土曜日, 4月 13, 2024
ホームアメリカ海兵隊のスナイパーがボルチモアでウクライナ人の小児性愛者を殺す

海兵隊のスナイパーがボルチモアでウクライナ人の小児性愛者を殺す

By Michael Baxter -2023年2月26日(Real Raw Newsより翻訳)

アメリカ海兵隊のスカウト・スナイパーが土曜日、ウクライナとロシアの紛争が始まって以来アメリカに滞在し、誘拐した子供を東ヨーロッパに送る児童奴隷組織を監督していたウクライナ人外交官を射殺したと、エリックMスミス将軍の事務所の関係者が Real Raw News に語った。

47歳のイワン・コバレンコは、ロシアのプーチン大統領がウクライナ国内の外国人生物学研究室と欧米が運営する児童売買シンジケートを追い詰めるために、ウクライナで特別軍事作戦を開始した直後の2022年3月にキエフから米国にやってきていた。自称実業家のコバレンコは、複数の繊維会社で管理職を務めた後、突然故郷を離れた。米国に到着すると、彼はワシントンのウクライナ大使館に直行し、駐米ウクライナ大使のオクサナ・マルカロワに採用された。

情報筋によると、ドナルド・J・トランプ大統領が7月にコバレンコをバーガー将軍に指名した後、米軍のホワイト・ハット部隊がコバレンコに関心を抱いたという。トランプがどのようにコバレンコを知ったかは不明だが、2022年初頭から何度も電話会談をしているうちに、ウラジーミル・プーチンを通じて知った可能性がある。トランプは、コバレンコが、アメリカの子供たちが誘拐され、ウクライナ、ハンガリー、ベラルーシの小児性愛者に売られる児童売買組織を指揮しているという反論できない証拠を持っていたと伝えられている。そしてバーガー将軍に、コバレンコを徹底的に排除するよう “GOサイン”を出した。

しかし、コバレンコを孤立させることは問題だった。8月に彼を監視するために任命された海兵隊員から、彼はめったに大使館を出られず、出たとしても武装した警備員の群れに囲まれているとの報告があった。一方、バーガー将軍は、アントニー・ブリンケン国務長官がコバレンコに「外交官」の称号を与え、外交特権を与えていることを知った。このような保護はホワイト・ハットにとっては無意味なものだったが、ホワイト・ハット運動に同情的な地元の法執行機関は、失職や最悪の事態を恐れてコバレンコの監視に協力しようとしなかった。

コバレンコの引きこもりぶりと、武装した警備員と一緒でなければ人前に出ないという姿勢は、彼が普通のビジネスマンでないことを証明している。9月から11月にかけて、彼は一度も外出することなく、大使館に閉じこもった。

「大使館は24時間体制で監視し、出口はすべて塞いだ。どうにかして、気づかれずに出入りしたとしたら、彼はとんでもないマジシャンだ。監視されていることを知っていたのか、あるいは被害妄想だったのか。明白な理由として、我々は行動を起こす前に、彼一人、あるいは少なくとも大勢の側近と一緒でないことを望んでいた」と情報筋は語った。

海兵隊のスナイパーは、12月中旬にコバレンコ氏の脳天に弾丸を撃ち込む機会を逸してしまった、と彼は付け加えた。彼は大使館からリムジンに乗り込み、たった2人のボディガードと一緒に現れた。リムジンを尾行し、ワシントンDCを南下してアンドリュー空軍基地に向かった。リムジンがメリーランド州との州境の南東、シーダーヒルズ墓地近くの静かな道に入ったとき、海兵隊はリムジンを道路から排除し、乗員も排除しようとした。しかし、突然の対向車のラッシュで計画は台無しになった。車はアンドリュースに到着し、コバレンコの外交官IDで警備を突破した。海兵隊員は彼が飛行機に乗ったと思ったが、後にコバレンコはポーランド・ワルシャワからの米国務省便に搭乗した見知らぬ人物の到着を待っていたことが判明した。コバレンコとその客はリムジンに戻らず、ヘリコプターに乗り込み、そのまま大使館の屋上まで飛んできた。

1月になると、ホワイト・ハットはコバレンコを排除できないことに不満を募らせ、バーガー将軍が去った後、ホワイト・ハット部隊の指揮を執ることになったばかりのエリック・スミス将軍は、コバレンコを潜伏先から引き出すために危険な策を練った。この作戦が成功すれば、コバレンコが未成年の子供を高値で売買して利益を得ている児童略取者であることを疑う余地なく証明することができる。

潜入捜査中の海兵隊員がコバレンコと連絡を取り、「仲間」が国立公園で誘拐した35人の少年少女を預かっていると言った。コバレンコは、「国立公園で拉致した35人の少年少女をすぐにでも引き渡さなければならないが、国際市場で高値で取引される子供たちのために、公正で妥当な価格が欲しい」と言った。コバレンコは欲にかられ、金髪なら3万5千ドル、赤毛なら2万ドルという低額な金額を提示し、海兵隊員を引き込んだ。しかし、海兵隊員はこの申し出を一笑に付し、「東欧の闇市では、子供はその5倍の値段で売られているから、1人当たり8万5千ドルだ」と言い放った。しかし、不審に思ったコバレンコは、子供の写真を要求した。この要求を受けて、スミス将軍は、幼い子供を持つ海兵隊員に写真を提出するよう要請した。コバレンコはGoogleの画像検索を使えば、罠にはまることはないだろうと、スミス将軍は考えたからだ。50人の勇敢な海兵隊員が同意し、コバレンコ氏を陥れるために働いている潜入海兵隊員に、自分の子供の写真でセンスの良いものを送ってきた。

コバレンコは提示された価格に同意したが、海兵隊員が仲介者は扱わないので、騙されたり殺されたりしないようにコバレンコと個人的に取引したいと言うと、渋々了承した。海兵隊員は彼にメールを送り、取引は「最終提示条件」で、彼と子供たちは2月25日の午後10時にボルチモア港に到着すると言った。

その日の夕方、海兵隊の狙撃手は荷役用クレーンや港に散乱する無数の輸送用コンテナの間に陣取った。コバレンコのリムジンは10時15分に停車し、彼と3人の武装警備員が子供も連れていない覆面海兵隊員に近づいた。コバレンコは現金の入ったダッフルバッグを見せると、銃弾が彼を中心に命中した。彼の仲間も、その場で射殺された。

「このFu**を捕まえるのに時間がかかったが、やらないよりはましだ」と、この情報筋は言った。

我々は、ホワイト・ハットが裁判の代わりに処刑を承認しているのかどうか尋ねた。

「彼らはアメリカ国民ではない。彼らは、自分たちが受けるべきものを受けたのだ」と彼は言った。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す