木曜日, 2月 22, 2024
ホームアメリカ海兵隊、国防次官補を逮捕

海兵隊、国防次官補を逮捕

By Michael Baxter – 2023年12月19日(Real Raw Newsより翻訳)

ホワイト・ハット部隊は土曜日、ロイド・オースティンに仕える多くの無名で無関係と思われる次官の一人、ターニャ・M・スキーン国防次官補(調達担当)を逮捕した。エリック・M・スミス将軍のオフィスの情報筋がReal Raw Newsに語ったところによると、米海兵隊は、彼女が表向きオースティンの許可を得て、国防総省の軍資金から3,500万ドル(約50億214万円)をキエフにあるヴォロディミル・ゼレンスキーの個人貯蓄口座に送金したという証拠に基づいてスキーンを逮捕した。

この3,500万ドルは、12月13日にジョセフ・R・バイデン非合法大統領がウクライナに約束した2億ドルとは別のものだった。

「この陰謀を信じるならば、アメリカはウクライナに約750億ドルを与えたことになる。我々が法廷で見聞きしたところでは、この数字は1兆ドルを超えている。政権全体が、上から下まで、不正に手を染めている。そして、彼らは負けているにもかかわらず、そして大きく負けているにもかかわらず、アメリカを破産させ、ウクライナ合衆国に変えるために、最後の一人まで戦っているのだ。スキーンはこの計画の最新のプレーヤーにすぎない」と情報筋は言う。

スキーンは、ロシアのプーチン大統領がウクライナでの特別軍事作戦を開始し、バイデン政権がウクライナの財源を満たし始めた1か月後の2022年3月に、上院の同意を得てバイデンによって任命された。ロイド・オースティンの21人の次官の一人として、彼女の公務には、オースティンに持続可能性と獲得に関する助言をすることが含まれていた。海軍のベテランである彼女は、F-35ライトニングIIプログラムのエグゼクティブ・ディレクターでもあった。情報筋によれば、彼女の役職は官僚主義の肥大化の典型例だという。

「不必要な沼地の生き物を増やしただけだ。犯罪者ばかりだ。先週、彼女がバイデンとオースティンの友人であるヴォロディミルにちょっとした贈り物をしたことを知った」と彼は言った。

海兵隊は、バージニア州シャーロッツビルの自宅で、彼女と無名の男性同行者がヴァージン諸島への休暇旅行のためにスーツケースに荷物を詰めているところを捕まえた。海兵隊が彼女の家を襲撃するのを見たスキーンは、クローゼットからライフルを取り出して彼女の名誉を守るよう連れに命じたが、その臆病者はひざまずいて海兵隊に撃たないよう懇願した。

スキーンは、海兵隊はとんでもない間違いを犯しており、ロイド・オースティンは彼らの首を皿の上に載せるだろうと言った。

「行かせてください。ロイドに電話させて。 私は休暇に入ります」 と彼女は言った。

「GITMOへ」と海兵隊員が彼女に告げた。

スキーンも彼女の仲間も、今はフロリダの処理センターにいる。我々の情報筋は、スキーンの友人がどうなるかは推測せず、調査中であるとだけ述べた。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す