日曜日, 7月 14, 2024
ホームCovid-19軍がロシェル・ワレンスキーに国家反逆罪の有罪判決を下す

軍がロシェル・ワレンスキーに国家反逆罪の有罪判決を下す

By Michael Baxter -2023年5月29日(Real Raw Newsより翻訳)

先週の月曜日、風速140mph(時速225.3km)のカテゴリー4の台風マワールが、15万人の民間人、機密扱いのホワイト・ハット、裁判と処刑を待つ数十人のディープ・ステートの悪党が住むグアムを標的にしたので、キャンプブラスはいつもどおりの様子であった。一方、ニミッツ空母戦闘団は、救援活動が必要な場合や、嵐が去った後にディープ・ステートが攻撃しようとする場合に備えて、ホワイト・ハットの管理下に置かれ、グアムに向けて進路をとった。

しかし、迫り来る嵐は、ダース・E・クランドール副提督と軍事委員会事務局の当面の責任、すなわちロシェル・ワレンスキーの軍事法廷を思いとどまらせることはなかった。

5月24日(月)、憲兵隊は、猿ぐつわをはめられ手錠をかけられたワレンスキーを、クランドール副提督と3人の官憲が待つ法廷に案内した。ワレンスキーが拘束されたのは、拘束中にキャンプ・ブラスのスタッフに爪を立て、唾を吐きかけ、噛みついたからだ。クランドール副提督がワレンスキーの猿ぐつわを外すように言ったのは、憲兵が彼女の足首を床に、手首を防衛テーブルに固定された鉄棒に縛り付けた後だった。しかし、クランドール副提督がワレンスキーの猿ぐつわを外すやいなや、彼とそのスタッフ、そして彼女の運命を決める審査員に対して罵詈雑言を浴びせ始めた。

「ワレンスキーさん、私たちは何十回となくこの話を聞いてきました。あなたは反逆罪という死刑に値する罪に対して無罪を主張したのです。嵐は水平線に吹き荒れ、私はこれを素早く、悪ふざけせずに終わらせたい」。

副提督は、ワレンスキーがCovid-19の予防接種を受けたことがないと、逮捕時に行われたCovid-19免疫の血液検査の結果を引き合いに出してパネルに語った。

「それは嘘だ! 私はワクチンを接種し、4回のブースターを受けています」とワレンスキーは叫んだ。

「もしあなたが二重ワクチン接種を受け、4回のブースターを受けたとしたら、あなたは死ぬか緊張状態になるでしょう」とクランドール副提督は言った。

彼は、フォートブラッグのウォマック陸軍医療センターとキャンプペンドルトンの海軍病院の主任医官の署名入りの書類をパネルに見せた。両者とも血液検査を精査し、ワレンスキーにはまだ純血があると判断したのだ。ワレンスキーは再び声を荒げて、数か月前に予防接種を受けているので、ホワイト・ハットが採血したときにはスパイク蛋白は検出されなかったと主張した。

「スパイク蛋白は、ワクチン接種後、全身に広がり、何年も体内に留まることがはっきりと証明されています」とクランドール副提督は言う。

彼は、犯罪者ロイド・オースティンが2021年9月14日に全軍人に血栓注射の提出を義務付けた際に、Covid-19のワクチン接種を受けた500人の軍人を評価した研究を挙げた。4月13日現在、500人のうち350人がスパイク蛋白質の陽性反応を示し、残りの150人は心筋炎や他のワクチンによる致死的な病気で死亡したため検査ができなかった。

「この女性はワクチン接種を避けていました。注射が脳への銃弾と同じように致命的であることを知っていたのです。しかし、彼女は大量接種の政策を実施することをいとわなかった」。

「嘘だ!」とワレンスキーは彼の言葉を遮った。「CDCはガイドラインを提供しています。CDCはガイドラインを提供するもので、政策や法律を作るものではありません」。

「ああ、でもあなたはそうしましたね、あなたというのはあなた個人のことです。政権は疑いもなくあなたの判断に委ねたのです。ワレンスキーさん、饒舌になったようなので聞きますが、バイデンがあなたをCDC長官に任命したとき、”新常識”の一環として、すべてのアメリカ人が1年に3回のブースターを受けるように全力を尽くすと約束しましたか?」

「私は提案しただけだ」とワレンスキーは言った。

「しかし、あなたは自分の名前で軍事逮捕状が発行されたことを知り、米国からブリュッセルに逃亡しましたね、なぜですか」?

「私が答えるのは、大統領閣下、ジョセフ・R・バイデンだけです。あなたには何の権限もない」とワレンスキーは言った。

「我々の権限は、あなたがここにいる理由であり、もはやブリュッセルからCDCを実行しているわけではありません。それがあなたのプランデミックを崩壊させた理由です。あなたの友人が死んだり、投獄されたりしたのもそのためです。プランデミックの嘘を広めるためにもらったお金を使う機会がなくなるのもそのためだ」とクランドール副提督は言った。

そして、ワレンスキーがCDCの2021年の年間予算のうち630万ドルを、同年10月15日に個人の預金口座に送金したことを示す決算書を見せた。彼は、JAGが彼女の口座を凍結し、残りを押収する前に、彼女は半分を使ったと指摘した。

「彼女が海外の口座に預けたお金で、まだ使途不明なものがある。しかし、有罪になれば、彼女は刑務所で、あるいは次に来るどんな死後の世界でも、それを使うことができなくなる。貪欲、強欲、強欲、権力、それがあなたがディープ・ステイターの欲望のすべてです」とクランドール副提督は言った。

彼は、CDCのグローバルヘルス担当副所長ハワード・ザッカー博士を証人席に呼んだ。彼は、Covid-19の緊急避難命令の更新理由を捏造することを共謀し、Covid-19の死亡率統計の改ざんを手伝ったことを認めて4月に米海兵隊に逮捕されている。彼は、ワレンスキーは「威圧的で権力欲の強い女」で、CDCを鉄拳で支配し、NIHの共謀者ファウチ医師とコリンズ医師とともに、その注射が試験参加者を殺し、毎月何万人もの騙されやすい人々を病気にしていることを知っていながら、ワクチン強制接種を提唱したと証言している。

「なぜ、元上司に対して宣誓して証言するのですか?」とクランドール副提督は尋ねた。

「自分の罪は分かっているが、彼女は命令を下したのです」とザッカーは答えた。

「そして、あなたは彼女の違法な指示に疑問を持たなかった」。

「報酬を約束されたが 一銭も見てない」とザッカーは言った。

「誰に約束された?」

ザッカーはワレンスキーを指差した。「彼女です」。

「受け取らなかった代金のために、彼女はいったい何をさせたのですか?」

「どう思いますか? パンデミック詐欺を増殖させることです。そしてそれは長い間見事に成功しました。広い世界を騙したのです」とザッカーは言った。

「反省していないようだな 」と副提督は指摘した。

「もう嘘はつけない、終わったことは終わったことだ。自分には自由意志があったのだから、言い訳はしない。でも、彼女は命令に従わない者には、悪いことが起こるかもしれないとはっきり言ったんだ。彼女は信じられないほどの力を行使した。謙虚で屈辱的な今の彼女を見ていると、カタルシスを感じますね」とザッカーは言う。

「あなたが1月にCDCの職務に就いたとき、ファウチとコリンズは、言ってみれば消えていた。被告は、具体的に、彼らと企てたとあなたに言ったのですか?」とクランドール副提督は言った。

「彼女は確かにそう言いました。彼らの遺産を生かすのは我々の仕事だと言いました」。

ワレンスキーは叫んだ: 「彼らは偉大な人物であり、先見の明があった」。

「今あるのは熱気だけだ、ロシェル。私は償うが、おまえの手には負えない」とザッカーは言った。

証人を退席させた後、クランドール副提督はパネルに評決を下すよう求めた。士官たちはワレンスキーを国家反逆罪で有罪とし、死刑を宣告した。

クランドール副提督は、台風マワールが島の上空を通過し、被害が確認された後、JAGの最も早い都合で彼女を絞首刑に処すと言った。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す