水曜日, 5月 22, 2024
ホームGITMONECのブライアン・ディース長官がGITMOで絞首刑にされる

NECのブライアン・ディース長官がGITMOで絞首刑にされる

By Michael Baxter -2023年1月26日(Real Raw Newsより翻訳)

グアンタナモ湾の軍事法廷が、国家の食糧供給を妨害した反逆罪で有罪判決を下した後、非合法政権の国家経済会議(NEC)ディレクター、ブライアン・ディースは、水曜日の午後に絞首刑にされた。

今月初めに報告したように、米海兵隊は1月5日、ディースが鶏肉と卵の価格をつり上げる食糧危機を意図的に作り出したことを示す3カ月にわたる調査の結果、ディースを逮捕した。ディースは、鳥インフルエンザを抑えるという口実で、養鶏業界を監督する食品安全検査局(FSIS)に数千万羽の鶏を殺すよう指示したとする宣誓供述書を提出している。

水曜日、オレンジ色のジャンプスーツを着て手錠をかけられたディースは、無実を繰り返し、クランドール副提督に「アメリカ合衆国の神聖さを守るために私がとった行動は、あるいはとらなかったかもしれないが、歴史が証明してくれるだろう」と言った後、憲法修正第5条の黙秘権を発動した。彼の尊大さと自惚れは、副提督の印象には残らなかった。

「好きなように考えてください。ここでは、あなたは敵の戦闘員です」とクランドール副提督は言った。

彼は検察側の最初で唯一の証人、FSISの副長官ポール・キーカーを呼び出した。キッカーはズーム電話で現れ、白いジャンプスーツを着て、キャンプデルタの留置場のような場所に座り、その後ろに武装した海兵隊員が控えていた。なぜ彼が法廷に姿を現さなかったのかは不明だ。

キーカーは、彼とディースが共謀して、食料品店の買い物客が不当な価格を支払うか、あるいは卵を買わずにすむように、卵の価格を人為的につり上げようとしたと証言している。

「卵は主食だ。それでも買ってくれる人がいることは分かっていた。そして、それが品不足を悪化させることも知っていた。そして、その不足はさらに価格を上昇させるだろう。卵や鶏肉に限ったことではない。国民から食料を奪い、ベネズエラのようなインフレを起こそうとする政権の努力がここにあるのだ」とキーカーは述べた。

「あなたの得意分野に集中しましょう。それで、あなたはディースにアプローチしたのですか、それとも逆だったのですか?」とクランドール副提督は言った

キーカーはディースを非難した。彼は、2022年初めに彼に近づいたとき、ディースはすでに計画を練っていたと言った。

「彼はそのためにFSISを必要としていたのだ。要は、FSISが大規模な採卵農場に定期検査に行ったのだ。鳥インフルエンザの証拠が見つかったので、卵の群れをすべて淘汰しなければならないとオーナーに伝えた。農場の規模にもよるが、それは数千羽から数万羽を意味した。農務省が補償すると言われたが、そうなったかどうかは分からない」とキーカー。

「つまり、あなたがたは、卵農家や家禽農家に嘘をつき、彼らの群れが病気であると信じ込ませ、彼らの反則を破壊し、実質的に彼らを廃業に追い込んだのだ」と、クランドール副提督は言った。

「基本的に、それだけです」。

「FSISの検査官は喜んでこの計画に従ったのですか?」クランドール副提督はこう尋ねた。

「そうなることが分かっている者を選びましたし、彼らには十分なボーナスを支払いました」 キーカーは答えた。

「きょうの協力には感謝しますが、今のところ、あなたは自分自身を有罪にしただけです。あなたの言葉以外に、ディースを陰謀に巻き込む証拠はあるのですか?」

提督が話している間、ディースは静かに無表情で弁護席に座っていた。

「すでに渡した文書だけです」とキーカーは言った。

クランドール副提督はパネルに、2022年6月にディースがキーカーに送ったテキストメッセージを見せた。「彼らはより賢くなっている。彼らは独立したテスターを雇っている。私はあるアイデアを思いついたので、私と一緒に取り組んでほしい。家禽の感染を始めるぞ」というメッセージがあった。

キーカーによれば、FSISの検査官はネブラスカ州の採卵農場で生きた鳥インフルエンザを密かに鶏に注射していたという。検査官はその後、ウイルスを潜伏させ、拡散させる時間を置いてから次の検査を行う。そのときには鳥インフルエンザが群れに感染しており、FSISに何千羽もの鳥を処分する正当な理由を与えていたのである。

「なぜディースの計画に従ったのですか? 何があなたを動かしたのですか」と副提督はキッカーに尋ねた。

「ブライアン(ディース)は、私が命令に従うことを期待されていると言いました。そして私は500万ドルを渡されました。私は自分の行動に責任を持ち、自分のしたことを深く反省しています」とキーカーは述べた。

提督は証人を退席させた。

そして、ディースと、食品加工センターの破壊を命じたとして軍が5月に処刑した故トム・ヴィルサック農務長官との会話の音声を流した。年1月5日、ディースは農務省捜査官が「定期検査」の名目で養鶏場を訪れ、鳥インフルエンザの検査をランダムに行うことを提案した。ヴィルサックが「悪い考えではないが、鳥インフルエンザの症例が見つかる可能性は低い」と答えると、ディースは「もちろん見つかるさ。彼はそうしろと言うんだ」。

後の会話で、ディースはヴィルサックに、2023年までに卵の価格を2倍にする方法を見つけたと言った。「人々が飢えようが破産しようが関係ない」とディースは言った。

クランドール副提督は、パネルに証拠調べを依頼し、パネルを構成する3つのオフィスは、ためらうことなく有罪の評決を下した。そして、ディースを反逆罪で絞首刑に処するよう勧告した。提督が、絞首台の準備ができたので、ディーズは3時間後に絞首刑にできると言うと、ディーズは沈黙を破って叫んだ。

クランドール副提督は、「君が共和国を裏切った瞬間に、君の訴えは却下されたんだ」と言った。

その3時間後、ディースはロープにぶらさがっていた。海軍の医師は、2023年1月25日午後3時14分(東部標準時)に彼の死亡を宣告した。

ポール・キーカーの裁判は2月7日に予定されている。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す