土曜日, 6月 3, 2023
ホーム未分類アイリッシュ・ガードの兵士6名が、女王の祝典の数日前に麻薬とマネーロンダリングの犯罪で逮捕された

アイリッシュ・ガードの兵士6名が、女王の祝典の数日前に麻薬とマネーロンダリングの犯罪で逮捕された

・国防総省は、捜査中の兵士は来る女王のプラチナ記念祭のパレードに参加しないと発表した。

John Besley2022527日(Independentより翻訳)


国防省は、6人のアイルランド衛兵と1人のコールドストリーム衛兵が、麻薬とマネーロンダリング犯罪の疑いで逮捕されたことを確認した。


報道によると、容疑者は水曜日にハンプシャー、バークシャー、北ウェールズ、北アイルランドでの捜査で拘束されたとのことだ。


今回の逮捕は、女王のプラチナ・ジュビリーの数日前に行われ、第1アイリッシュ・ガード大隊は、62日に行われる式典「Trooping the Colour」に参加することになっている。


しかし、国防省は、調査対象者はいずれも祝典のパレードに参加しないと発表している。


国防省のプレスオフィスは、次のように述べた。「王立憲兵隊は、計画的な作戦の一環として、英国各地にいる6人のアイルランド衛兵とコールドストリーム衛兵の退役軍人を、麻薬供給の陰謀と貸金業およびマネーローンダリングの疑いで逮捕しました。


「調査中の兵士はいずれも、予定されている女王のプラチナ・ジュビリーのパレードに参加することはありません」。


「陸軍はいかなる種類の違法行為や不正行為も容認していません。これは現在、独立した王立憲兵隊の調査対象であるため、これ以上コメントするのは不適切です」。


バッキンガム宮殿は、この報道についてコメントを出していない。


アイリッシュ・ガードは近年、英国陸軍の中で最も活動的な部隊である。


1大隊が所属するハント州オルダショットのモンス兵舎の関係者は、The Sun紙に次のように語っている。「彼らはDEAのようにドアを蹴破りながら入ってきた」。


「警告はなかった。彼らは何か月も前から作戦を練っていたと聞いている」。


「兵舎だけではありません。基地外の兵士の家も捜索しました。大きなショックを受けています」。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA


Most Popular

Recent Comments

やまとたける on バーガー将軍行方不明
ウッチー on GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 on 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す