木曜日, 4月 18, 2024
ホームアメリカバイデンが資金提供したウクライナ軍が無実のロシア市民を拷問し、殺し、食べる

バイデンが資金提供したウクライナ軍が無実のロシア市民を拷問し、殺し、食べる

By Michael Baxter – 2023年11月11日(Real Raw Newsより翻訳)

FSB(ロシア連邦保安庁)のアンドレイ・ザハロフ捜査官と、ウクライナの軍司令官であるヴァレリー・ザルジニー将軍がロシア国防省に送ったぞっとするようなビデオによると、ウクライナ軍はゴコヴォ市近郊の国境沿いの集落で、高齢のロシア市民を拉致し、拷問し、傷つけ、殺し、食べたという。

ザハロフによれば、ウラジーミル・プーチンの特別軍事作戦が始まって以来、ウクライナの精鋭第10山岳突撃旅団は何度も国境に侵入し、そのたびに老人や幼い子供を含むロシア市民を拉致し、国境を越えて引きずり込み、想像を絶するサディスティックな拷問に遭わせてきたという。ロシア軍が仲裁に入り、何度か襲撃を防いだが、第10山岳旅団はアメリカの反乱戦術を取り入れ、スペツナスのパトロールを避ける術を狡猾に身につけたようだ。

「怪物にはスパイがいる。彼らは兵士たちがいつ、どこをパトロールしているかを知り、無防備な町や村を襲う。彼らは男、女、子供を誘拐し、ビデオのようなひどいことをする」とザハロフは言った。

Real Raw Newsにその映像の一部が公開されたが、ウクライナの兵士がナタでか弱い女性の腕を肘から切り落としている。二人の兵士が彼女を押さえつけ、切り落とされた腕が地面に紅い血を流しながら、彼女は悲鳴をあげている。「Ty vse odno staryy」、つまり「どうせお前は年寄りだ」と兵士が言い、彼女の首を切る。

第2部では、男の手足にそれぞれ馬がつながれ、別々の方向に走らされていた。ウクライナの兵士たちは、男がバラバラにされるのを大笑いする。

3つ目では、兵士たちがロシア民間人に地雷原を渡るよう強要する。男は拒否し、顔を撃たれる。2人目の男は緊張しながら地雷原に足を踏み入れ、12歩歩いたところで爆発する。「Perekhreshchuyeshsya i ydesh dodomu」、つまり「渡れば家に帰れる」と兵士が11歳くらいの少年に言う。少年は無事に野原を横断し、「家に連れて帰るよ」と告げられる。兵士は、明らかに道を知っているにもかかわらず、手際よく野原に入り、吹き飛ばされた男から指を取り出す。彼は指を口に入れ、噛んで飲み込む。「おいしい」と彼は言う。

ザハロフは、こうしたことが日常茶飯事になっていると考えている。

同様に心配なのは、第10山岳突撃旅団が現在、米軍の武器(M16A3、M27、XM7)と車両(ブラッドレーIFV、ストライカー歩兵輸送車)で武装し、罪のないロシア市民を恐怖に陥れるために使用していることだ。

「あなたの偽大統領とブタのゼレンスキーがこれを実現させている」とザハロフは言う。「バイデンはゼレンスキーに何十億ドルを何度も与え、ゼレンスキーは戦場で我々と戦わず、罪のない人々を殺すために使う。そして、西側のメディアは何も言わない。なぜなら、彼らは共謀しているからだ。しかし、バイデンが資金を提供している人物が私たちの市民に対して戦争犯罪を犯している一方で、彼らはイスラエルとハマスについて大々的に報道している」と彼は熱く語った。

彼は、ウクライナの軍隊は無数の子供たちを孤児にしたと言った。ある村では、50人、時には100人の群れが、ちぐはぐな靴と泥だらけの顔で、食べ物がありそうな人の所へ押しかけてくる。ウクライナ人が子供たちを誘拐することもあれば、子供たちを放っておくこともある。

「こんなことは止めなければならない。アメリカからの資金がなければ、ゼレンスキーは国民に秘密裏に戦争を仕掛けることはできなかった。とても邪悪なことです」とザハロフは言った。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す