日曜日, 6月 16, 2024
ホームCovid-19JAG、"mRNAの女王"メリッサ・ムーアに有罪判決

JAG、”mRNAの女王”メリッサ・ムーアに有罪判決

By Michael Baxter -2023年9月15日(Real Raw Newsより翻訳)

グアンタナモ湾の軍事法廷は木曜日、元モデルナ社の狂人メリッサ・ムーアに対するJAG(米海軍法務官)の裁判で有罪の評決を下した。ムーアは、mRNA-1273血栓溶解注射が治験参加者を殺し、病気にし、一般人に投与されれば高い死亡率になることを知っていたにもかかわらず、FDAに承認するよう働きかけた人物である。

報告されているように、“mRNAの女王 “と呼ばれるにふさわしいムーアは、先月マサチューセッツで逮捕され、収容と尋問のために軍の処理センターに連行された。あるGITMO関係者がReal Raw Newsに語ったところによると、JAGは取り調べ中、ムーアの代理人として下級弁護士を指名し、彼は依頼人に全面的に協力し、仲間の名前を挙げ、自白書に署名するよう勧めたという。ムーアはこれを拒否し、代わりにかつての雇い主であった故ステファヌ・バンセルに言った「革命的な医学を進歩させるためには、人間のモルモットが必要であると歴史は最終的に報告するだろう」という言葉を二転三転させた。彼女は自分の潔白を主張し、科学は彼女の研究を “人類の存続に必要なもの”だと称賛するだろうと言っていた。

ダース・E・クランドール副提督が、ムーアが逮捕されたときに自分で刺そうとした注射器を見せながら、JAGが証拠調べのために任命した3人の将校は、ムーアを嫌悪の目で見た。化学的な痕跡分析の結果、その注射針には、かつてアメリカのいくつかの州で司法処刑に使われたシアン化水素の致死量が含まれていたことが判明したという。クランドール副提督はまた、ムーア逮捕後に採取された包括的な血液パネルも展示した。

「ムーア被告は予防接種を受けていなかった。自分でワクチンを打つ勇気がなかった。しかし、捕まるのを避けるために、苦痛を伴う死を自ら招いただろう。これらは無実の人間の行動ではない」とクランドール副提督。

「それがどこから来たのか分かりません。私のインシュリンだと思ったのですが……」JAGが任命した弁護士が沈黙を守るように注意すると、ムーアは吠えた。

「では、ムーア被告、あなたは、2人のJAG調査官にタックルされたあなたが、突然、インシュリンが欲しくてバッグに手を入れるいい機会だと思ったと、この委員会が信じることを期待しているのですか? ムーア被告、それをこの委員会が信じると思っているのですか?」とクランドール副提督は尋ねた。

「彼らが何を信じるかなんて、正直どうでもいいんです」とムーアは答えた。

「彼らもそうだったように、あなたの命も危険にさらされているのです」クランドール副提督は、バンセルとワレンスキーがロープにぶら下がっている写真を防衛テーブルの上に並べながら言った。

「私は納得していません。私が知っているのは、これは私の忠誠心を試すための一大作戦なのです」とムーア。

クランドール副提督と弁護人は、裁判は心理作戦ではないと断言した。

そして提督は、ムーアが2020年1月21日にバンセルに送ったタイプライターと手書きの署名入りのメモをパネルに見せた、 CDCがCovidが米国に到着したと報告した翌日で、モデルナが正式に第I相臨床試験を開始するずっと前である。

クランドール副提督はそれを音読した: 「今週は50人を失いました。予想以上の数です。しかし、その人たちはネズミのような害虫のようなものです。ホームレスは無限にいるのだから、その中から選べばいい。私たちは命を救うために社会の役に立っているのです」。

彼は、ムーアとモデナは、FDA認可の臨床試験を続ける前に、社会から忘れ去られた層に対して密かに実験を行っていた、と述べた。

「哀れな人々が何を注射されたかは神のみぞ知る。それがあなたのサインであることは、筆跡鑑定で確認済みです」とクランドール副提督は言った。

ムーアは話し始めたが、彼女の弁護士が言葉を終えた。「私の依頼人は、尊敬される科学者としてのキャリアを通じて、何万もの文書に署名した医療専門家です。あなたが証拠だと言うこのメモは、誰によって書かれ、彼女が読むことなくメリッサ・ムーアが署名した可能性があります」。

「それが彼女の答えなら、彼女の不誠実さには驚かされます。予防接種を受けない理由を答えるよう、クライアントに指示していただければありがたい。彼女は体重300ポンドの糖尿病患者で、心房細動の既往歴がある。合併症については、彼女はすべて持っています。彼女の基準からすれば、ワクチンやブースターが必要な典型的な例です。なぜ接種しないのですか」と副提督は言った。

ムーアが話すと、彼女の弁護士は諦めたように両手を上げた。

「私たちのワクチンは、ごく一部の人に副作用を引き起こす可能性があります。私は自分の仕事が終わるまでは、そのリスクを背負うには重要すぎるのです」と彼女は言い放った。

「それはどんな仕事ですか」とクランドール副提督が尋ねた。

「命を救うことです」とムーアは言った。

「あなたが路上から引き抜いてきて注射したホームレスにしたのはそれですか?」とクランドール副提督が尋ねた。

ムーアは笑い声を上げた。「そんなことはしていません。誘拐などしていません。シェルターや路上で彼らを見つけ、一生に一度だけ科学を助けるチャンスを与えただけです。一人100ドルを支払いました。彼ら全員から署名入りの医療同意書をもらっています」。

「その書類を出していただけますか? それらを見せていただけますか?」と副提督が尋ねた。

ムーアは怒った。「私に感謝しなさい。数千人のホームレス、精神病患者、アルコール中毒者の死を、何十億人もの生産的な人々の命と比較できますか? 何人かの死は幸せなことなのでしょうか? いや、科学を発展させたことを後悔しているでしょうか? いや、もしそうしなければならないなら、私はまたまったく同じことをするでしょう。それが私の答えです」。

委員会はクランドール副提督に、有罪と評決するのに十分な話を聞いたと告げた。

「私を破滅させることはできても、私の遺産を破滅させることはできません」と、2人の憲兵が法廷から彼女をエスコートするとき、ムーアは言った。

クランドール副提督は、ムーアは9月18日に絞首刑に処されると述べた。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す