木曜日, 2月 22, 2024
ホームアメリカJAG、過去と現在のCovid対策本部のメンバーを逮捕

JAG、過去と現在のCovid対策本部のメンバーを逮捕

By Michael Baxter -2023年2月25日(Real Raw Newsより翻訳)

アメリカ海軍JAG捜査官は木曜日、犯罪者バイデン政権のCovid-19タスクフォースの元メンバーと現メンバーを反逆罪で逮捕したと、JAG(米海軍法務官)関係者がReal Raw Newsに語った。

キャロル・ジョンソンは2021年1月から12月の間、テスト・コーディネーターを務め、それ以前はオバマ・ホワイトハウスで5年間、公衆衛生の責任者として働いていた。また、ニュージャージー州人間福祉局のコミッショナーも務めていた。

JAGは、ジョンソン氏が、膨大な数のPCRテストが「偽陽性」の結果を返し、何百万人もの健康だが怯えた羊たちをウイルスに感染していると騙していることを知っていたにもかかわらず、大量検査を推進したことを証明する証拠を持っていると、我々の情報筋は述べた。この誤った結果は、国内のCovid感染者を人為的に増加させ、検査の増加と予防接種の頻度を求める政権の推進力を高めることにつながった。

JAGのジョンソンに対する証拠には、彼女が他の対策本部のメンバーに送った証拠となる電子メールがあり、そこには2021年9月にロサンゼルスの集団予防接種会場で得られた2,000件の検査結果(5,000件のうち)が「誤り」であることを認めていることが記されている。彼女は、「偽陽性を知らせることは、私たちの不利益になる。検査に対する信頼が損なわれてしまう。自分がCovid陽性であると信じさせ、自己検疫する方が良いのだ」と書いている。そのメールは対策本部の全メンバーとカマラ・ハリスに配布されたと、情報筋は述べている。

「ある検査場で行われたのなら、他の検査場でも起こったのだ。PCRテストは広く配布された。そして、不正確な検査について人々に伝えることができたので、対策本部は検査したすべての人の個人を特定できる情報を持っていたことになり、それはCDCとバイデン政権が公的に言ったことと矛盾している。この女性は社会にとって脅威であり、反逆罪である」と、情報筋は語った。

JAGの捜査は、ジョンソンをニュージャージー州パラマスのホテルで逮捕し、そこで彼女は20歳年下の「男の子のおもちゃ」と一緒に部屋を借りていた。逮捕時、彼女は未登録の拳銃をバッグに入れていたほか、20グラムのメタンフェタミンを所持していた。彼女はハイになって酔っぱらっていたそうだが、捜査員には「免訴になったから逮捕はできない」と言ったという。

ジョンソンに手錠がかけられたとき、少し離れたニュージャージー州モリス郡で別の逮捕が同時に行われた。2022年4月にブラウン大学の職を辞してタスクフォースに参加した内科医のアシシュ・クマール・ジャは、デンビルのレストランCasa Bellaの駐車場で追い詰められ、JAG捜査官から歩いて逃げ出そうとした。捜査官がダース・E・クランドール副提督の署名入り軍用逮捕状を見せると、クマール・ジャは路地に逃げ込んだが、自分の靴につまずき、ゴミ箱の山に倒れこんだという。

情報筋によると、クマール・ジャは他のどの政権の広報担当者よりも多くのCovidの嘘を想起させたという。2022年3月、彼はCovidが大々的に復活し、全国の何百万人もの学童を危険にさらしていると言い、全国の公立学校でマスク着用を義務付けるよう政権に働きかけた。その義務化は定着しなかったが、それでも彼は仲間に自分の違憲的価値観に味方するよう懇願し、彼らもまたロックダウンとマスク義務化の更新を請願するよう主張した。この狂人は、義務化だけがアメリカをCovidとドナルド・トランプから守ることができると言ったのだ。

JAGによると、クマール・ジャと彼の共謀者は、CDCディレクターのロシェル・ワレンスキーと一緒に、2023年のロックダウンを提唱するために働いていたそうだ。

「我々は、軍事裁判で利用できるようになることに対する実質的な証拠を持っています。一般の人々はファウチやコリンズのような名前を知っていますが、Covidの犯罪者には官僚主義に埋もれてしまった人々も含まれています。何千人もいるのです」と情報筋は言う。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す