日曜日, 5月 19, 2024
ホームCovid-19ルーニー・テューンズ・ニュージャージーの学校は、新しいマスクの義務化についてトランプを非難す

ルーニー・テューンズ・ニュージャージーの学校は、新しいマスクの義務化についてトランプを非難す

By Michael Baxter -2023年1月24日(Real Raw Newsより翻訳)

編集部:この記事は数日前に書かれ、2023年1月24日に投稿されました。この記事が掲載される前日、2023年1月23日に、問題の学区は義務付けを解除したようです。従って、現在は義務付けはされていません。ご指摘いただいたコメントをいただいたかた、大変ご丁寧にありがとうございました。確かに、今朝、記事を掲載する前に、学区のホームページをチェックすべきでした。しかし、以前は確かに義務化されていたのです。私たちはこの誤りを謝罪し、この訂正とともに記事を掲載し続けることにします。

ニュージャージー州のパサイック学区では、1月初旬に生徒たちが冬休みを終えて教室に戻ってきたとき、教室のカリキュラムに歴史修正主義者が加わった。リベラル派の教育者たちは、子供たちが再び1日に8~10時間もバクテリアまみれのフェイスマスクの着用を強いられた理由として、ドナルド・トランプを非難したのである。

更新された義務化の必要性を疑問視する子供たちは、トランプがCovid-19の蔓延を止めるために十分に迅速に行動しなかったから、トランプを非難するように言われたのだ。子供たちは、トランプの無頓着な指導力によって、Covid-19ベータとオミクロンの変種が、より感染力の強いXBB.1.5の変種に変異し、それが制御できない山火事のように広がって、国中の子供たちを病気にしていると言われた。

エタ・ゲロ・スクールでは、ある教師が4年生の生徒たちに、2024年のトランプ大統領に投票しないよう両親や兄姉に思い出させるよう勧めた。またトランプ大統領が誕生すると「Covidが悪化し」、子供たちは猶予なく永遠にマスクをつけなければならなくなるだろうからだ。

パサイック郡では投票が重要だ。民主党寄りではあるが、前回の大統領選では登録有権者の41%が共和党に投票し、2016年から6%増加した。そこの教育者たちは、トランプの人格を非難し、第45代合衆国大統領を悪魔化し、中傷するような柔和な心を育てることに腐心しているようだ。

Real Raw Newsは、特に厄介な生き物である教師が、普通の空気を吸うために一瞬マスクを下げたことを咎めた11歳の少年の両親と話をした。

「息子は喘息持ちで、学校もそれを承知しています。マスクを長時間、休みなくつけているのが苦痛なのです。学校がやっていることは残酷で非人道的です。そのうえ、なぜ数秒間だけマスクを外せないのかと尋ねると、教師は『トランプに聞け』と言い、息子を嘲笑したのです。そのせいで息子は涙を流し、さらにジェナ(姓は伏せ字)がトランプに聞いてこいと言ったのです」と少年の父親は語っている。

非倫理的な指導は、この地区の風土病だ。

数マイル離れたダニエル・F・ライアン小学校では、教師たちが子供たちに「2024年にトランプが勝てば、マスク義務化を廃止し、病気の蔓延を増殖させる」と話している。義務化に反対する子供たちは、トランプがいかに国を騙してCovid-19を治すために漂白剤を飲ませそうになったか、なぜ社会の安全を守るためにマスクが必要なのかを作文として書くために、しばしば居残りにさせられている。

匿名を約束して話した数学の教師は、リベラルな左派が地区を支配しており、保守的な価値観を持つ教師はそれを隠さなければ職を失う危険があるとRRNに語った。

「ここでは、あらゆる機会でトランプについて否定的な発言をする努力が行われています。私はトランプに2回投票しましたが、保守的な主義主張をすれば、排斥され、非常に不愉快な思いをさせられます。同僚の中には、トランプがCovidを引き起こしたと学生に教えている者もいます」と語った。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す