日曜日, 6月 16, 2024
ホームGITMOホワイト・ハットによるバイデン逮捕作戦の失敗

ホワイト・ハットによるバイデン逮捕作戦の失敗

By Michael Baxter -2023年11月24日(Real Raw Newsより翻訳)

米海軍特殊部隊は、感謝祭の日に犯罪者ジョセフ・R・バイデンを逮捕するつもりだった。しかし、バイデン夫妻が休暇を過ごしたとされる、億万長者デイビッド・ルーベンスタインの13エーカー(約16,000坪)のナンタケットの屋敷に到着すると、そこは暗く、閑散としていて、人影もなかった。エリック・M・スミス将軍のオフィスの情報筋がReal Raw Newsに語ったところによると、この高級住宅地の周りにはバイデン氏の姿はなかったという。

違法な政権が先週、不正な大統領の旅程を発表したとき、ホワイト・ハットはバイデンを反逆罪で逮捕するか、彼の代わりにナンタケットに行ったクローンかボディ・ダブルを破壊するチャンスだと考えた。情報筋によれば、ホワイト・ハットは、シークレット・サービスの部隊を “始末”する用意はできているとのこと。我々の情報筋によれば、ホワイト・ハットは、陰謀団の蔓延する欺瞞のパターンを終わらせるために、あらゆる適切な手段を講じているという。

Skyhook

回復して職務に復帰したスミス将軍と海軍特殊戦司令部の盟友たちは、海軍特殊部隊、ロサンゼルス級攻撃潜水艦、そして通称 “スカイフック”と呼ばれるフルトン地対空回収システムを装備した特殊作戦用航空機を含む、費用のかかる複雑な計画を考案した。1950年代にCIAによって開発された “スカイフック”は、ハーネスとスリングを使って地上の人間を回収するシステムである。大ヒット映画『ダークナイト』ではフィクションとして描かれた。

もしバイデンがルーベンスタインのビーチフロントの敷地で捕まっていたら、安全な距離を保っていた飛行機が制限空域で低空飛行を行い、バイデンをすくい上げ、潜水艦のそばの水中に落としただろう。回収チームが、ずぶ濡れで凍えそうな偽大統領を船内に運び込んだのだろう。

情報筋によれば、シールズは月曜日にグアンタナモ湾に到着し、潜水艦に乗り込んだ。潜水艦にはシールズ・デリバリー・ビークル(SDV)が装備されており、特殊作戦任務のためにアメリカ海軍のシールズとその装備を運ぶのに使われる潜水ソリである。浅瀬を離れ、潜水すると、艦長は北大西洋に進路をとった。

クリスマスの襲撃以来、GITMOを守るボートは1隻だけではない。どれと言うのは軽率だろう。一時的に潜水艦がそこにいなくてもGITMOは安全だと判断されたし、感謝祭の前にナンタケット島に着く時間は十分にあった」と情報筋は言う。

潜水艦は水曜日の夕方、ナンタケット島沖の冷たい海に到達し、島から東に23マイル(37km)、南東に40マイル(64.3km)にわたって広がる不安定な浅瀬を航行した。水深わずか70フィート(21.3m)(ロサンゼルス級潜水艦の “公式な”最低水深)の狭い水路を航行した。 港から南西に4海里(7.4km)、ルーベンシュタイン島の要塞からかなりの距離と対岸にある。

情報筋によれば、船長は接近して船を危険にさらすことを嫌い、作戦の中止を検討したという。

「事前に計画されていたこととはいえ、船長には不安があった。船底をこすったり、砂州にぶつかったりしたくなかった。そして見られたくなかった。潜望鏡の深度までほとんど達していなかったのだ。その上、シールズはルーベンスタインの敷地にたどり着くには、南西から南東に向かい、海岸を北に迂回しなければならなかった。島全体が警官とシークレットサービスだらけだったからだ。ナンタケットは大混乱だった」と彼は言う。

しかし、シールズの指揮官は、もし彼が潜水艦の安全を守れば、シールズは任務を完遂することができる、と艦長に保証した。

「彼らは七面鳥の時間にルーベンスタイン邸の海岸に着いたが、そこは閑散としていた」と情報筋は言う。「意味不明だった。ゴキブリのようにバイデンがうようよしているはずなのに。人はいない。シークレットサービスもいない。バイデンもいない。車もない。タイヤ痕もない。何もない。敷地内を赤外線でスキャンして建物内の熱反応を探したが、それでもまったく何もなかった」。

さらに事態を不可解にしたのは、MSMがその日の午後早く、ジョーとジルがナンタケット消防署でパンプキンパイを配っている写真をすでに公開していたこと、バイデンの姪、ナオミが、バイデン一家が湾内でコールド・ターキー・プランジ(冷たい七面鳥の飛び込み)と呼ばれる氷漬けの後、タオルで体を拭いている画像をツイートしていたことだった。

「2と2は4にはならない。シールズとバイデンは頭をぶつけるべきだった。私たちがあの写真を科学的に分析しようと急いでいる間に-それはディープフェイクだった-シールズは、ディープ・ステートが最初から知っていた罠にはまり、待ち伏せされ、潜水艦は水面から、飛行機は空から吹き飛ばされると考えている。

シールズ隊員たちは、その辺に留まって勝ち目のない戦いをするよりも、潜水艦に引き揚げ、潜水艦はGITMOに進路を変え、飛行機は元の地点に戻った。

ホワイト・ハットは、バイデン夫妻がナンタケット島に足を踏み入れたとは考えておらず、数百万ドルの税金を費やした休暇は、まだ知られていない理由ででっち上げられたデマだという。

「すべての資産は安全です。我々はもはや罠だとは思っていないが、そもそもなぜディープ・ステートがこの詐欺を働いたのか、いまだに手がかりがない」と情報筋は語った。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す