火曜日, 5月 21, 2024
ホームGITMO逮捕されたクラウス・シュワブの健康状態が悪化

逮捕されたクラウス・シュワブの健康状態が悪化

By Michael Baxter -2024年4月19日(Real Raw Newsより翻訳)

世界経済フォーラムの創設者クラウス・シュワブは、グアンタナモ湾の海軍病院に重体で入院しており、医師たちは、この狂気の誇大妄想狂が人道に対する罪で裁判を受けるまで十分生きられるかどうかを疑問視している。

既報のとおり、デルタフォースは先週金曜日にシュワブのスイスの要塞を急襲し、21人の重武装した私設警備員を殺害した後、ベッドの横でアドレノクロムポンプにつながれたシュワブを発見した。

ホワイト・ハットがどのようにしてシュワブをスイスから脱出させたかについて、情報筋は作戦上の安全を理由にReal Raw Newsには語らなかったが、Real Raw Newsが現在進めている調査によれば、シュワブを軽蔑するスイス連邦情報局(FIS)のメンバーが脱出に一役買ったようである。

方法はどうであれ、シュワブは水曜日の午後にGITMOに到着し、すぐに救急車で病院に運ばれた、とGITMO関係者がRRNに語った。

飛行機の座席に手錠をかけられたシュワブの健康状態は、フライトの途中から悪化し始め、震え、激しく咳き込み、”薬”を欲しがった。フライトがサウスカロライナと同緯度になる頃には、シュワブは大量の汗をかき、小便を漏らし、血の混じった粘液を吐き、まるで喉が砕けたガラスで満たされているかのようだった。

同乗していた医師はノースカロライナのローリー・デュラムへのダイバートを勧めたが、パイロットたちはシュワブを遅滞なくGITMOに運ぶという不変の命令があったため、その提案を拒否した。その医師は、シュワブがグアンタナモ湾に到着するまで十分生きられる保証はないと言った。

シュワブは一命を取り留めたものの、運動能力だけでなく、まとまった文章を話す能力も失っていたため、医師は彼を担架で飛行機から降ろさなければならなかった。

病院で医師は彼を急性腎不全と診断し、透析を開始した。血液検査の結果、シュワブはワクチン未接種であり、白血球数が著しく高いことが判明した。さらに、シュワブはアドレノクロムの急性離脱症状に苦しんでいることが判明した。

アドレノクロムの禁断症状の副作用は、患者によって異なるが、オピオイドやエタノールの禁断症状に類似している。以前、押収されたアドレノクロムのバッチを調べたところ、オキシコドンかフェンタニルが含まれていた。アドレノクロムは、1回服用しただけでも、使用者に無力な依存を引き起こす可能性がある。健康状態、薬物の使用期間、精製されたアドレノクロムの純度によって、中毒者の副作用が左右される。全身性臓器不全はまれで致命的な反応である。

「シュワブがどれくらいの期間アドレノクロムを服用していたかは不明だが、数十年かもしれない。人前で自己投与できるように、隠せるインスリンポンプのような携帯ポンプを装着していたとしても驚かない。彼の状態は重体だが安定しており、当分の間は意識不明のままだ。他の臓器が機能不全に陥れば、法廷を見るまで生きられないかもしれない。言うまでもなく、あの悪党に腎臓を提供する者はここにはいない」と情報筋は言う。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す