日曜日, 7月 14, 2024
ホームアメリカホワイト・ハットがトランプ殺害予告と "白い粉"を調査

ホワイト・ハットがトランプ殺害予告と “白い粉”を調査

By Michael Baxter -2024年2月27日(Real Raw Newsより翻訳)

ドナルド・J・トランプ大統領は、月曜日の午後、フロリダ州ジュピターにある長男の郵便受けに届いた白い粉が入った不審な「殺害予告」の手紙の出所を調査するようホワイト・ハットに依頼したと、エリック・M・スミス将軍の事務所の関係者がReal Raw Newsに語った。

Daily Callerが最初に報じたように、パームビーチ警察署と消防署は、副保安官と危険物処理班をドン・ジュニアとキンバリー・ギルフォイルの900万ドルの邸宅に派遣し、憂慮すべき脅迫に対応した。危険物処理班は一時的に家を片付け、脅迫状を預かった。数時間のうちに、ドン・ジュニアのスポークスマンは、白い粉が良性のものであることを示唆し、「物質の検査結果は、それが正確には何なのか結論が出ませんでしたが、現場の関係者は、それが致命的なものだとは考えていません」と述べ、ドン・ジュニアは、MSMのあからさまな偽善を非難した: 「明らかに、もしこれが著名な民主党議員に起きたとしたら、許されることではなく、何週間も報道が続くだろう。メディアは共和党員全員を非難し、その責任を追及するだろうが、私の場合は、左派の過激な嫌われ者がほとんどフリーパスとなり、メディアはほとんどひるまないだろう」と、保守派に対するMSMの姿勢を的確にまとめた。

ホワイト・ハットは、脅威の政治化以上の懸念を抱いており、不吉な危険をまず父親に知らせる前に公的機関に通告したドン・ジュニアは初歩的なミスを犯したと考えている。ホワイト・ハットは、この手紙と謎の粉は、不満を持ち、錯乱した民主党員かリベラル派の狂人から来た可能性もあるが、事件の写真とビデオを検証した結果、この不吉な手紙は、ドン・ジュニアとキンバリーの家にアクセスしようとするディープ・ステートの陰謀の一部であった可能性があると考えている。

我々の情報筋によれば、最初の応答者全員が見かけどおりではなかったという。彼は、防護服を着て住居に入った二人は、実はCDCの緊急対応チームのメンバーであり、CDCの狂人的支配者であるマンディ・コーエン局長の友人であったと主張している。マンディ・コーエンは、マスキングとCovid-19ワクチン接種プログラムの義務化を更新すると宣言した、良識の欠落した極悪女である。

情報筋によれば、CDCの2人のメンバーが家にいたのは15分間で、そのうち10分間はカメラの映らない場所で過ごしたという。

ホワイト・ハットは、彼らが防護服を着ていて顔や特徴を隠していたことを考慮し、どのようにして彼らの身元を割り出したのか、という質問に対し、我々の情報筋は、「私が言えることは、我々は今、その判定を下すことができるということです。そして、我々は彼らがCDCであることを100%確信している。彼らがどのようにしてあそこに潜り込んだのか、我々はまだ知らない」と語った。

月曜の夕方、スミス将軍はトランプ大統領に自らこの事態を報告し、ホワイト・ハットに調査を依頼するかどうか尋ねた。情報筋によれば、大統領はスミス将軍に許可を与えたという。

「CDCがトランプ大統領を恨んでいるのは周知の事実だ。彼は彼らの逮捕と起訴、そしてロシェル・ワレンスキーの処刑に一役買っている。彼の保護が行き届いているため、彼の家族への復讐を企てている可能性もある。今はまだ仮説だけですが、すぐに詳しいことが分かるといいのですが……」と情報筋は語った。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す