日曜日, 4月 14, 2024
ホームアメリカホワイト・ハット、テキサス化学工場爆発を引き起こしたディープステートD.E.W.を疑う

ホワイト・ハット、テキサス化学工場爆発を引き起こしたディープステートD.E.W.を疑う

By Michael Baxter -2023年11月10日(Real Raw Newsより翻訳)

ディープ・ステートの指向性エネルギー兵器(DEW)が、テキサス州シェパードの化学工場で起きた爆発を引き起こした可能性がある。この爆発は、黒煙の噴煙を空に舞い上がらせ、ポーク郡緊急事態管理事務所が、リビングストンとシェパード地域の住民に「シェルター・イン・プレイス(自宅待機)」命令を出すきっかけとなった。

シェパードのFM1127(731番地)にあるサウンド・ケミカル・ソリューションズ社で働くホワイト・ハット役員の弟は、リン酸とキシレンの容器が巨大な火の玉となって噴出し、地面を揺るがし、工場の即時避難を余儀なくされる直前、青い閃光が空から降り注ぐのを目撃したと証言している。連鎖的な爆発はディーゼルや硫酸の容器にも広がり、死に至る可能性のある発ガン性物質の毒々しい雲を発生させた。

目撃者は “コバルトの稲妻が一瞬見えた “と語った。エキゾチックな技術に興味を持つ自称陰謀論者である彼は、この事件を弟に話し、ホワイトハットがすでにDEWがマウイ島の大火災を引き起こしたかどうかを調査していると推測した。彼は、他の5人の化学工場従業員が光の筋を目撃し、彼の話を裏付けることができたと語った。 しかし、誰もDEWの攻撃を写真に撮ったり、ビデオに撮ったりしていない、と語った。目撃者によれば、化学工場の膨大な数の監視カメラが、彼らが見たものの映像を捉えているはずだという。

というのも、もしディープ・ステートが本当にDEWを保有しているのであれば、フォート・ブラッグのキャンプ・ペンデルトンのような魅力的な標的ではなく、なぜ人里離れた化学工場を標的にしたのだろうか? 木曜日の午後、ケミカル・ソリューションズの経営陣が「フォークリフトの事故」が爆発の引き金になったと、ありえない原因を発表したとき、彼らの最初の懐疑心は薄れた。どうやら、フォークリフトのオペレーターが55ガロンのターペンタインのドラム缶に穴を開けたらしい。

ホワイト・ハットは米国陸軍工兵隊と独立した化学エンジニアに相談したが、彼らは、ターペンタインが空気に触れて自然発火する確率は限りなく低いと述べた。一方、フォークリフトの刃がドラム缶をえぐって火花を起こした場合、引火点が95°Fのテレペンタインが引火する可能性はあったが、その結果、火災が55ガロンドラム缶が保管されていた防火設備の整ったコンクリート構造物を越えて延焼することはなかった。

さらにホワイト・ハットは、ケミカル・ソリューションズ社の幹部がOSHAに対し、火災によって屋内外の監視カメラがすべて「蒸発」し、同社が映像を保管していた警備小屋が焼却されたと証言していることを発見した。証人は、ケミカル・ソリューションズがクラウドストレージにバックアップビデオを保存していることをOSHAに伝えなかったと述べた。

ホワイト・ハットの関係者はReal Raw Newsにこう語った。「残念ながら、DEWを見たとされる従業員は、クラウドビデオがあってもアクセスできない。彼らは何かを隠している。しかし、もし普通ではない兵器が自分たちに対して使われたことを知っているなら、なぜそれを隠すのか? そして、もしDEWだった場合、それは地上からだったのか、それとも上空からだったのか。多くの未解決の疑問がある」。

彼は、ホワイト・ハットは本格的な調査を開始する前に、目に見える証拠を手に入れることを望んでいる、と付け加えた。

「我々は今、手薄になっている。もっと深く調べて、何が出てくるか見てみるつもりだ」。

最後に、ホワイト・ハットがDEWを管理しているかどうか、情報筋に尋ねてみた。

「それは私の専門外だが、もしそうだとしたら、それを口にするのは愚かなことではないか」と彼は言った。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す