火曜日, 5月 21, 2024
ホーム2024選挙JAG、ディープ・ステートのジョージア州判事を逮捕

JAG、ディープ・ステートのジョージア州判事を逮捕

By Michael Baxter -2024年4月5日(Real Raw Newsより翻訳)

米海軍のJAG調査官は木曜日、トランプ大統領に対する同州の根拠のない選挙妨害の訴えを却下したジョージア州の刑事判事に軍の逮捕状を送達したと、JAG情報筋がReal Raw Newsに語った。

フルトン郡高等裁判所のスコット・マカフィー判事は木曜日、J6とその周辺でのトランプの発言は犯罪行為を支持するものであり、したがって憲法修正第1条の下では保護されないとの判決を下した。

マカフィーの知らないところで、捜査員たちは裁判所の外で、インチキ告訴を棄却するか陪審に送るかの決定を待っていた。彼の違憲判決は後者を示し、ディープ・ステートが積み上げた陪審員が、トランプとルディ・ジュリアーニを含む8人の共同被告が犯罪的悪事を働いたかどうかを決めることになった。

「我々はマカフィー判事の命令を予期して起訴状と令状を起草した。宣誓違反と反逆罪という重大な犯罪で告発するものだ。彼には正しいことをするチャンスがあったのに、悪の道に進んでしまった。悪が憲法を侵害するとき、我々は行動する義務がある。だからこそ、我々のチームはマカフィーを逮捕する用意があったのだ」とJAG関係者は語った。

一杯の水のように無名の6人の熟練捜査官が、マカフィーの不正指令を受けて裁判所の入り口に陣取った。彼らは以前の監視で、判事はいつもは正面のドアから退出するが、時には執務室脇の裏口から退出することを知っていた。

「この判事は可能な限りマスコミを避け、マスコミの騒ぎから逃れるために裏口から出るのが好きだった。それが木曜日の午後に起こったことです」と情報筋は言う。

午後5時頃、マカフィーと彼の法律事務官は、数百フィート離れた駐車場へ建物を出た。JAGは後方から待ち伏せし、事務員を鎮静剤で意識を失わせ、マカフィーに反逆罪で逮捕すると告げた。

驚いたマカフィーはすでに手錠をかけられていた: 「理解できない。正義の名の下に何が行われているんだ? 私は裁判官であり、これは違法だ。私は裁判官だ」。

「今知っておくべきことは、君は国家反逆罪で逮捕され、有罪になればおそらく処刑されるということだ」と、JAGの捜査官が2人のチームメートとともに、困惑するマカフィーを、彼らのそばで急停車した黒いバンの後部に押し込んだ。

「マカフィーはすべてのディープ・ステイターと同様に公正な裁判を受けるだろう」と情報筋は語った。

トランプ大統領がJAGにマカフィーを拉致するよう促したかどうか尋ねられた彼は、「憲法違反で裏切り者だから逮捕した。トランプは事後まで何も知らなかった」 と付け加えた。

JAGは、トランプに対する州の訴追を担当する汚職検事ファニ・ウィリスにどう対処するつもりかと尋ねられると、彼はこう付け加えた。「ディープ・ステイターがまだ逃げ回っているからといって、我々が捜査しないわけではない。多くの変数が動いており、誰がいつ逮捕されるのか、なぜX氏やY氏をまだ逮捕していないのかを電報で伝えることはできない。狂気の沙汰と思われることにも方法はあるのです」。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す