日曜日, 5月 19, 2024
ホームCovid-19JAG、ヤンセンのワクチン研究者に死刑判決

JAG、ヤンセンのワクチン研究者に死刑判決

By Michael Baxter -2023年3月8日(Real Raw Newsより翻訳)

米国海軍法務官部隊は金曜日、ヤンセンファーマの科学者リチャード・ティラーに有罪判決を下し、死刑を宣告した。ティラーは、ヤンセンがワクチンで病気になった試験参加者がかかりつけ医にかかるのをいかに妨げていたかを詳述した会社の機密データベースを管理していた罪に問われていたのだった。その代わり、ヤンセンの強制的なNDAは、強要と訴訟の脅しによって、たとえ病人が民間保険や雇用者負担の健康保険を持っていても、製薬会社のある病院やクリニックを利用することを義務付けた。

筋肉質な海兵隊員2人に挟まれたティラーは、金曜日に足早に法廷に入り、腫れぼったい眼鏡のような目を素早く瞬かせた。ふくらんだメガネのような目は瞬きを繰り返し、かじかんだ手は震えていた。頭の片側には、もろい白髪がきれいに櫛でまとめられている。彼は57歳とは思えないほど老けて見えた。その事実はダース・E・クランドール副提督の目にも留まった。

「悪は人を老けさせる。オバマを見ればわかる。一夜にして白髪になった」と、副提督は指摘する。

ティラーは被告席に着くやいなや、小学生が授業中に質問に答えるように手を挙げた。

「ここがどこなのか教えてください」。ティラーはゆっくりと、平然とそう言った。

彼の困惑ぶりは、JAGが選んだ3人の審査員から笑いを誘った。しかし、クランドール副提督は、ティラーの発言にユーモアを感じない。

「あなたはグアンタナモ湾にいる。被拘禁者リチャード・ティラーは、大量殺人の共犯、反逆罪、合衆国に対する陰謀、犯罪隠蔽の陰謀、大量医療過誤と過失で告発されている」クランドール副提督は、罪状リストを読み上げながらそう言った。

「グアンタナモ湾? 理解できない」ティラーは平然とした態度で言った。

「何が理解できないんだ?」と副提督は尋ねた。

「どうやってここに来たのか。なぜ私はここにいるのか」とティラーは言った。

クランドール副提督はティラーを睨みながら、被告席のほうへ歩み寄った。「愉快なことではないな。2日前、医療班が君を調べたとき、君は自分がどこにいるのかよく知っていたはずだ。覚えているか?」

ティラーはしばらく沈黙し、「覚えていない」と言った。

クランドール副提督は、ティラーの都合の良い記憶喪失は、絞首台行きを避けるためのディープ・ステートによる芝居だと言って、パネルに臨んだ。ティラーは逮捕時、企業秘密の名の下にワクチンの死亡事故を隠していたことを認めている。その後、彼は自分の仕事に誇りを持ち、「何度でも、何度でも、5回でもやる」とJAGの捜査員に語り、「スタートレック:カーンの怒り」で架空のスポック船長が語ったセリフ、「多数のニーズは少数のニーズ、あるいは1人のニーズに勝る」を引用した。

「60億を救うためにワクチンが10億を殺しても、それは価値があるとおっしゃいましたか?」と副提督は質問した。

クランドール副提督は、2月20日の宣誓証言で彼がその言葉を正確に語った音声を再生しながら、「記憶にありません」とティラーは言った。

「もう帰っていいんですか?」とティラーは尋ねた。

パネルディスカッションでは、ティラーが「フリ」をしていると判断し、彼の芝居を軽率で滑稽なものだとし、ティラーが仕組んだ物忘れが彼の有罪を証明しているとした。そして、ティラーの罪を全会一致で認定し、Covidの犯罪を隠蔽した罪で最高刑である死刑に処するよう勧告した。

ティラーは、「ここはどこですか? ここはどこなんだ」と再び尋ねた。

クランドール副提督はパネルの評決と判決を受け入れ、ティラーはその罪により絞首刑に処されることを決定した。ティラーはオスカー俳優か、それとも正直なところ判決の重大さを理解していなかったのか、「家に帰るのか?」と法廷に尋ねた。

「そうだ、君は違う意味で家に帰るのだ 」とクランドール副提督は言い、ティラーの処刑を3月7日(火)に予定した。

この記事を書いている時点では、Real Raw Newsはまだ絞首刑の知らせを待っているところだ。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA


Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す