日曜日, 7月 14, 2024
ホームアメリカミッチ・マコーネルかクローンか?

ミッチ・マコーネルかクローンか?

By Michael Baxter -2023年7月27日(Real Raw Newsより翻訳)

大勢の議員に囲まれた共和党の由緒ある上院議員ミッチ・マコーネルは、毎週水曜日に行われる上院共和党の記者会見での冒頭発言中、突然、不可解なことに固まり、1分間沈黙した。しかし、軍に拘束されているディープ・ステートのクローン科学者は、マコーネルが3年の期限を迎えたクローンによく見られる「クローンの不具合」を経験したと考えている。

1月に報じられたように、ホワイト・ハットは、ミズーリ州オザークにある隠されたクローン研究所で働いていた、まだ名前の知られていない遺伝学者を逮捕した。この50歳のドイツ生まれの狂った科学者は倫理的な非行を悔い改め、ホワイト・ハットが政治エリート内のクローンを特定するのに協力することに同意したが、彼はアメリカ国内にある他のクローン研究所の所在を知らないと否定し、ディープ・ステートの機密保持のせいにした。彼はフォートブラッグのウォマック陸軍医療センターで「隔離監視」されており、ホワイト・ハットはミズーリ州とアラスカ州の研究所から回収されたクローンを検査・解剖していた。

マコーネルのクローンはアラスカの研究所で発見された。

マコーネルがテレビに映し出されるのを見たウォマックのスタッフは、画面に映し出されたマコーネルが本物かクローンかについて、遺伝学者の専門的な意見を求めた。彼は、クローンと断定することはできないが、マコーネルが突然緊張状態に陥ったのは、クローンの存在が終わりに近づいたときの未解決の症状であり、性急な科学と不完全なクローン技術がもたらした結果である、と述べた。

彼によれば、クローンは成熟した日から3年しか存在せず、腐敗の兆候を示す前に回収され、酸に溶かされ、交換される。劣化の指標としては、シナプス障害や心血管系の障害がある。あまり一般的ではないが、観察可能な副作用としては、湿疹のような皮膚病変、破れて膿をにじませる腫れ物、片方または複数の四肢の巨大化などがある。まれに、クローン形成が終了したクローンが激しく精神錯乱することもある。

遺伝学者によれば、これらの欠陥はクローンが存在する最後の数日間に起こるとのことである。

私はこれらの自動人形に魂があるとは信じていませんし、それらが神から生まれたとも信じていませんが、それらには、脳内に呼び戻し命令を持つマイクロチップが埋め込まれています。[名前省略]は、ディープ・ステートがチップを作動させてクローンを呼び出すことができると言います。また、チップをショートさせ、クローンを破壊することもできます」とウォマックの情報筋は語っている。

ウォマックの神経科医が回収されたクローンの開頭手術を行ったところ、赤ちゃん用アスピリンの直径の半分ほどの焦げたマイクロチップが発見された。この遺伝学者は、移植はイーロン・マスクのニューリンク社が開発したようなロボット外科医によって行われると主張している。

「我々が昨日見た、そして世界が昨日見たマコーネルがクローンであると断言することはできないが、彼がクローンのように振る舞ったことは確かだ。確かめるには、彼を捕らえ、歯、足、性器を見て、頭に骨用ノコギリを入れるしかない」と情報源は語った。

「ミッチ・マコーネル議員のクローンが作られたことを知っている以上、私はマコーネル議員がクローンであると考える傾向がある」とその遺伝学者は語ったという。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す