水曜日, 5月 22, 2024
ホームアメリカレッド・ハットの復讐

レッド・ハットの復讐

By Michael Baxter -2024年4月27日(Real Raw Newsより翻訳)

Real Raw Newsによると、木曜日の午後、カリフォルニア州オーシャンサイドの桟橋の一部が炎上した件について、レッド・ハットのリーダー、カーツ大佐が責任を主張している。

火災は午後3時に象徴的な桟橋のいちばん奥で発生し、3年前に今は亡きギャビン・ニューサムのプランデミック政策によって無数のビジネスが倒産に追い込まれ、永久に閉鎖された元Ruby’s Dinerの空きビルを瞬く間に飲み込んだ。

火災が拡大するにつれ、映像は食堂を焼き尽くす炎と空に舞い上がる黒煙を映し出した。約200人の消防士と3隻の沿岸警備隊が、ヘリコプターが何千ガロンもの水を火に投下し、桟橋を救おうとするなか、大火災と戦った。彼らの努力で桟橋は助かったが、炎は建物を焼き尽くした。消防当局は、火災の原因をまだ特定できていないが、放火とは断定していない。

「放火、あるいは合法的放火と呼ぶ人もいるかもしれないが、放火が原因のようだ」とスミス将軍の事務所関係者はRRNに語った。

スミス将軍は金曜日にカーツ大佐から電子メールを受け取ったという。そこには、ディープ・ステートが児童売買の中継地点としてシャッターの閉まったレストランを利用したため、彼の部隊がビルに火をつけたと認める内容が書かれていた。カーツの申し立てによれば、ディープ・ステートは縛られ、猿ぐつわをはめられた子供たちを廃墟となった食堂に連れてきて、鎮静剤を飲ませ、さらに子供たちを追い詰めるために去っていった。その間、ヨットが桟橋に横付けされ、黒服の武装した男たちが下船し、薬漬けで無力な子供たちを回収し、カタリナ島かサンクレメンテ島(それぞれ沖合61マイル[98.2km]と140マイル[225.3km])にフェリーで運び、そこで子供たちは貨物のように大型船に乗せられ、「おそらくコロンビアまで」南下した。

カーツ大佐は、彼の情報網が、ディープ・ステートが少なくとも1年半の間、ルビーズ・ダイナーを児童人身売買の移送基地として利用していたことを証明したと書いている。

「スミス将軍、あなたが知らなかったとは驚きです。あなたの本拠地(おそらくキャンプ・ペンデルトン)は桟橋から2マイル(3.2km)も離れていない。もしあなたが仕事を片付けないなら、我々が片付けると言ったはずだ。放火する前に建物が空であることを確認した。そうだ、関係するアルファベット機関(FBI)は別の場所を見つけるだろうが、それも破壊する。スミス将軍、権力の支点が移動している我々は共和国と憲法を守るために行動する 我々の情報を疑うなら、同封の画像を見てください」とカーツは書いている。

そのメールには、手錠をかけられ、猿ぐつわをはめられた6人の子供たちが、銃口を突きつけられながら桟橋から古い食堂のほうへと連れていかれている夜の画像が添付されていた。タイムスタンプは2024年2月23日。

また、”身元を証明するもの “も含まれいた。

「我々はそれが彼からだと知っている。動機は利他的だが、真昼間に放火すれば、罪のない人々が死ぬ。シュワブを殺そうとした男について、彼は何も言っていない。彼はスミス将軍に個人的に会いたいと言ったが、将軍は未定だと言っている」と我々の情報筋は述べた。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す