日曜日, 7月 14, 2024
ホームアメリカ国家反逆罪の疑いのあるホワイト・ハット役員、尋問中に死亡

国家反逆罪の疑いのあるホワイト・ハット役員、尋問中に死亡

By Michael Baxter -2023年2月10日(Real Raw Newsより翻訳)

エリック・M・スミス将軍のオフィスの関係者がReal Raw Newsに語ったところによると、ポリグラフ検査に失敗して拘束されたホワイト・ハットの将校が、火曜日に2人のNCIS(海軍犯罪捜査局)捜査官に尋問されているときに心臓発作で死亡したという。

日曜日に報告されたように、スミス将軍はホワイト・ハット運動への忠誠に関して偽りの回答をした2人の空軍将校の拘留を命じたが、専門家によれば10-15%の誤差を持つ誤りやすい技術だけに基づいて彼らを非難することはなかった。彼は、ポリグラフの結果を実証するか無効とするか、人間の頭脳を求めたのだ。

火曜日に2人のNCIS捜査官が2人の容疑者が収容されているキャンプ・ペンドルトンに到着し、スミス将軍と短く話した後、空軍の上官である36歳の元パイロット(本名ではなくランシング大佐と呼ぶことにする)、訓練事故により地上待機となった後、空軍の連絡役としてホワイト・ハットの作戦に参加していた人物にインタビューをする許可を受けた。2021年初頭、彼はソーシャルメディアのアカウントを使ってバイデン政権を放棄し、バイデンを「偽の大統領」と呼び、ロイド・オースティンから「やめるか、軍法会議にかけろ」という警告を受けた。

統一軍事裁判規則の第88条には、大統領、副大統領、議会、国防長官、軍部長官、国土安全保障省長官、または自分が任務中あるいは出席中の州、準州、連邦、領地の知事あるいは議会に対して侮辱的な言葉を使った下士官は、軍法会議が指示する通りに処罰されると記されている。

ランシングは警告を認めたものの、軍のコンピューター以外からアクセスできる匿名のソーシャルメディアアカウントで、政権のワクチン義務化やLGBQT+コミュニティを軍組織に統合する計画について批判を続けた。

2021年9月、デビッド・H・バーガー将軍の代理人は、公式に政権を否定し、内外のあらゆる敵から憲法を守ることを誓ったランシングを審査し、仲間に迎え入れたという。ランシングの職務は事務的なもので、機密業務に立ち入ることはできなかったという。

先週、無作為に選ばれてポリグラフ検査を受けたとき、彼は異議を唱えなかった。そして、2回失敗したと聞かされたとき、彼は追加面接の結果が出るまで保護拘禁に同意した。

NCISの捜査官が取調室に入った途端、彼の態度は一変した。ランシングは、空軍には1948年8月1日以来、その重罪レベルの調査業務を行っている空軍特別捜査局という独立した犯罪捜査部門があるので、不適切だと言った。OSIに相談すれば、もっと安心できるという。

「すぐに赤旗が出た。OSIはバイデン愛好家で溢れかえっている。ランシングはそれを知っていた」と情報筋は言っている。

NCISは、ランシングが最初の調査の際に述べた、彼らの発見と矛盾する発言をランシングに突きつけた、と彼は付け加えた。ランシングはワクチンとワクチン接種義務を軽蔑していると主張していたが、その証拠に彼は3回接種しており、1回は下院がワクチン接種義務の取り消しを決議した後であることが判明した。最後の注射は、表向きは軍の健康記録に残らないようにと、民間のクリニックで受けたという。さらに調査を進めると、ランシングは匿名でソーシャルメディアを利用してワクチンを非難する一方で、部下には最新のワクチンを接種するよう勧めていたことが分かった。

この矛盾を説明するよう求められ、神経質になったランシングは、誰かにワクチンを接種するよう言ったことは否定したが、妻にせがまれて3回目の接種を行ったことは認めた。さらにNCISは、ポリグラフの質問に対する「不誠実な」回答、特にランシングがスミス将軍を裏切る意図があったかどうかを照会してきた。彼は2度「いいえ」と答えたが、脈拍と呼吸はそうでないことを示していた。

「彼は、いわば針を吹き飛ばすようなもので、NCISはもっともらしい説明を求めた。ランシングは回避的な返答をし、スミス将軍に個人的に会ったことがないから質問は不当であり、そのために質問にどう答えたらいいか分からないと言った。調べれば調べるほど、ランシングはそわそわしていた」という。

調査官がランシングの妻の話に移ると、彼は吹き出したと、我々の情報筋は言った。

「明らかに、いくつかのことが見逃されていました。その妻は、物議をかもす民主党議員たちとつながりがあり、バイデンのために選挙活動をし、彼に投票し、挙句の果てにはソロス・ファンド・マネジメントで働いていたことが分かったのです。彼はそのことを一切明かさず、どういうわけか見落とされてしまったのです」と情報筋は述べた。

「よくもまあ、妻を巻き込んでくれたな」。ランシングは、呼吸が荒くなり、痛みのために胸をつかむ前に、調査官にそう漏らしたという。彼は痙攣して床に倒れていたが、携帯用除細動器*を持った救急隊員が到着し、心臓を再始動させようとした。しかし、もう手遅れだった。彼は息絶えていた。

情報筋によると、尋問は倫理的で、あらゆる現実的な基準から見て穏やかなもので、NCISがランシングに手を出すことはなかったという。

Real Raw Newsでは、2人目の役員の尋問結果はまだ分かっていない。


訳者注:
除細動器(defibrillator)
心室細動(VF)や心室頻拍(VT)などの不整脈に対し、電気的な刺激を与えることで「除細動(Defibrillation)」や「同期性通電(Cardioversion)」を行う医療機器のこと。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す