水曜日, 2月 21, 2024
ホームFEMAホワイト・ハット、10月4日のFEMA EASテストでは電話や携帯端末を使用不可に

ホワイト・ハット、10月4日のFEMA EASテストでは電話や携帯端末を使用不可に

By Michael Baxter -2023年9月1日(Real Raw Newsより翻訳)

ホワイト・ハットは、犯罪者である連邦緊急事態管理庁(FEMA)が新しい緊急事態行動システム(EAS)の全国テストを実施する予定の10月4日午後2時から3時の間、携帯電話を一時的に使用不能にするよう自分たちに勧めている、とエリック・M・スミス将軍の事務所の関係者がReal Raw Newsに語った。

2022年3月に報じられたように、ホワイト・ハットはブルーリッジ山脈にあるFEMAのマウント・ウェザーの拠点を占拠し、地下要塞の奥深くにある国の中央EAS送信機を掌握した。ホワイト・ハットのデルタフォース/陸軍レンジャーと政権軍との血なまぐさい小競り合いにより、FEMAの職員20数名が死亡した。ホワイト・ハット部隊は数人の死傷者を出したが、死者は出なかった。

その後数か月間、FEMAは3度にわたって山の奪還を試みたが、ホワイト・ハットはいずれも撃退し、FEMAの死傷者リストは拡大した。政権による最後の襲撃は2022年9月で、30人の連邦政府のチンピラが遺体袋に入れられた。それまでには、ほぼ2,500人のアメリカ海兵隊と陸軍兵士が、山の周辺を常に警戒していた。

もしバイデン政権が当初、遠征軍ではなく大規模な報復を行っていれば、おそらく山や莫大な兵器庫、EASネットワークを奪還できただろう、と情報筋は率直に語った。

「我々は防衛を強化し続け、人員を増やし、現実的には大隊が現れることを期待していた。それは無理な考えではなかった。SAC(戦略航空軍団)とNORAD(北アメリカ航空宇宙防衛司令部)に次いで、ウェザー山はこの国で最も難攻不落のバンカーである。我々は、彼らがEAS-EBSを取り戻したがっていることを知っていた」と情報筋は言う。

デビッド・H・バーガー将軍は、ロイド・オースティンが作成した山の明け渡しを命じた脅迫メッセージの連打を延々と受けていた。彼は少なくとも12回の脅迫を無視し、最終的に「さもなくば」と答えたが、その後脅迫は止み、FEMAが山に近づくことはなくなった。

ホワイト・ハットは長い間、「さもなくば」が将来のウェザー山侵略を意味するのではないかと疑っていたが、2023年7月、FEMAが山を征服する無益な探求を放棄し、代わりに未知の場所に新たなEASを建設したことに気づいた。

「簡単に言えば、我々はしくじったのです。彼らは1年半の間、この計画に取り組んでいたのだから。我々は7月になって初めて、その匂いを嗅ぎつけました。私たちはそれを見つけようとしましたが、うまくいかず、8月上旬に彼らがテストすると言うまで、彼らが完成したことさえ知りませんでした」と情報筋は語った。

FEMAは8月3日、連邦通信委員会とともにEASの全国テストを2023年10月4日午後2時20分(東部標準時)ごろに実施するとウェブサイトに掲載した。この信号はすべてのテレビと携帯電話に送られ、「これは全米無線緊急警報システムのテストです。何もする必要はありません」というメッセージが含まれる。

ホワイト・ハットは、FEMAがその新しいおもちゃをテストする下心があると信じている。FEMAが国内テロリストとレッテルを貼っているホワイト・ハット・コミュニティのメンバーと愛国者の両方を、アメリカ全土で追跡し、追跡するためである。

「ウェザー社のEASは何度か近代化されましたが、今あるものより古い構造です。新しいEASの技術的な詳細は分かりませんが、そのメッセージがスマートデバイス(電話やテレビ)に届くと、FEMAに信号が送られる可能性があります。FEMAが簡単に三角測量できる信号です。我々は、これが起こるとは言っていませんが、可能性があるというだけです」と、この情報筋は語った。

8月6日、スミス将軍とホワイト・ハット評議会は、米軍施設のホワイト・ハット司令官に対し、テスト期間中は携帯端末を無効にし、ファラデー・バッグ(電磁場を遮断する囲い)に入れるよう奨励した。

「無効化とは、GPS位置情報サービスを停止し、バッテリーとSIMカードを抜くことです。私たちは、このメッセージが軍の上層部から下層部へと広がっていくことを望んでいます」 と情報筋は語った。

例えば、テスト中に政権が戒厳令を布告した場合、ホワイト・ハットはどのように連絡を取るのかと尋ねられたが、情報筋は、「安全な無線機を持っていますし、万が一本当に事態が起こったときのために、昔ながらの短波もあります」と答えた。

もしFEMAが抜き打ちテストを始めたらどうなるか、という質問に対して、彼はこう答えた。「私たちはできるときに、できる場所で予防策を講じる。幸いなことに、ディープ・ステートは自分たちの意図を事前に公表したいという奇妙な願望を持っている。テストは裏目に出るかもしれないし、発信源を特定するのに役立つかもしれない」。

「FEMAは8月3日に通告した。だから彼らのEASはその時稼動していた よく考えてほしい: FEMAが人命を救いたかったのなら、なぜ8日にハワイでEASを実施しなかったのか。きっとできたはずだ」。

最後に、この情報筋によれば、ホワイト・ハットがマウント・ウェザーのEASを捕捉したきっかけを、世間は誤解しているとのことである。

「愛国者たちに、いつ銃を持って街頭に出ればいいのかを教えるためにEASを手に入れたという考えがあるようだ。それは決して我々の目的ではありません。私たちは、FEMAがトランプ大統領からのメッセージを偽造し、市民に武器を取ってワシントンを襲撃するよう指示することで、そのようにEASを悪用すると考える理由があったからこそ、そのような行動をとったのです」と彼は言う。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す