木曜日, 4月 18, 2024
ホームGITMO死んだディープ・ステイター、空軍将校を騙してGITMOを爆破させようとする

死んだディープ・ステイター、空軍将校を騙してGITMOを爆破させようとする

By Michael Baxter -2024年2月25日(Real Raw Newsより翻訳)

エリック・M・スミス将軍のオフィスの情報筋がReal Raw Newsに語ったところによると、戦争犯罪人ロイド・オースティンになりすました人工知能が、空軍の高官である爆撃隊長に、今週グアンタナモ湾に対して大規模な空爆を行うよう説得しようとしたが、それは無駄に終わったという。

非合法政権にとって不運なことに、AIのプログラマーは、2023年半ばに本物のオースティンが、同じ将校である第509爆撃航空団司令官のキース・バトラー大佐に、B-2スピリットを出撃させてGITMOの指揮統制ビルを攻撃するよう圧力をかけたが、バトラー大佐はその命令を拒否したことを忘れていたか、あるいは聞かされていなかった。情報筋によると、当時生きていたオースティンはバトラーの拒否に憤慨し、彼に裏切り者の烙印を押して軍法会議を開くと脅したという。しかしバトラーは、オースティンこそが裏切り者であり、陰謀団の手先である非合法な国防長官だと言って、その命令に苦笑した。それまでにバトラー大佐は政権を捨て、エリック・M・スミス将軍の前で合衆国憲法を守る宣誓をしていた。彼は最後の正当な最高司令官であるドナルド・J・トランプ大統領を支持し、非合法な政権の指示を排すると誓っていた。

それにもかかわらず、2月22日木曜日、ミズーリ州ウィットマン空軍基地のバトラー大佐は、翌朝オースティンとのビデオ通話に軍服姿で登場するよう命じる電子メールを受け取った。しかし、そのメールは、退役海軍少将からディープ・ステートの諜報員に転身したジョン・カービーが送ったもので、彼はNSCのコミュニケーション・ディレクターとして、バトラー大佐に対して何の権限も持っていなかった。

大佐はこのメールに異議を唱え、なぜオースティンが個人的に連絡してこなかったのかと返事を書いた。「オースティン長官は忙しい。私は彼の権限で、彼の命令をあなたに伝えているのです」。

カービーが知らない間に、バトラーはすでに、ロイド・オースティンが1月にウクライナでロシアの巡航ミサイル攻撃によって死亡したことを知っていたらしい。 ロシア連邦保安庁(FSB)がスミス将軍のオフィスに転送したDNAの証拠によって確認された。

バトラー大佐は、ディープ・ステートの策略をスミス将軍に知らせた。

「大佐、そのビデオ会議を録画してください。オースティンは死んだと信じるに足る十分な根拠はあるが、彼を名乗る人物を見てみたい」とスミス将軍は電話でバトラー大佐に言った。

バトラー大佐は、コンピューター画面上の “オースティン”を見て、自分が詐欺師と話していることに気づいた。シミュレーションの声調、方言、口調はオースティンのものと完全に一致していたが、その外見には偽物の兆候があった。眼鏡の形は丸ではなく八角形で、顔はフォトショップで加工したようにほっそりしすぎていた。さらに、本物のオースティンはスーツ・ジャケットの左襟にいつもアメリカ国旗のピンをつけていた。バトラー大佐はそれが右襟にあることに気づいた。さらに、オースティンの目は茶色が薄く、耳はオバマ大統領と同じくらい目立って大きくなっていた。しかし、最も明白だったのは、オースティンがバトラー大佐の過去の反抗的な態度をまったく覚えていなかったことだ。

“ディープ・フェイク”は、本題に入るまでの約10分間、まるで旧友のように彼に話しかけ、バトラー大佐も最初はそれに付き合っていた。少なくとも、バトラー大佐にGITMOの一部を爆破させるまでは。

「バトラー大佐、2個B-2飛行隊を直ちにグアンタナモ湾に派遣せよ。要するに、GITMOはドナルド・トランプに従順な反体制軍によって占拠されている。標的は司令部周辺を含むが、収容房は含まない、繰り返すが、収容房は含まない。そこに停泊している海軍の艦艇も破壊しなければならない。指揮官が危険にさらされているからだ」。シミュレーションは、バトラーの姓を「フェリス・ビューラー」と発音するように「u」を強調して言い間違えた。

「オースティン長官、これはどんな命令でも出すというSOPではないことはご存知ですね?」とバトラー大佐は言った。

「これらの命令はジョセフ・R・バイデン大統領から直接出されたものです」とオースティンのシミュレーションは答えた。

「数か月前、同じような会話をしたのを覚えていないのか?」とバトラー大佐は言った。

そのAIは会話に適応し、適切で信じられる返答をしようとしたのだろう。すると、「もちろん、覚えているよ。でも、未完に終わった。だから、バトラー大佐、また持ってきたんです」と偽オースティンは言った。

バトラー大佐はハッタリをかました。「その命令には従わない。オースティンが死んだのは知っている。いったい誰がこの会話を聞いているんだ?」

米海兵隊サイバースペース司令部は後に、カリフォルニア州ベーカーズフィールドのNSCサテライト・オフィスに結びついたIPアドレスであることを突き止めた。

「これはオースティンが死んだ何よりの証拠だ。狂っているのは、ミッドジャーニーを使う12歳の子供が、より優れたAIを作り出せたことだ。”ディープ・ステート”にはクローンや 訓練されたボディ・ダブルのようなものがいる。それがオースティンのふりをするために提供されたものなのか? 彼らは学ぶことが多い。彼らは退化しているようだ」と情報筋は述べた。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す