水曜日, 5月 22, 2024
ホームGITMOディープ・ステートの地方検事、寝言の末に絞首刑に

ディープ・ステートの地方検事、寝言の末に絞首刑に

By Michael Baxter -2024年4月20日(Real Raw Newsより翻訳)

倫理的に問題のあるディープ・ステイターが、3月15日に反逆罪で有罪判決を受け、3月26日に絞首刑になる予定であったにもかかわらず、水曜日の朝にグアンタナモ湾で絞首刑になった。

既報のとおり、法廷では、J6に平和的に国会議事堂を訪れた無実の愛国者たちに違法かつ違憲に厳しい実刑判決を下したとして、コロンビア特別区のマシュー・グレイヴス連邦検事に、許される最大の罰である絞首刑を科すよう勧告した。

あるJAG関係者がRRNに語ったところによると、クランドール副提督にはグレイブスの死刑執行を延期する正当かつ説得力のある理由があった。

グレイブスの裁判の翌夜、警戒していたキャンプ・デルタの憲兵が、グレイブスが寝言のようにぶつぶつ言うのを聞いた。グレイブスの言葉が長くなるにつれて、彼の言葉はより正確になり、憲兵は彼が突然固有名詞を口にしたことに気づいた、 彼が突然、固有名詞を口にしたのだ。彼が収監期間を宣告したJ6メンバーの名前だ。グレイブスの夜中の戯言の中に、「ルーラ・ペンテ」という、スタートレックに登場する架空の地下流刑惑星があった。

その憲兵は、グレイブスのまどろみの戯言を聞き流すのではなく、聞いたことをメモ帳に書き留め、後日、そのメモをクランドール副提督に渡した。

「確かに、グレイブスは単なるトレッキー(『スタートレック』シリーズの熱心なファンの総称)だったかもしれないが、ディープ・ステートは多くの暗号を使うので、副提督はもっと何かあると思った」と情報筋は言う。

クランドール副提督を悩ませたことが2つある: グレイブスが口にしたマシュー・ブラッドフォードという海兵隊大尉のことで、彼はJ6に国会議事堂でトランプ大統領を支持した直後、不可解なことに地球上から姿を消した。

ディープ・ステートの無法な捜査網は、法廷の内側を見たことのない軍人や民間人を問わず、罪のない愛国者を捕らえるというのがJAGの主張であったが、2023年3月、特殊部隊がニューヨーク州ロングアイランドにあるディープ・ステートの秘密刑務所から6人の海兵隊員を救出したとき、この仮説が真実であることが証明された。クランドール提督は、ルーラ・ペンテがディープ・ステートの別の秘密刑務所の暗号ではないかと疑っていた。

グレイブスが無意識のうちに漏らした翌朝、憲兵たちは禁制品の捜索という口実で彼を独房から引きずり出し、目立たないように小型マイクを設置して彼の苛酷な会話を盗聴した。

それから数日間、グレイブスはトランプ大統領一筋だった。「大嫌いだ、トランプ」「トランプ、おまえとおまえの家族を捕まえてやる」「トランプはクソだ。MAGAなんてクソ食らえだ」と延々と…。

彼が次に意味深な言葉を口にしたのは4月3日のことだった。寝ぼけ眼でMAGAと彼が軽蔑の念を抱く共和党議員を切り捨てる合間に、グレイブスの独り言には「トランプをルーラ・ペンテに送れ」という一文と、アンカレッジから1,200マイル離れたアリューシャン列島であり、時の流れに取り残された軍事基地である「アダック」という単語が含まれていた。

クランドール副提督は点と点を結び、グレイブスの言葉をエリック・M・スミス将軍とホワイト・ハット評議会に伝えた。その4日後、デルタフォースと陸軍のレンジャーが合同で、アダック島に監禁されていた14人の民間人と12人のJ6を解放した。Real Raw Newsは月曜日にこの作戦の記録を発表する予定である。

クランドール副提督はさらに2週間グレイブスを盗聴し、これ以上有益な情報はないと判断した。

水曜日、グレイブスは絞首刑の時を告げられた。

絞首台の上に立ったグレイブスはクランドール副提督に言った。「私を吊るせば、私の秘密も一緒に死ぬ」。

「グレイブス被拘禁者よ、君は知らないだろうが、我々が知りたかったことはすでに教えてくれた。もしまだあれば、他の誰かから聞き出すだろう。さようなら」と副提督は答えた。

グレイブスは2024年4月17日午前11時34分に死亡が確認された。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す