日曜日, 6月 16, 2024
ホームアメリカトランプはプーチンに電話をかけ、またもやディープステートによる暗殺の試みから生き延びたことを祝福する

トランプはプーチンに電話をかけ、またもやディープステートによる暗殺の試みから生き延びたことを祝福する

By Michael Baxter -2023年5月3日(Real Raw Newsより翻訳)

ドナルド・J・トランプ大統領は水曜日、ウラジーミル・プーチンに祝電を送り、またしてもディープ・ステートの暗殺計画を乗り越えた彼の不屈の精神を賞賛したと、会話を知るマー・ア・ラゴ関係者が語った。

一晩中、プーチンの私邸を含むクレムリンにドローンの大群が降り注いだが、ロシア軍とプーチンの大統領警護部隊が飛行中のドローンを破壊または無効化して、大量殺傷事件になりかねない事態を防いだ。

国営タス通信は、クレムリンの声明を引用し、「昨夜、キエフ政権は、ロシア連邦大統領のクレムリン邸に無人航空機で攻撃を試みた」と述べた。

攻撃後、プーチンはトランプ大統領から電話を受け、トランプ大統領はプーチンに共感し、自分も自分を殺そうとする「膨大な数のディープ・ステートの試み」から生き延びたと語ったと、情報筋は伝えている。プーチンは、外国人バイオラブ、小児性愛者、そして最近ではCovid-19ワクチン倉庫を排除するためにウクライナで特別軍事作戦を始めて以来、無数の「西洋産」暗殺の試みに耐えてきたとトランプに語ったとされる。

彼はトランプに、自分の軍隊が無人機のGPS遠隔装置を撃ち落とし、電子的に妨害することで、自分の命が狙われた最新の試みを阻止したことを明らかにした。破片は無害に地上に落下し、負傷者は出なかった。

「これはテロ攻撃だ」とプーチンは言い、ゼレンスキーは犯罪者であるバイデン政権の助けを借りて、この攻撃を指揮したに違いないと付け加えた。

Switchblade Kamikaze Drone

トランプ大統領が、無人機がロシアの領空を通過し、モスクワの統合防空システムで撃墜されることなくクレムリンに到達したのはなぜかと質問すると、プーチンは、外国の傭兵が何らかの方法でベラルーシのオルシャ市近くの国境を抜け出し、ロシアの治安部隊と国境警備を回避して無人機をモスクワ近郊に発射したと推測している。弾薬の専門家が破片を調べた結果、ドローンはアメリカ製の「スイッチブレード」という自殺用ドローンで、バックパックに入れることができ、最大射程は約25マイル(約40.2km)であることが判明した。

プーチンは、「豚のバイデンと犬のゼレンスキーは、私にこんなことをする」と言った。

また、スペツナスを派遣して犯人を見つけ、処刑させたと述べた。

“ディープステート “まで、こんなことはなかった。彼らは恐ろしい……盗んだ金も、彼らが行う恐ろしい計画も……そして、彼らはまだ我々を殺すことができない。何もかもがひどい。 しかし、我々は彼らを捕まえている、大きな意味で」と、トランプはプーチンに言った。

トランプ氏は、17回の暗殺未遂を把握していると述べ、プーチン氏は34回生存していると自慢げに語ったという。

キエフにあるウクライナ国防省は関与を否定している。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す