84人のパイロットが、AA社からワクチン接種を要求され、フライトを拒否した。

一方で、ワクチンを接種したパイロットが操縦席で死亡するという驚くべき事態が発生している。先週、RRNは2人のAAパイロットが飛行中に32,000ft(約9.75km)で急死したことを報告した。

「その数は日に日に増えており、航空会社、FAA、国家運輸安全委員会(NTSB:National Transportation Safety Board)はそれを黙らせるために共謀しています。彼らは、先月12人のパイロットが接種後3週間以内に死亡したという報告を社内で受けています。彼らはこの情報をメディアに出さないように全力を尽くしています。全員が心臓に関連する問題を抱えていました」と関係者は語る。

13人目のパイロットは不凍液に含まれる有毒な化学物質であるポリエチレングリコールに対する過敏症で機内で死亡したと付け加えた。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA


Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す