木曜日, 2月 22, 2024
ホームFEMAJAG、エリック・フックス殺害犯の刑を大幅に減刑

JAG、エリック・フックス殺害犯の刑を大幅に減刑

By Michael Baxter -2024年1月3日(Real Raw Newsより翻訳)

米国海軍法務官が、昨年9月にグアンタナモ湾のシャワー室で収容者エリック・フックスを殴り殺した2人の米陸軍憲兵の実刑判決を修正した、と法務官関係者がReal Raw Newsに語った。

12月に報道されたように、2人の憲兵は、死刑判決に終わる可能性のある軍法会議に対処する代わりに、20年の司法取引を受け入れた。この司法取引は、JAGが、そのスタッフの行動と、ブッシュ政権下のアブグレイブでジハード拘束者を常習的に拷問した憲兵の行動との類似性を示すことを恐れて避けようとしていたものである。というのも、JAGの情報筋は以前、ディープ・ステートの犯罪者から自白を強要するために、水責め、睡眠妨害、電気ショック刑といった常識外れの戦術を採用していたことを認めていたからだ。

厳しい司法取引は、自警団は許されないという明確なメッセージだった、と情報筋は言う。

しかし、JAGの強硬姿勢は、12月中旬、クランドール副提督のオフィスにフックス殺害犯の釈放を求める何百通もの手紙が殺到したため、軟化したように見えた。犯人の仲間の憲兵を含め、将校も下士官も同じように、拘留中のフックスの捕食行為に基づく減刑をg副提督に懇願していた。フックスは、FEMAが彼らの家族を誘拐し、FEMA強制収容所の政治的に正しい用語である連邦フュージョンセンターに収容すると言って、しばしば看守を愚弄していた。彼は多くの憲兵に、自分には外の世界とのパイプがあり、指を鳴らせば誰でも消せると言っていた。

フックスは憲兵たちのフルネームを知っていた。キャンプ・デルタの憲兵たちは、復讐を企むディープ・ステイターから身元を隠すために、制服の名札を黒いテープで覆っていた。職員は、被収容者の目の届くところで互いの姓を口にしないよう教えられている。

「看守はフックスが彼らの姓を知っていたと言うが、彼らは決して規則を破ったことはないと言う。そう、不注意はつきものだ。私たちの世界では、下士官や将校には階級と姓で呼びかけるのが慣例であり、兵士がファーストネームではなくラストネームを使うことは、非番のカジュアルな場でも一般的だ。どんなシステムも完璧ではない。フックスが彼らの身元を知っていたと仮定すれば、問題は彼が脅迫を実行できたかどうかだ。それは分からない。しかし、警護兵に対する支援の声は非常に大きかった」。

クランドール副提督は、手紙を一通一通熟読し、フックスに脅迫されたと主張する他の8人の国会議員にインタビューを行った。そのうち3人は、フックスが自分たちの身元をどうにかして聞き出したという主張を支持し、フックス殺害を考えたことがあることを認めた。

「違いは、もちろん、彼らはそうしなかったということです」と情報筋は語った。

12月28日、クランドール副提督はフックス殺害犯に再判決を下し、減刑によって当初20年の求刑が、すでに服役した期間(約4か月)を含めてわずか3年に短縮された。副提督は説明もしなかったし、この決定の前にJAGの上級スタッフと相談したこともなかった。 情報筋によれば、囚人たちに朗報が伝えられたのはその1日後だったという。

副提督が同調圧力に屈したのか、それとも純粋に20年は厳しすぎると思ったのかは誰にも分からない。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す