月曜日, 7月 22, 2024
ホームFEMA海兵隊、マウイ島でバイデンの忠誠者たちを取り押さえる

海兵隊、マウイ島でバイデンの忠誠者たちを取り押さえる

By Michael Baxter – 2023年8月28日(Real Raw Newsより翻訳)

Marines wage a firefight in Mian Poshteh in July 2009.

8月26日土曜日

マウイ島の海兵隊偵察小隊が、水と食料の配給と不可解な被害の評価のために同州に到着したとされる、犯罪者バイデン政権のJTF-50と呼ばれる統合任務部隊の一部である米陸軍工兵隊の民間人15人を殺害させられたと、スミス将軍の事務所の情報筋がReal Raw Newsに語った。

「クリスウェルとFEMAが対策本部の責任者となり、そこの武装勢力はバイデン偽大統領に忠誠を誓っている。あそこは血まみれのクソッタレ戦争地帯だ」と、彼は言いようのない殺戮について語った。

コンサーティーナ・ワイヤー
(蛇腹型鉄条網)

8月26日土曜日、ラハイナのホワイト・ハットは、カママル・ストリートとピキ・プレイス付近を中心とする3平方ブロックの範囲に、鉄条網のフェンスを設置し、コンサーティーナ・ワイヤーを巻き付けている民間人作業員を発見した。

「この地域に民間人がいたとしても、彼らは隠れている。抵抗すれば撃たれることを、すでに学んだのでしょう」と付け加えた。

しかし海兵隊は、牢屋に入るであろう人々を遠くから観察し、彼らが丸腰であり、少なくとも当面は無防備であると判断した。小隊の上級下士官である砲兵軍曹は、24人の海兵隊員の有能な手にある24丁のライフルで援護されながら、何気なく作業員に近づき、現場監督に何をしているのか尋ねた。

情報筋によれば、現場監督はその海兵隊員をバイデンの部下の一人と見間違えたという。彼は、作業員を調べてくれた砲兵軍曹に感謝し、その朝、付近で反乱分子(ホワイト・ハットを意味する)の近況報告は聞いていないと言った。しかし、砲兵軍曹が誰がフェンス建設を許可したのか知りたがると、現場監督は神経質になり、「ディーン・クリスウェルとF・ローガン将軍だ。誰のために働いているんだ」と言った。

8月12日、犯罪者ロイド・オースティンは、ハワイにおける政権の軍事作戦を指揮するため、ローガン将軍を任命し、FEMAが責任者であるため、クリスウェルに従うよう指示した。

「ええ、私たちが同じ人々に答えていないことは確かです。今やっていることをやめてもらいたい」と砲兵軍曹は言ったと伝えられている。

現場監督によると、このクルーはアメリカ陸軍工兵隊に所属しており、早急にバリケードを完成させるよう命令されていたという。彼はまた、連邦政府はエミネント・ドメイン(土地収用権)の権限でこの地域を接収していると言った。

たとえば2005年、コネチカット州ニューロンドンはパイプライン建設のためにいくつかの土地を差し押さえた。所有者が売却を拒否したため、市は彼らを立ち退かせ、家を盗んだ。

砲兵軍曹は現場監督に、20丁のライフル銃で作業員たちを射撃していることを告げた。

「あんたは…あんたは奴らだ。警告したはずだ」と現場監督は言い、ベルトの携帯無線機に手を伸ばした。

一発の平手打ちで無線機は飛ばされ、腹への強烈なパンチが現場監督の膝を砕いた。パイプカッターで武装した乗組員が砲兵軍曹に覆いかぶさろうとしたが、海兵隊のM40A3狙撃銃の弾丸が彼を倒し、彼の頭は舗装道路に血をにじませた。

「大混乱でした。砲兵軍曹は降伏するように、もう誰も死ぬ必要はないと言った。しかし、何人かはピストルを隠し持っていて、ろくに撃つこともできないのに、間抜けにも応戦した」 と情報筋は語った。

砲兵軍曹が身を潜めると、海兵隊員たちが作業員を薙ぎ払った。1人の隊員が血まみれの足を抱えて叫んだ。「助けてくれ、誰か助けてくれ。死にそうだ」。現場監督以外に彼を助けられる者は誰も残っていなかった。

情報筋によると、スミス将軍の精鋭部隊が1時間以内に現場に到着し、場所を確保し、混乱を一掃し、部分的に築かれたバリケードを解体し、連邦政府のチンピラを待ち受けたという。もし乗組員が死ぬ前に無線で連絡を取ったとしても、救助は来なかった。この原稿を書いている時点では、海兵隊がまだ作戦区域を管理している。

この現場監督は国家反逆罪の容疑で逮捕された。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す