火曜日, 5月 21, 2024
ホームアメリカ秘密刑務所から解放された海兵隊員は、連邦政府によって残酷な拷問を受けた

秘密刑務所から解放された海兵隊員は、連邦政府によって残酷な拷問を受けた

By Michael Baxter -2023年3月20日(Real Raw Newsより翻訳)

連邦政府の秘密刑務所から解放された6人の海兵隊員は、FBI捜査官と民間警備員の混合である監禁者たちから執拗な拷問を受け、食料と水を奪われ、週に一度しか空にならない5ガロンのバケツで排泄することを強制されたと、エリックMスミス将軍の事務所の関係者はReal Raw Newsに述べた。

既報の通り、米軍特殊部隊は、ニューヨーク州ロングアイランド郊外の秘密倉庫兼刑務所で、連邦政府が裁判なしで拘束していた6人の海兵隊員を3月8日に解放した。連邦政府は、2021年1月6日に国会議事堂の外で抗議活動を行ったとして、6人を逮捕していた。解放された彼らは、フォートブラッグのウォマック陸軍医療センターに運ばれ、監禁中に負った病気や怪我の治療を受けた。脱水症状、裂傷、刺し傷、火傷などである。しかし、ある海兵隊員の傷は非常に重く、敗血症性ショックに陥り、膝から下を切断することになった。

病院で報告を受けたとき、彼は、監獄の責任者たちが、互いに通信できないほど離れた別々の房で、永続的に監禁していたと言った。彼は、逮捕されたときの悲惨な試練を語った。連邦捜査官は、ノースカロライナ州キャンプ・ルジューンの近くで彼を逮捕し、手錠をかけ、目隠しをして、近くの空港か滑走路まで連れて行ったという。彼は、FBIが彼を小型のターボプロップ機に乗せたので、それを知っていた。報告会で彼は、飛行機が離陸する数分前にプロペラが回転する音が聞こえたと言った。誘拐犯は彼の足首に足かせをはめ、座席に固定した。2時間ほどの飛行中、顔を何度も殴られ、「裏切り者」と罵られたそうだ。飛行機が着陸すると、さらに数回殴られ、目隠しをされたまま車に乗せられ、目的地不明な場所に連れて行かれた。あまりに激しく、頻繁に殴られたので、口の中に血液がたまってしまい、やがて意識を失ってしまった。

目を覚ますと、糞のような臭いのする老朽化した独房で、備品は尿で汚れた簡易ベッドと独房の中央に置かれた5ガロン入りのバケツだけである。看守は毎日、時には1日に何度も彼を殴り、一度に3人ずつ襲ってくるので、彼は十分に身を守ることができなかったという。ある朝、4人の看守が独房に入ってきて、彼の両手両足をベッドの上に縛り付けて大の字にし、交互に錆びた金属片で右足を刺し、失血死しないように鉄で傷口を焼いた。警備員たちは「他の海兵隊員も同じ運命だ」と嘲笑しながら、20~30回は刺されただろうと推測する。傷口を焼く前に、一人の看守が尿をかけたという。

Kool-Aid

他の5人の海兵隊員も、傷は浅かったが、同じような話をした。食事は週に2回、古くなったパンや数オンスの水、あるいは虫の浮いたクールエイド(清涼飲料)のような赤い液体しか与えられなかったという。ある隊員は、固まった肉汁と小さなガラスの破片が入ったマッシュポテトを食べさせようとしたという。

「この海兵隊員たちは、乗り越えられないものを乗り越えたのです。同じ拷問を受けたかもしれない何百人もの民間人は言うに及ばず、まだ連邦政府に拘留されている軍人がもっといるのです。これが、バイデン政権が戦闘帰還兵を犯罪者、国内テロリストとして扱う方法です。私たちは、より多くの彼らを解放するために活動しています」と情報筋は述べた。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す