水曜日, 5月 22, 2024
ホームFEMA嵐に襲われたネブラスカで海兵隊がFEMA部隊を待ち伏せ

嵐に襲われたネブラスカで海兵隊がFEMA部隊を待ち伏せ

By Michael Baxter -2024年4月28日(Real Raw Newsより翻訳)

土曜の朝、ネブラスカ州エルクホーン近郊で竜巻に襲われたFEMA(連邦緊急事態管理庁)の車列が、ホワイト・ハットによる封鎖によって進入を阻まれた。市民は茫然自失となり、食料、水、避難所、電気などの必需品を求めてひしめき合った。

その2日前、海兵隊サイバースペース司令部は、FEMA長官のディーン・クリスウェルと任務支援副長官のタミ・フランクリンの電話での会話を盗聴した。この暴君のような2人組は、全米気象局がグレートプレーンズで竜巻発生の危険性を高めていることについて話し合い、将来の暴風雨の被害を評価するための「調査チーム」の準備について言及した。一見予言めいたクリスウェルは、嵐が去ったら “オマハに転がり込む”ためのキャラバンを準備しておくことを提案し、部下からの質問を促した: 「武装しているのか?」と。

「標準的な手順です。しかし、用心してほしい。最近は損失が多すぎる」とクリスウェルは答えた。

FEMAが暴風雨の被害者を恐怖に陥れ、空き巣に入った過去があることから、サイバースペース司令部はスミス将軍に連絡し、クリスウェルの居場所を突き止めたか尋ねた。彼は、つかみどころのないFEMA管理者がスイスから電話をかけたと聞いた。クリスウェルは、逮捕されてグアンタナモ湾に送られるのを避けるために海外に潜伏しているディープ・ステイターの大群の1人である。

「こいつらは止まらない。マウイ島で散々な目に遭わされたから、もう少し用心深くなるかと思いきや……」。スミス将軍の事務所の関係者はReal Raw Newsにこう語った。

FEMAの長寿は、無制限の現金へのアクセスと、有罪判決を受けた重罪犯を雇う意欲によるところが大きい、と彼は付け加えた。FEMAは現在、人員補充に必死で、時給30ドルという条件で大量採用を行っている。ホワイト・ハットがFEMAの応募データベースにアクセスしたところ、政府の雇用や銃器の所持を妨げる重罪を無差別に取り除いていることが分かったという。

「誘拐犯、性的暴行、住居侵入者-FEMAは気にしない」と情報筋は言う。

彼はクリスウェルを、1989年の映画『グローリー』で俳優クリフ・デ・ヤングが演じた奴隷廃止論者ジェイ・モンゴメリー大佐になぞらえた。ジェイ・モンゴメリー大佐は、個人的な利益のために奴隷制度への憎悪を口実に、ダリエン市を略奪し、放火した。

「FEMAは海外口座に現金と闇予算の余剰金を持っている。FEMAの職員が市民に対して武器をとったり、金を奪ったりすれば、反逆罪に問われる。スミス将軍は、もしFEMAがオマハで暴風雨に見舞われたら、そうなることを予期していた」と情報筋は言う。

クリスウェルとフランクリンの通話を聞いた将軍は、2個小隊のライフル銃を起動させ、オマハ南東部にあるホワイト・ハットが管理するオファット基地に空輸させた。可能性のある交戦に備えながら、サイバー・スペース司令部はFEMAの戦術周波数をモニターし、FEMAの次の動きを探ろうとした。その情報は、壊滅的な竜巻がオマハ郊外のエルクホーンの家々をなぎ倒した金曜日の夜遅くにもたらされた。

情報では、”事前被害調査チーム”が夜明けにエルクホーンに到着するとのことだった。被害調査チームというのはテロリストのことだ。私たちは、彼らがリンカーンからハイウェイ6号線を通ってエルクホーンにやってくるという情報を得た。

海兵隊はプラット川に架かるアシュランド橋の両側に車両を配置し、偵察隊はFEMAの襲撃者を探すため、一般車両でリンカーンに向かった。午前3時45分、偵察チームはドアにFEMAのステッカーが貼られた6台のSUVと、橋に向かって北上する2台の戦術機動指揮所を発見した。

FEMAの車列は橋を渡ったところで転がりながら停止し、ハンヴィーによる道路封鎖と50人の海兵隊員が先頭車両にライフルとAT-4ロケットランチャーを向けたことで前進が止まった。小隊長の中尉は、FEMAに武装するか退却すれば自分たちは破滅すると伝えると、雄たけびを上げながらその意思を明確にした。FEMAが愚かにも逃げ出そうとした場合に備えて、後方の部隊は対岸に隠れたままだった。

海兵隊はFEMAの車列に群がり、監督官や下士官を車から引きずり出して拘束した。海兵隊中尉はFEMAの担当捜査官(AIC)に、FEMAの積荷に武器がないか検査するつもりだと告げた。

「運んでいるのが銃でなく、食料と水だけなら、心配することはない」と中尉は言った。

しかしAICは、海兵隊には彼の 「慈悲の任務 」を遅らせる権限はないとした。彼は、純粋に自衛のために小さな銃器を隠し持っていることは認めた。

そのわずかな隠し場所とは、34丁のM4カービン、27丁のグロック23ピストル、3丁のM24スナイパー・ウェポン・システム、そしておびただしい数の弾薬だった。FEMAは小規模な戦争には十分な武器を持っていたが、MREや水のボトルは1つも持っていなかったし、エルクホーンのホームレスの住民を助けるための救援物資も持っていなかった。

「我々はこれらを没収します」と中尉はAICに言った。

中尉はAICの身体検査中に、我々の情報筋が決定的な証拠と呼ぶ、エルクホーンの富裕層の名前と住所が記載された書類を見つけた。その書類には、エルクホーンに住む富裕層の名前と住所が記載されており、彼らの職業、年収、そしてATFが義務付けている銃器取引記録であるフォーム4473に記入したことがあるかどうかが記されていた。

「銃の没収にはいい日だな」と警部補はAICに言った。

AICは抗議した:「私たちの安全のために、誰が銃を持っているのか知る必要があるのです」。

「君たちはきょう、エルクホーンには行かない。実際、君たちはどこにも行かない。ただし、君たちと君たちが自称するチームリーダーは別だ。残りの ’救援チーム’は出て行っていい。部下たちはクリスウェルに、彼女はここでは歓迎されない、どこでも歓迎されないと伝えてくれ」と中尉は答えた。

武装解除され、意気消沈したFEMAの車列は、1人の住民も襲わず、脅すこともなく去っていった。

「我々が捕まえた先導者と他の3人は敵の戦闘員として扱われるだろう。海兵隊はまだネブラスカ、カンザス、アイオワにおり、これ以上のFEMA侵入者を撃退、排除するだろう」と情報筋は語った。

編集:海兵隊がFEMAの大部分を解放したのには「戦術的理由」があったが、その理由は明らかにしなかった。

訂正: 我々は当初、クリスウェルがエリック・レッキーと話したと報告した。これは誤りであった。情報源は単にその連絡先を任務支援管理者と確認しただけであり、私は書かれた記事の内容をすべて覚えているわけではなく、レッキーが昨年ハワイで捕まったことを忘れていた。ソースに問い合わせたところ、相手はタミ・フランクリン副司令官であった。そのため、記事を訂正した。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す