日曜日, 6月 16, 2024
ホームGITMOJAG、ペニー・プリツカー米ウクライナ経済復興特別代表に有罪判決

JAG、ペニー・プリツカー米ウクライナ経済復興特別代表に有罪判決

By Michael Baxter -2023年11月9日(Real Raw Newsより翻訳)

米国海軍法務官(Judge Advocate General Corps)は、ペニー・プリツカー・ウクライナ経済復興特別代表に有罪判決を下した、とJAG関係者がReal Raw Newsに語った。

既報のとおり、9月22日、タイラー・ペリー・スタジオのホワイトハウスの複製を出たところで、JAGの捜査員がプリツカーを国家反逆罪と米国詐取の容疑で逮捕した。身柄を拘束されると、普段は無口なプリツカーが信じられないような要求をしてきた。尋問官に、ヴォロディミル・ゼレンスキーに電話すれば、誤解を解いて釈放してくれると言ったのだ。興味をそそられたJAG職員はプリツカーが記憶していた番号に電話をかけたが、何度かけてもポーランドのワルシャワのボイスメールボックスにつながった。その後、彼女はアメリカで最も有名な刑事法律事務所15社に連絡を取ったが、どこも彼女を弁護してくれなかった。「GITMOにいるのか? あなたの事件は引き受けられない」と言われた。

そこで彼女は11月7日、ダース・E・クランドール副提督が、プリツカーのグローバル投資会社PSPパートナーズが、不法なジョセフ・R・バイデン大統領が彼女をウクライナ経済復興代表に任命した2日後に、財務省から16億ドルを受け取っていたことを証明する財務書類を3人の委員に見せた。銀行取引明細書によると、プリツカーは2億ドルの分け前を個人の預金口座に送金した後、残りの14億ドルを暗号通貨に変換し、キエフに本社を置くウクライナの国営銀行Oschadbankに送金した。

「ペニー・プリツカー被告は、ウクライナの銀行機関にわが国の資金(納税者の資金)を不法に送金した4人目の人物である。送金に関する公的記録はない。彼女の個人的なネットワークは30億ドルだったが、欲に溺れて2億ドルをカットした。彼女は証言を拒否しています」。

「言いたいことはありますが、私自身に対する証言はしません」とプリツカーは口をはさんだ。

「では、宣誓してください」副提督は言い返した。

「私はあなたがたの神を信じないので、聖書に手を置くつもりはありません」プリツカーは手錠をかけられた手首を振りながら言った。

「そのセリフは前にも聞いたことがある」と副提督は言った。彼はパネルに向き直った。「この貪欲な生き物、この忌まわしい生き物は、かつて彼女の良心があった場所に大きな穴が開いた、自己中心的で物質主義的な女にすぎない、 彼女に良心があったとしても。彼女は職権を乱用した。16億ドルを盗んだ。彼女は本当に汚らわしい。JAGと軍事委員会事務局は、入手可能な証拠に基づいて被告を有罪とするよう、あなたがた将校に要請する」。

委員会はプリツカーの運命を決めるため、45分間の裁判を行った。彼らはプリツカーを有罪としたが、彼女の罪は死刑判決を正当化するものではないと考えた。その代わりに、仮釈放の可能性のない懲役20年を宣告した。

クランドール副提督はパネルの決定に同意しなかったが、その勧告を尊重すると述べた。

プリツカーは再拘留され、刑に服するためにキャンプ・デルタに戻された。

あるGITMO関係者がReal Raw Newsに語ったところによると、JAGはプリツカーの国内資産を差し押さえたという。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す