火曜日, 5月 21, 2024
ホームCovid-19FEMAがNYの学校で自閉症児に強制的にワクチンを接種

FEMAがNYの学校で自閉症児に強制的にワクチンを接種

By Michael Baxter -2022年1月5日(Real Raw Newsより翻訳)

ニューヨーク州スプリングバレーにあるロックランド特殊教育研究所(RISE)は、施設の2021年秋の名簿によると全部で165人の「特別支援」児を受け入れており、中には6歳から9歳の、人とうまくコミュニケーションが取れない言語障害を持つ子もいる。学生たちの冬休み直前の12月23日、連邦緊急事態管理庁(FEMA)、および犯罪政府機関に仕えるために病院から集められた看護師たちがRISEにやってきて、親の同意なしに子供たちに強制的に予防接種を施したのだ。


報復を恐れて匿名を希望するRISEの職員は、FEMAが到着する前に95%の生徒がCovid-19の予防接種を受けたとReal Raw Newsに語った。しかし、残りの5%の生徒の親が、医学的あるいは宗教的な免除を受け、未接種の子供も授業に参加できるようにしたため、学校の管理職員は偏執狂的になっていた。この5%が無症状のスーパースプレッダーであることを恐れ、管理者はワクチン未接種者を隔離し、仮設の教室に改造した管理室に隔離し、学校敷地内では二重マスクを強要した。彼らはまた、隔週でCovid-19の検査を受け、しばしば鼻血を出すような積極的な鼻腔洗浄も行われた。

「彼らは、言語障害や学習障害を持つ子供たちです。彼らは、社会的な合図やニュアンスをつかむのに苦労しています。私たちがどれほど彼らを混乱させたか、想像に難くありません。しかし、その被害妄想は野火のように広がりました。生徒が咳をすれば、誰もがCovidだと叫びました」と情報筋は言う。

この学校の校長は、Covidに対する恐怖にとらわれ、ニューヨーク州公衆衛生局長官(NYSDOH)のメアリー・バセットに電話をかけ、「Covidの危機」に対処するよう助けを求めたという。バセット氏は、NYSDOHは「義務化で手一杯」で、迅速な「ウェルネス・チェック」は保証できないと言ったが、「連邦政府の同僚」にこの悲惨な状況を知らせることを約束したという。

12月23日、RISEの生徒たちが冬休みに入ろうとする頃、FEMAのエージェントと看護師の手先が学校にやってきて、ワクチン未接種の子供たちが何人いるかを調べ、特定すると、看護師がワクチン入りの注射器を指で握りながら待機している教室に案内してきた。

「ある生徒(6歳)は重度の学習障害を持っています。彼はてんかんも患っています。彼はワクチンを見て大発作を起こし、発作が起きている間に腕を刺されました。彼は死ななかったのが幸いでした」と情報筋は語った。

「何人かは抵抗しようとしたのですが、取り押さえられました。彼らは、全員が理解していたわけではありませんが、予防接種を受けることは正しいことだと言われました。その日、全部で12人の生徒が強制的に、場合によっては乱暴に予防接種を受けました。この学校の入学契約書には、生徒は学校の方針で決められた健康指針に従わなければならないという細かい字句があり、その中には予防接種も含まれていたことが判明しました。そして、保護者が取得した免除措置の無効化を正当化するために、管理者がこれを利用したのです」と、情報筋は続けた。

RRNはこの情報源に、犠牲者の名前を尋ね、親にインタビューすることができるようにした。もしその情報が得られたら、追跡調査を行う予定である。
トランプの真実
RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA


Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す