月曜日, 6月 17, 2024
ホームアメリカケンタッキー州の陸軍兵器庫から化学ロケット弾が盗まれる

ケンタッキー州の陸軍兵器庫から化学ロケット弾が盗まれる

By Michael Baxter -2023年7月9日(Real Raw Newsより翻訳)

ケンタッキー州にある米陸軍の化学兵器庫から先週、60発の化学ロケット弾が紛失した。1997年に発効し、193か国が加盟した国際化学兵器禁止条約に従って、作業員(軍と民間の請負業者)が古い兵器を破棄しようと急いだためである。

広大なブルーグラス陸軍基地(BGAD)には一時、GB神経剤(サリンとも呼ばれる)入りのM55ロケット弾が51,000発保管されていた。ロケット弾やその他の神経剤、水疱剤は1940年代からBGADにあった。

第一次世界大戦で、化学兵器は近代戦争で初めて使用され、少なくとも10万人が死亡したと推定されている。その後、ジュネーブ条約によって使用が禁止されたにもかかわらず、条約が破棄を求めるまで、各国は化学兵器の備蓄を続けた。BGADは、米国内に残る2つの化学兵器貯蔵所のうちの1つで、もう1つはコロラド州にある陸軍プエブロ化学兵器貯蔵所で、今年6月22日に最後の兵器が廃棄された。

BGADの化学兵器破壊作戦の最終段階には、適切なセキュリティ・クリアランスを保持するとされる2,500人以上の軍人と民間人が従事した。廃棄には、2015年に完成し、2019年に兵器の破壊を開始した敷地内の工場にロケットを移動させることが含まれ、廃棄のために致死性の薬剤を希釈する中和と呼ばれるプロセスを使用した。

7月7日、BGADに駐在する米陸軍CBRNスペシャリスト(MOS 74D)が、第5特殊部隊群司令官でホワイトハット評議会のメンバーであるブレント・リンデメン大佐のオフィスに、軍事的に重要なことを相談しなければならないと連絡した。大佐の補佐官は、なぜ指揮系統に従わずに特殊部隊に連絡したのかと兵士に尋ねた。

「大佐、不適切な手順を踏んだことをお詫びします。この電話に出れば誰でも信用できると思い込まされています」と兵士は言ったという。

その補佐官は、オープン・ラインで彼の懸念を共有しないよう彼に勧め、暗号化されたメッセージの送信方法を指示した。

メッセージの中で、この兵士はBGADのCBRNスペシャリストであり、破壊予定の兵器のシリアルナンバーを記録する仕事をしていると名乗った。彼は、金曜日に取り壊す予定だった60GBの神経剤ロケットが、木曜日は休みだったため、水曜日に見た保管棚にはなかったと述べた。ロケットの所在を説明できないことを、現場の誰も特に気にしていないようだった、と彼は書いている。彼は兵器破壊の厳しい規制について説明した。兵器がバンカーを出る前、輸送のためにトラックに積まれるとき、そして廃棄施設でである。兵器が破壊されると、そのシリアルナンバーはiPadのようなデバイスに色分けされて保存され、赤(生きた弾丸)から緑(破壊された、または不活性)に変更される。

「これらのロケットは存在しなかったかのように見せかけられた」と彼は書いた。

そのメッセージはキーシー大佐に届き、大佐はそれをスミス将軍に転送した。もしCBRNの話が本当なら、政権の犯罪者である国防総省の誰かだけが、制限されたデータベースからシリアルナンバーを消去し、致命的な化学兵器の盗難を画策できたことになる。

M55ロケット弾は1発75ポンド、長さ78インチもある。窃盗犯はまた、保管施設を守る武装した警備員と窃盗を調整しなければならない。

スミス将軍のオフィスの情報筋がReal Raw Newsに語ったところによると、将軍はCBRNの言い分を確認したという。

ジョセフ・R・バイデン非合法大統領は金曜日に、米国はすべての備蓄化学兵器を安全に廃棄したと述べ、”我々は化学兵器から解放された”と付け加えた。

この失踪事件を調査しているホワイト・ハットは、なぜディープ・ステートが時代遅れの兵器に盗みを働くのか、その理由を推測することを避けた。

編集:行方不明になったロケットの数(60発)を追記するために記事を更新した。

更新:日曜日の午後、米軍の特殊部隊と化学兵器の専門家が60発のロケット弾をすべて回収したと聞いた。私は詳細を収集し、検証している最中であり、明日には回収に関する記事を発表したい。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す