日曜日, 7月 14, 2024
ホームアメリカ未体験の者と死者 Part Ⅰ

未体験の者と死者 Part Ⅰ

By Michael Baxter -2023年7月14日(Real Raw Newsより翻訳)

死刑の可能性に直面したとき、司法取引を拒否したディープ・ステイターが数多くいることから、ディープ・ステイターで共謀者を密告した者はいないと思われるかもしれない。現在グアムのキャンプ・ブラスに駐在しているJAGの情報筋によれば、その見解は事実ではないという。

ほとんどの者は取引よりも死を選んだが、一旦反逆罪で起訴されたディープ・ステイターの何人かは、部分的な情状酌量と引き換えに、現在進行中の捜査を進展させたり、別の逮捕につながったりする貴重な情報をJAGに提供した。情報源によれば、JAGの一般的な方針は、現在進行中の捜査や、どの “人” が現在話しているのかについてコメントしないことである。しかし、Real Raw News の問い合わせ(ウェブサイトのコメンテーターによって促された)に対して、彼は、まだ軍事裁判を受けていない数人の被拘禁者に関する限定的な情報を共有することに同意し、他の者についてコメントする承認を求めると付け加えた。

「たった一人の例外を除いて、政権幹部は法廷の証人でさえも一律に免責されることはない。彼らは内部告発者ではなく、犯罪情報提供者だ。彼らは私たちのところに来たのではなく、私たちが捕まえなければならなかったのです」と彼は言った。

シャノン・コーレス

Shannon Corless

2022年1月から10月まで財務省情報分析局でジャネット・イエレンの下で間接的に働いていたシャノン・コーレスは例外だ。その月、被害妄想に陥ったコーレスは、弁護士を伴ってフロリダ州ペンサコーラのJAG捜査官に任意で自首し、「トランプの手下」に自宅を監視され神経をすり減らすのに嫌気がさしたと語った。当時のJAG関係者は、コーレスはレーダーに映っておらず、誰が彼女の裏庭をうろついていたのか見当もつかないと述べた。それにもかかわらず、コーレスは、ジョセフ・バイデンへの票を買うために、横領した財務省の金をアンティファとブラック・ライブズ・マターに再分配した金融犯罪を告白した。彼女は、同じような犯罪に手を染めた財務省内の他の人間を特定できると捜査官に語っていた。

「JAGはコーレスが持っていたデジタルとハードコピーのデータを見直し、吟味した。その結果、多くの手がかりが得られ、まだ話していない逮捕者が2人出た。だがイエレンではない、まだだ。コーレスの情報はイエレンを暗示している。あの小人を捕まえたら、我々は彼女を裁判にかけ、コーレスは彼女に不利な証言をすることになる」と情報筋は言う。

JAGはコーレスを告訴せず、釈放する機会を与えた、と彼は付け加えた。

「彼女は保護拘置を望んだ。彼女は路上に戻されたら2日と生きられないと言っていた。我々は彼女のためにそれを準備した」と情報筋は語った。

イザベラ・グスマン

Isabella Guzman

2023年6月、JAGの調査官は中小企業管理者のイザベラ・グスマンを逮捕した。大流行中、Covid-19の厳格な遵守事項を採用しなければ、中小企業経営者に罰金や差し押さえを科すと脅したためである。情報筋によれば、グスマンは6月に軍事法廷に臨む予定であったが、破産を申請した企業経営者と直接競合する企業経営者の友人である12人の中級行政官を突然公表し、土壇場で延長を交渉したとのことである。

CDCの “指導”は大きな偏りをもって適用された。たとえば、隣接する2つの通りに競合する2軒のピザ屋があったとする。片方のオーナーが行政関係者の親戚や友人であれば、その店はパスされた。州や郡の衛生局の訪問を受けることもなく、法執行機関の嫌がらせを受けることもない。逆に、ディープ・ステイターの友人でも親戚でもないもう一方の店主は、ノンストップで嫌がらせを受け、死ぬほど罰金を科され、営業を続けるために手の届かない「改善」を余儀なくされた。場合によっては、地元の警察官が店の前に立ちはだかり、そのレストランがCovid-19や州の衛生違反で調査中であることを見込み客に告げたこともあった」と情報筋は言う。

彼は、JAGはグスマンの主張が真実であることを確認したと付け加えた。しかし、彼女は最終的には法廷に立つことになる。

「プランデミックの前には、約25万件の起訴状があった。プランデミックによって、さらに3万件が追加された。しかし、グスマンと同様、彼らもまた責任を負わなければならない。

マイケル・マラノスキー

Michael Malanoski

米海兵隊は1月、国防衛生局副局長のマイケル・マラノスキー博士を逮捕した。 JAGの調べによると彼は軍人に対して、自然流産、心臓発作、発作、腹部の炎症、パーキンソン病などの顕著な増加につながるとホワイトハットが指摘している、致死性のあるノババックスのCovid-19ワクチンを接種しなければ不名誉除隊にすると脅していた。情報筋によれば、マリノウスキーはロイド・オースティンに、軍人のワクチン死亡を曖昧にする便利な方法を教えたという: 自殺のせいにするのだ。

2021年と2022年の現役軍人の死因は1,046人であった。ホワイト・ハットは、これらの死亡者の95%は血栓注射が原因だと主張しているが、我々の情報源はその主張を裏付ける証拠は何も提供していない。

マラノスキーは2023年2月5日、予定されていた法廷の3日前に脳動脈瘤で死亡したため、軍事裁判を受けることはなかったという。

「お縄になる機会がなかったのは残念だが、少なくとも彼はこの世を去った。彼は一晩で死亡し、朝に死体で発見された。検死で死因が確認された。というのも、以前にも収容者が不可解な状況で死亡したことがあったからだ」と情報筋は語った。

Real Raw Newsは、裁判を待つ拘留者について、許可が下りるまで近日中に最新情報を提供する予定である。

エリック・ホルダーの裁判は今朝10時に始まったと聞いた。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す