水曜日, 5月 22, 2024
ホームアメリカJAG、ディープ・ステート判事に絞首刑判決

JAG、ディープ・ステート判事に絞首刑判決

by Michael Baxter -2024年5月4日(Real Raw Newsより翻訳)

グアムのキャンプ・ブレイズで行われた3人の判事団は、ジョージア州フルトン郡のスコット・マカフィー上級裁判所判事を反逆罪で有罪とし、絞首刑を言い渡したと、JAG情報筋がReal Raw Newsに語った。

4月5日に報道されたように、軍の逮捕状を執行していたJAG捜査官は、4月3日にフルトン郡裁判所の外でマカフィーを逮捕し、その後、JAGのペンサコーラ処理センター、そして後にキャンプ・ブレイズに連行した。マカフィーは当初、合衆国詐取と選挙妨害の罪で起訴されたが、この暴言裁判官が取り調べでトランプ大統領の有罪を予言していたと認めたため、JAGは容疑を国家反逆罪に格上げした。

「私はトランプが大嫌いだ。生涯、彼を憎んできた」と、わずか1年しか判事職に就いていない34歳の判事がJAGの調査官に語った。「トランプを傷つけることを夢見ていた。そしてチャンスが来たとき、私はそれを手に入れたのです」。

経験が浅いとはいえ、エモリー・ロースクール卒の新米判事は沈黙を守るべきだった。しかし、トランプへの敵意が彼の判断力を凌駕した。まるで、大統領への鬱積した怒りを解き放ちたいという衝動に駆られているかのようだった。

「では、マカフィーさん、あなたがトランプ大統領に対する偽のゆすり事件を “無作為に”担当したとき、あなたの目にはすでに彼は有罪に映っていたのですね」と捜査官が尋ねた。

「彼は生まれつき有罪だった。ランダムではなく、私が懇願したのです」とマカフィーは言った。

「助かりました。ありがとうございます、マカフィーさん」と捜査官は言った。

マカフィーは独房に戻され、主席特別裁判顧問のジョナソン・T・スティーブンス少将が監督する水曜日の朝の法廷までそこにいた。

冒頭陳述で、マカフィーは自分自身を弁護し、早期の評決に持ち込んだ。彼は、トランプ一家を破滅させることを阻止できるのは、禁固刑も何もないと語った。弁護席で手錠をかけられた彼は、パネルを睨みつけ、トランプ帝国を一棟、一棟、レンガを積み上げて倒し、トランプ支持者全員が塀の中か死ぬまで休まないと言った。

「そして、トランプ支持者が全員牢屋に入れられるか、死ぬまで休むつもりはない」とマカフィーは言った。

「マカフィーさん、あなたは健全な精神状態で、自分がどこにいるか分かっているそうですね?」とスティーブンス少将が尋ねた。

「私はトランプのバナナ共和国のカンガルー法廷にいて、現実の世界でうまくいかず、個人事務所を経営することも、パートナーシップを得ることも、本物のベンチに座ることもできず、軍に入った男を見つめている」とマカフィーは言った。

「トランプ錯乱症候群をご存知ですか、マカフィーさん。あなたは私が見た中で最悪のケースです」と少将は尋ねた。

「トランプは終わりだ。彼はすぐに刑務所に入るだろうし、彼が刑務所に入れば、君たちの家は崩壊する」とマカフィーは言った。

「そう見えるかもしれないが、そう見えるだけだ」と少将は言った。

「あなたは私を有罪にするかもしれない。私はトランプを憎むことを決してやめないし、彼が盗んだものすべてを取り壊す作業を決してやめない。彼は生まれながらに有罪で、死ぬまで有罪だろう。彼の墓碑銘に刻まれるのはその言葉だけだろう: 有罪だ!」。マカフィーは叫んだ。

主席パネリストの海兵隊少佐が丁重に遮った: 「マカフィーはこの法廷を愚弄しており、反逆罪で有罪とします。さらに、我々は、彼がその罪により絞首刑に処せられるべきだという点で一致しています」。

スティーブンス少将は観念したようにうなずいた。「私はこの立派な士官たちに同意する。マカフィー君、合衆国に対する反逆罪で絞首刑を宣告する」。

彼の死刑執行は5月15日に予定されている。

注:スミス将軍とカーツ大佐の会談の結果を聞くのは、おそらく月曜日になるだろう。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す