火曜日, 6月 18, 2024
ホームCovid-19プーチン、"狂気の"Covid-19ワクチン科学者を駆逐する

プーチン、”狂気の”Covid-19ワクチン科学者を駆逐する

By Michael Baxter -2023年3月7日(Real Raw Newsより翻訳)

ロシアのウラジーミル・プーチン大統領は日曜日、Covid-19ワクチンを生きたHIVで汚染したワクチン科学者の処刑を命じたと、FSBのエージェント、アンドレイ・ザハロフがReal Raw Newsに語った。偶然にも、その科学者はCoviVacワクチンの開発に協力し、莫大なロイヤリティを永続的に得ていたのである。

サムイル・キセレフ(47)はモスクワ大学を卒業し、その後、ロシアのバイオテクノロジー企業であるFosun PharmaとHepateraで一流の役職に就いていた。プランデミック直前の2019年半ば、キセレフはCoviVac注射を製造するチュマコフ連邦科学センターに移籍した。その開発に尽力していた。

ウラジーミル・プーチンによると、ザハロフは、キセレフが2020年に、当時最初の試験段階だったワクチンがワクチン接種者にHIVを与える可能性があることを知っていたことを証明する文書の束を持っているという。キセレフは、自分たちが生きたHIVを弱毒化し、HIVに感染する危険を冒すことなくCovidを撃退できるほど強力な抗体と免疫反応を引き起こしたという論文を執筆していた。このHIV強化ワクチンは、2020年8月に600人の第I相試験参加者のうち37人に投与され、不幸な人たちは最初のワクチン接種から90日後に採血に来るよう指示された。チュマコフセンターは、注射にHIVが含まれていることを彼らに開示することはしなかった。

HIVの身体的な症状は、感染から10年間は現れないが、血液検査では、感染から90日以内にHIV抗体の存在を検出することができる。

プーチンが調べた文書によると、37人の被害者のうち6人は、その後の血液検査でHIVの陽性反応が出たが、チュマコフセンターはキセレフの強い要請で、その重要な情報を被害者に隠し、実質的に彼らが知らないうちに性的パートナーにウイルスを感染させることを許した。そして、6人は「30日後に再診するように」と理由もなく言われた。さらに、偽陽性を排除するための血液検査が行われたが、6人全員が再び陽性と判定された。

「こんな非常識な実験はやめるべきだが、いや、彼らは狂った科学者なのだ。エイズになった6人のうち、1人は心臓が破裂した。キセレフは第2相試験でも狂気の沙汰を続けた。最初はダメでも、やってみよう、やってみようというわけだ。また16人が病気になったが、誰も教えてくれなかった」とザハロフが語った。

プーチンは、この文書を熟読した後、医療諮問委員会に「キセレフの無許可の実験に医学的価値があるか」と質問した。という質問である。ザハロフによれば、プーチンはすでにその答えを知っていた。

答えは決まっているようだった。キセレフは国家反逆罪を犯したのだ。

「キセレフがなぜそうしたのかは問題ではない。彼は権限もなくやったのだ。しかし、彼のチームは、そして我々も彼らを捕らえることになるが、裏の顔があったのだ。これは許されないことだ」とザハロフ氏は語った。

日曜日にFSBは、ノボシビルスクにあるキセレフの豪邸に捜査員を送り込み、彼の額に2発の弾丸を撃ち込んだ。

「プーチン大統領は、キセレフにこの事態を察知させたかったのだろう」とザハロフ氏は語った。「彼は命乞いをした」」という。

先週報道されたように、プーチンは、2022年にロシアで記録されたHIV感染が5倍に急増し、HIVに汚染された小瓶が出回ったことから、何百万人ものロシア人が知らず知らずのうちにウイルスを保有している可能性があると確信し、ロシア国内のすべてのCovid-19ワクチンを破棄するよう軍に指示した。

「人々はCovidの検査を受けるのではなく、医師のところに駆け込んでAIDSの検査を受けるべきです」とザハロフ氏は述べた。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す