日曜日, 5月 19, 2024
ホームCovid-19海軍のパイロットが飛行機を墜落させ、脱出、ワクチンの反応後

海軍のパイロットが飛行機を墜落させ、脱出、ワクチンの反応後

By Mike Baxter -2022年1月26日(Real Raw Newsより翻訳)

プランデミック・リアルローニュースでは、飛行中にワクチン接種を受けたパイロットが体調を崩したり、そのまま死亡したりする事件について書いてきた。この大惨事は、パイロットだけでなく、航空会社に安全を託している何百万人もの乗客を危険にさらす。この問題は、民間人のパイロットに関わる問題ではアメリカ連邦航空局FAA(アメリカ連邦航空局)が、軍人の飛行士については国防総省が明らかにしていないが、一般航空、商業交通、軍事作戦を悩ませてきた。


最も新しいワクチン事故は、南シナ海をパトロール中の米空母USSビンソンで、第5世代マルチロール機であるF-35Cのパイロットが起こしたものだ。名前は公表されておらず、RRNも明らかにしないよう要請されているこのパイロットは、空母に帰還中に思いもよらない事態に見舞われた。パイロットの滑走路が急すぎたため、機体は前方の勢いを素早く止め、機体を急停止させるために存在する3本の「ワイヤー」のどれにも引っかからずに甲板に激突したのだ。パイロットは、F-35Cが飛行甲板から弾き飛ばされ、波立つ海面に転落する一瞬前に脱出した。

それだけは公的に報告されている。

国防総省はロイド・オースティン国防長官の指示のもと、重要な事実を省いている。

空母から1マイル以内に接近する飛行士は「ボールを呼ぶ」と言う。これは「ミートボール」を発見したことを示す無線通信で、パイロットが空母へのアプローチ中に適切な滑空勾配を保つために使用する視覚的な基準の愛称である。

F-35CのパイロットはUSSビンソンに近づくと、「ボールを呼んだ」だけでなく、「誰かにバットで殴られたような」突然の激しい胸の痛みを経験したと語った。USSビンソンに搭乗していた着陸信号オペレーターは、F-35がグライドスロープを超えており、ワイヤーを見逃してしまうことにすぐに気づいた。パイロットが無線で “Fucking vaccine “と言った瞬間に、彼はパイロットに “着艦中止 “と命じた。パイロットはかろうじて安全に脱出するのに十分な力があったが、飛行甲板にいた数人の船員仲間は機体が甲板に激突したときに負傷した。

パイロットは回復して医療室に運ばれ、医師は彼が急性心筋炎にかかったと判断した。心筋炎はCovid-19の予防接種の副作用としてよく見られるもので、死に至る可能性もある。ニミッツ級空母カール・ヴィンソンの2番甲板には、CRTやMRIなど現代の病院にあるような診断装置が完備された医療病棟がある。

パイロットは、事故の72時間前にUSS Vinsonでブースター注射を受けており、現在の状態は不明だ。彼は合併症を持たず、2021年9月5日の健康診断に合格していた。

ヴィンソンに乗船していた他の飛行士は、彼を「幅広い種類の航空機で数千時間の飛行時間を持ち、数十回の空母着艦に成功した熟練した有能な飛行士」と評している。

この情報は、海軍の高官を通じてRRNにもたらされたもので、米海軍法務長官団がこの事故に関するブリーフィングを受けたという。

余談だが、VinsonのCOであるP. Scott Miller大佐は、犯罪者であるBiden政権を支持する「ブラックハット」である。

注:Dunnの裁判については、まだ最新情報を入手していないが、入手次第、掲載する。
トランプの真実
RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA


Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す