月曜日, 10月 2, 2023
ホームディープ・ステート特殊部隊がディープ・ステートのクローン研究所を破壊する

特殊部隊がディープ・ステートのクローン研究所を破壊する

By Michael Baxter -2022年12月22日(Real Raw Newsより翻訳)

ホワイト・ハットが神話だと思っていた、ミズーリ・オーザックの鍾乳洞をくりぬいたディープ・ステートのクローン施設を、米国特殊部隊が火曜日に発見し破壊したと、H・バーガー将軍の事務所の関係者がReal Raw Newsに語った。

将軍は、ミズーリ州スタントンの近くにある巨大なクローン研究所のGPS座標を持っているという情報源からの情報を受けて、第5特殊部隊群司令官ブレント・リンドマン大佐と協議したという。情報筋によれば、バーガー将軍が2022年に耳にしたこのような情報は4件目で、いずれも情報機関で働く、あるいは働いたことのある、独立した無関係の人物からのものであったという。バーガー将軍は、座標が含まれていないことと、退職したかどうかにかかわらず、ほとんどの諜報員がディープ・ステートと癒着していることから、以前のタレコミをゴミのように見なしていたのである。根拠のないタレコミを調査することは、人手と資源の無駄遣いであり、罠の可能性もあると考えたのだ。さらに、将軍はそのような技術が存在することを信じるのに苦労した。クローンの噂が時々浮上しても、彼はそれをSFとみなし、かつて自分が知らないうちにクローン技術が存在することはあり得ないと言ったことがある。

最新の情報は、将軍がかつて信頼していた人物からもたらされたものだという。

「この時点では、バーガー将軍はまだその話を信じていなかったが、その男が見て欲しいものがあるかも知れないと考えていた。座標がなければ、『もうやめよう』と言っただろう。オーザックには7千の洞窟がある。彼は限られた戦力で全て捜す気はないだろう。 もし罠なら、犯人を罠にかけるつもりだったのだろう」と、情報筋は言う。

日曜日の夜、バーガー将軍とリンデメン大佐は、兵士たちが洞窟の中で何か不自然なものを見つけた場合に備えて、ミズーリ州にささやかな偵察隊を送るか、大規模な捜索・破壊隊を送るかについて話し合った。短い協議の後、彼らは2つの12人のアルファ分遣隊を決定した。1人は移動式司令部を設立し、もう1人は適切な火力と破壊力と共に、疑惑のターゲットを見つけることにした。

「情報提供者は、その場所が警備されているかどうかについては言及しなかった」と、情報筋は語った。

彼らは火曜日の早朝に作戦を開始した。長距離用燃料タンクを装備し、第160特殊作戦航空連隊のパイロットが操縦する2機のUH-60(ナイトストーカーズ)は、ケンタッキー州フォートキャンベルから特殊部隊を、ミズーリ州の広大な鍾乳洞の迷宮があるミラミグア州立公園の南西にある遠隔地の採石場に輸送した。

司令部を設置し、人員を配置した分隊は、徒歩で岩場を移動しながら、時には暗視装置を使って研ぎ澄まされた夜間視力を補強しながら出発した。岩場を縫うように進み、GPS座標から500メートル以内で停止した。岩柱に支えられた石灰岩の岩棚があるだけで、洞窟の入り口もない。しかし、ある特殊部隊の隊員は、その岩壁の下から「ブーン」という音がするのを聞いた。岩壁の一部を触ると、まるでそこに何もないかのように手が通り抜けた。

ホログラムの投影で、SUVがすっぽり入るほどの開口部が隠されている。鍵をかけ、荷物を積んで、投影をくぐり抜けると、そこは100フィート下の地中に降りるトンネルの中であった。トンネルは、まるでレーザーで削られたように滑らかである。あるオペレーターは、後に「磨かれた石」と呼ぶことになる。コダックのスライドプロジェクターくらいの大きさの四角い装置が天井からぶら下がっていて、そのレンズが洞窟の入り口に向いている。天井から吊るされたコダックのスライド・プロジェクターくらいの大きさの四角い装置で、レンズは洞窟の口を向いている。天井に開けられた穴には1本のワイヤーが通っている。

床は金属で、まるで溶けた鉄を流し込んだかのように、洞窟の大きさにぴったりと合っている。その奥には、36個の熟成室があり、7フィートの高さの円筒形の中に半透明の液体が満たされている。液体に吊るされているのは、様々な開発段階にあるディープ・ステートの著名人のクローンとしか言いようのないものだった。個々のチューブには、被験者の名前、誕生日、成熟日を記したシールが貼られていた。

36本のうち12本がクローンだった。彼らは動かずに吊り下げられており、液体に浸かっている間、どのように呼吸していたかは不明である。1人は30代半ばのヒラリー・クリントンのコピー。もう1人は、思春期のチャック・シューマー。3番目は20代のギャビン・ニューサム。そして4人目は、ジョセフ・バイデンの成熟したモデルである。ミシガン州知事のグレッチェン・ウィットマーもあったし、アンソニー・ファウチ博士のクローンも2体あった。

特殊部隊は、床全体が足元でハムノイズと振動していることに気づいた。目に見える電源がないことから、彼らはこの不気味な施設の電源が地下にあり、床を振動させているのだと推測した。

分遣隊は、既知の現実を超越した状況に置かれ、一瞬、呆然としたという。この研究所を設計した人は、生物本来の成長サイクルをいかに加速させるかという難題を克服したのである。

分遣隊の隊長である大尉は、通信兵に命じて、洞窟を崩すのに十分な爆薬を持った者を司令部に派遣するように無線連絡させた。彼はまず、ホログラフィック・プロジェクターと3台のラップ・トップなどの証拠品を持ち帰った。部隊は、洞窟の壁や天井、洞窟の入り口を支える外側の石柱に、C4という可塑性のある(柔らかく形を変えやすい)弾丸の塊を貼り付け、洞窟内に仕掛けを施した。

アクリル製のシリンダーを破壊して撃つと、クローンたちは床に倒れ、粘性のある液体の水たまりに包まれた。

「ファウチとバイデンを連れて行くが、これ以上置く場所はない。残りは置いていけ。液体のサンプルも取ってこい」と、分遣隊の隊長は部下に言ったという。

彼らは洞窟を出て、安全な距離まで後退した後、遠隔操作で洞窟を爆破した。洞窟は崩れ落ち、入り口は巨大な岩の破片でふさがれた。分遣隊は司令部を解体し、ヘリに乗り込み、朝日が地平線の上に顔を出した頃、フォート・キャンベルに戻った。

「当然ながら、この発見で事態は一変する。ディープ・ステートは今頃、何が起きたか知っているはずだ。あの気持ち悪い場所に24時間スタッフがいなかったとしても、誰かがクローンをチェックしていただろう。特殊部隊が足跡を確認した。何がその場所を動かしたのか、その電源がまだ動いているのか、まだ分からない。今いちばん心配なのは、ディープ・ステートがこのラボをいくつ持っているのか、ということだ。この試練は、バーガー将軍を混乱に陥れた。SFが科学的現実になったのだ」と情報筋は言う。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA


Most Popular

Recent Comments

やまとたける on バーガー将軍行方不明
ウッチー on GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 on 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す