木曜日, 2月 22, 2024
ホームCovid-19軍がモデルナ血栓注射の作者を逮捕

軍がモデルナ血栓注射の作者を逮捕

By Michael Baxter -2023年8月30日(Real Raw Newsより翻訳)

著名なモデルナの化学者、メリッサ・J・ムーアは、日曜日の夕方、マサチューセッツ州エベレットの自宅で、住居を監視し、軍の逮捕状を出す機会を待っていた米海軍のJAG調査官から逃れようとして逮捕された、とJAGの補佐役がReal Raw Newsに語った。

この情報筋によれば、捜査官は、ケンブリッジの本宅とタホ湖の高価なタイムシェア、そして製薬大手のmRNA凝固注射のパイオニアであるモデルナ社のボストン本社で彼女を隔離しようと何度か試みたが失敗したため、ボストン郊外のムーアの夏の別荘を張り込んでいたとのことである。

ムーアのランドローバーが車道に入ってきたとき、捜査官は道路の反対側にある何の変哲もない車に乗っていた。窓には濃い色が入っていたため、すぐに運転手を見ることはできなかったし、SUVに同乗者がいるかどうかも分からなかった。しかし、ムーアは捜査コンビに気づいたのだろう、ドアを開け放ち、財布をつかむと、馬蹄形の私道を足早に歩き始めた。彼女はハンドバッグを握りしめながら地面に転がって、捜査員が銃器かもしれないと思ったものを取り出した。しかし、それは注射器だった。

「彼女はもう少しで撃たれるところでした。ギリギリのところで銃ではないことに気づき、彼女の手から注射器を蹴り飛ばしたのです。彼女は自分を刺そうとしたんです」 と情報筋は述べた。

さらに彼は、捜査官がムーアに手錠をかけ、車の後部座席に乗せたと付け加えた。

彼は、JAGが2023年1月にムーアに対する立件を始めたのは、彼女の元雇い主であるモデルナ社のステファン・バンセルCEOをグアンタナモ湾で絞首刑にした数か月後だったと説明した。JAGは、バンセルがムーアを “mRNAの女王”と讃え、彼女の専門知識と決断力がCovid-19ワクチンの世界的メーカーとしてモデルナの名を世に知らしめたと記した私信を発掘した。ムーアの忍耐強さが、貪欲の夢を超える富をもたらしたと、バンセルは書いている。バンセルのお世辞のような声明に対して、ムーアは「革命的な医学を進歩させるためには、人間のモルモットが必要であると歴史はいずれ報告するだろう」と述べ、同社のワクチンがとんでもない殺人者であることを認めた。「30億人を救うために300万人を殺すのであれば、私は自分の仕事をしたことになる。私は人命には最大限の敬意を払うが、科学の名の下に殉教者は作らなければならない。私は人命には最大限の敬意を払うが、科学の名の下に殉教者は作らなければならない」と言い、これに対し、バンセルは「私たちは彼らの死を病気のせいだとするのだから、殉教者は生まれない」と答えた。

この手紙は、軍事法廷に提出される追加証拠につながった、と情報筋は言う。

「この女性はmRNA凝固注射のウォルター・ホワイトだった」と我々の情報筋は言った。

2016年10月、ムーアはモデルナ・ファーマスーティカル社のプラットフォーム研究部門の最高科学責任者に任命された。この職務に就いている間、米国科学アカデミーは、主にワクチン改良への参加に対して、彼女に2021年RNA生涯功労賞を授与した。彼女は、ワクチンが致死性であり、治験参加者が死亡したことを知っていながら、FDAにmRNA-1273凝血塊注射の緊急使用認可を与えるよう説得した。

「彼女に関する証拠は百科事典のようです。彼女に関する証拠は百科事典のようなものです。彼女は何かで自分を刺そうとした。すでに採血しており、ワクチン接種を受けていないことは分かっています」と、情報筋は語った。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す