土曜日, 4月 13, 2024
ホームアメリカGITMO、落下傘兵を乗せたフランス軍機を撃墜

GITMO、落下傘兵を乗せたフランス軍機を撃墜

By Michael Baxter -2023年2月21日(Real Raw Newsより翻訳)

グアンタナモ湾の米軍は月曜日、フランスのA400M軍輸送機が無線連絡に応じずに同湾の防空識別圏(ADIZ)を突破したため、これを撃墜したと、エリック・M・スミス将軍の事務所の関係者がReal Raw Newsに語った。

A400MはアメリカのC-130のように、多くの兵員や軍用機器を運ぶことができるクアッドターボ機である。エアバス・ミリタリー社が設計したA400Mは、C-130とボーイングC-17グローブマスターIIIの中間のサイズの戦術的な空輸機で、C-130よりも重い荷物を運ぶことができ、荒れた着陸帯を使用することができる。

午後2時、リーワード・ポイント飛行場の管制官とグアンタナモ湾を守るアーレイ・バーク級駆逐艦のレーダーオペレーターは、基地の南50マイルの地点で未知の航空機を探知した。これは、パイロットが飛行機の通信機とADS-B(電波を受信すると応答する電子機器)を無効にしていたためである。ADS-Bとは、航空機が衛星航法などのセンサーで位置を特定し、それを定期的に発信することで追跡を可能にする技術である。

しかし、ATC(航空交通管制)と駆逐艦は、ベネズエラ・アラグア州にある軍民共用飛行場「マリスカル・スクレ空港」を離陸した航空機であることをすぐに突き止めたのである。

「民間機なら電子機器が使えないことはないだろう。また、通信機とADS-Bが同時に壊れる確率は限りなく低い。非常に不審で、クリスマスに行われたGITMOへの襲撃の記憶がよみがえった」と情報筋は語った。

RIM-66 surface-to-air missile

GITMOは、飛行機が25マイルの閾値を超えると戦闘態勢に入り、駆逐艦の艦長は武器担当官に、艦載のRIM-66地対空ミサイルを交戦可能な状態にするよう命じた。

アーレイ・バークの乗組員は、航空機が20マイルの境界線を通過したとき、それが250ノット、高度2,500フィート(約762m)で飛行するA400Mであることをどうにかして判断した。

この侵入機に発砲するかどうかは、GITMOの最高軍事責任者であるランス・A・オカムラ准将が最終的に決定した。彼はアーレイ・バークの指揮官にA400Mを撃墜するよう指示した。その数秒後、1発のミサイルが機体を直撃した。真紅の火球が空を照らし、カリブ海に破片が降り注ぐ。

MH-60R Seahawk helicopter

駆逐艦は直ちに側面速度で残骸に向かい、到着前にMH-60Rシーホーク・ヘリコプターを投入し、周辺を調査した。ヘリは、油膜が出現している中で、シートクッションや体の一部、死体が浮いているのを目撃したと報告した。

情報筋によると、アーレイ・バークの乗組員は、16人の無傷の生存者を海中から引き上げたという。エンジンや胴体の大部分など、より重い残骸は、アーレイ・バークが着水した時点で沈没していた。水没した遺体は、フランス外人部隊の徽章を付けた兵士たちであった。フランス外人部隊は1831年、外国人をフランス軍に入れるために創設された。

「この様子だと、政権はマクロンに外人部隊をディープ・ステートの資産として利用するよう説得したことになります。回収作業は進行中です。回収された遺体はすべてパラシュートを持っていました。我々はこれが侵略を意図したものだと考えています」と情報筋は語っている。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す