木曜日, 2月 22, 2024
ホームアメリカ中国、バイデンを偽の大統領、ロイド・オースティンを偽の国防長官と呼ぶ

中国、バイデンを偽の大統領、ロイド・オースティンを偽の国防長官と呼ぶ

By Michael Baxter -2023年5月30日(Real Raw Newsより翻訳)

北京は、ジョセフ・R・バイデンが非合法な大統領であり、ドナルド・J・トランプがまだ合法的に選出された米国大統領であることをついに受け入れたの だろうか?

その答えは、米陸軍サイバー軍(ARCYBER)がR・ニコラス・バーンズ駐中国大使と中国側の秦刚(チンカン)の間で傍受した通信に基づく「イエス」かもしれない。大使たちは7日間かけて、今週シンガポールで開催される国際防衛フォーラムで、ロイド・オースティン刑事国防長官と中国の李尚福国防相の会談を手配しようとした。

金曜日、秦はバーンズに、李がオースチンとの非公開の会談に同意したと伝えたが、日曜日には露骨にこの要求をはねつけ、犯罪者のバイデン政権を非難した。

北京の提案却下は政権を激怒させた。中国が政権宥和の申し出を断ったのは初めてのことである。今月初め、ジェイク・サリバン国家安全保障顧問はウィーンで中国側と会談し、ジャネット・イエレン財務長官は中国の劉坤財務相と話すために2度密会している。余談だが、ホワイト・ハットは、政権が中国に数十億ドルの現金、契約書、米国の土地権利書を与え、台湾の買収を延期させたと非難している。

中国が李・オースチン会談をキャンセルしたとき、偽ホワイト・ハウスは臆病な声明を発表した: 「一夜明けて、中国から米国に、オースティン長官が今週シンガポールで李尚副国防相と会談するという5月初旬の招待を辞退したとの連絡があった。ワシントンと北京の間の軍事対軍事のオープンラインを維持することの重要性を強く信じている」と。しかし、この声明は、李がなぜ再考したのかについては、意図的に言及を避けている。

ARCYBERによると、秦は北京を代表して、アメリカの担当者に明確で偽りのないメッセージを伝えたという。

「バーンズ大使、大変残念なお知らせですが、我々の尊敬する国防大臣である李尚福は、いかなる場合であっても、現時点ではロイド・オースティンと対話するつもりはありません。ロイド・オースティンは本物の国防長官ではなく、彼の上司であるジョセフ・バイデンはどうやら本物のアメリカ大統領ではないらしいということが分かってきたのです。ロイド・オースティンはあなたの国の軍隊の一部しか代弁しておらず、ジョセフ・バイデンはあなたの国の核兵器を管理していないことが分かりました。これは驚くべき事実であり、あなたの国は秩序がないのです。この問題を徹底的に調査するまでは、ロイド・オースティンと話すことは不適切です」。

バーンズは、秦の発言に憤慨した。「せっかくあなたの部下に手を差し伸べたのに、バイデン大統領とロイド・オースティン国防長官にそう言えというのか? それなのに我々を侮辱するのか」。

「私はただのメッセンジャーです、バーンズ大使」と秦は言った。

ARCYBERは日曜日に通話を傍受し、声紋分析によって通話者の身元を確認した。秦は流暢な英語を話し、バーンズは片言の広東語や北京語を話す。

ARCYBERはバーンズと秦の声を認証したが、会話は有機的なものなのか、それとも台本に沿った芝居なのか、混乱した様子だった。バーンズの不安定な反応は、これまで政権側が中国に対して行ってきた対応とは不釣り合いであった。

「バイデン政権と中国政府高官との間に敵意があるように見えたのは、今回が初めてだ。通常、彼らは互いにお世辞を言い合い、多くの賞賛を浴びている。オバマとバイデンは、中国に米国をバラまき、土地、燃料、資金を提供してきた。バイデンはメディアの大統領である。彼はメディアの産物なのだ。しかし、中国と習近平は大儲けしているのだから、バイデンの正当性を疑う理由はないだろう。彼らはどちらにしてもお金を得ているので、この会話は疑わしい」とARCYBERの関係者はReal Raw Newsに語っている。

一方、秦のメッセージは、もし誠実であれば、ディープ・ステートと中国の同盟に亀裂を生じさせる可能性がある。

「バイデンの正当性に対する世界の認識を弱めるものは、私たちに利益をもたらします。もし本当なら、中国はバイデンとオースティンに、『今までありがとう、でももう必要ない』と言わんばかりに、大きな “fuck you”を突きつけたことになる。とはいえ、バイデンが選挙を盗んだことを知ったばかりというのは、かなりありえない話です。なぜなら、彼らはおそらくバイデンを助けたからです」と情報筋は述べた。

ウラジミール・プーチンのような他の世界の指導者は、バイデンが不正な大統領であることを認めているが、主流メディアのゲートキーパーは、企業に支配されたジャーナリストが反体制的な意見を共有することを禁止している。

「中国から何が出てくるか、注意深く見守ることになるだろう」と、この情報筋は述べている。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す