日曜日, 7月 14, 2024
ホーム2024選挙JAGがアリゾナ州務長官エイドリアン・フォンテスを反逆罪と選挙詐欺共謀罪で有罪判決

JAGがアリゾナ州務長官エイドリアン・フォンテスを反逆罪と選挙詐欺共謀罪で有罪判決

By Michael Baxter -2024年7月4日(Real Raw Newsより翻訳)

米国海軍法務総監部(JAG)は月曜日、アリゾナ州のエイドリアン・フォンテス国務長官に国家反逆罪、選挙詐欺罪、合衆国詐取罪の有罪判決を下し、ダース・E・クランドール副提督の饒舌な論述により、フォンテスをバイデン政権を崇拝し、アリゾナ州民への宣誓責任を覆い隠す権力欲を持つ民主党の工作員として描いた後、ディープ・ステイターに死刑判決を下した。

既報のとおり、米国海兵隊は5月にフェニックスの自宅でフォンテスを逮捕した。これは、彼が2024年の大統領選挙でドナルド・J・トランプ大統領の共和党票を数えないか「破棄」する計画を立てていたとされる事実の宣言に基づいていた。これは、故ケイティ・ホッブスとその悪質な仲間たちが4年前に行ったことの再演に他ならなかった。また、フォンテスの逮捕は、ディープ・フェイクの彼がアリゾナの有権者に対してトランプ陣営がディープ・フェイク/人工知能を使って民主党の価値観を偽ることを警戒するように警告するビデオを作成した後であった。

ちなみに、ホワイト・ハットは、ディープ・フェイク技術を政治的に利用して有権者を欺いているのは民主党だと述べている。海兵隊サイバースペース司令部の情報筋は、バイデンが「無駄話はやめよう」と言い、オバマが5ドル(またはそれ以上)の寄付を求めるYouTube広告の執拗な乱発を指摘している。その情報筋によれば、これらの広告に登場するバイデンとオバマはディープ・フェイクであるとサイバー司令部は確信しているとのことだ。

話を戻す。

月曜日の裁判は、フォンテスの有罪を証明するための骨の折れる努力というよりも形式的なものであった。彼はJAGが任命した弁護人を拒否し、沈黙を守る権利を主張したため、弁護席には一人で現れた。「敵戦闘員の被拘束者」としては何の権利も持たないにもかかわらず、彼は無罪であり、バイデンが彼を訴追から免責したと主張する簡潔な声明を述べた。副提督クランドールは、被拘束者を笑いものにすることをいとわない彼らしく、JAGが選んだ3人の将校に、フォンテスに不利な証拠を検討するよう見せた。

「私、ジョセフ・R・バイデン、米国大統領は、アリゾナ州務長官エイドリアン・フォンテスに対し、地方、州、または連邦の法執行機関、ならびに全軍の訴追から完全な外交的保護と免責を付与するものとする。」と、副提督は、逮捕時に米海兵隊員がフォンテスのポケットから見つけた紙の原本を読み上げた。

Salman Ahmed

副提督はその文書を紙吹雪のように引き裂き、床に落とした。「これがあなたの免責に対する私の見解だ、被拘束者フォンテス。それに、これは偽造だ。我々の筆跡専門家は、その署名が国務省の政策企画局長サルマン・アーメッドによって書かれたものであることを突き止めた。ええ、我々は彼も徹底的に調査する予定だ。たとえバイデンが署名していたとしても、それはあなたと同じくらい無価値だ」と副提督は述べた。

その後、副提督は故ケイティ・ホッブスのノートパソコンをパネルに見せた。ホワイト・ハットが彼女が州知事選挙を盗んだ後、そして反逆罪で処刑された後にのみ発見したものであった。副提督は、ディープ・ステートのメンバーが犯罪の物理的証拠を保持する傾向があることに感謝し、2023年2月に彼女がフォンテスに送った文書にパネルの注意を向けた。

「エイドリアン、2020年の再演を確実にするための計画が必要だ。次回はより注視されるだろう。私たちの地位を維持し、支持者を支え、トランプが2024年にアリゾナで勝利するのを阻止するためにあらゆる手を尽くすことが不可欠だ。もし彼がその時点で刑務所にいれば、それで良い。そうでなければ、私たちにはやるべきことがある。勝利を確保するためには、Wi-Fiの障害など以上のものが必要だ」とホッブスは書いている。

「トランプの票を十分に消し去ってバイデンが我が州で勝利するようにしよう」とフォンテスは2023年2月4日のメールで返信している。今回はトランプを圧倒的に敗北させるつもりだ、と。

副提督は被拘束者と目を合わせた。「トランプ大統領はあなたに何をしたのか?」

「彼は大統領ではない、バイデンが大統領だ」とフォンテスは叫び、沈黙の誓いを破った。

「自分にそう言い聞かせ続けなさい、被拘束者フォンテス」と副提督は言った。

副提督はパネルに対し、ホッブスが死亡しているにもかかわらず、フォンテスが釈放された場合、州務長官としての権限を行使して次の選挙に不正に影響を与えるだろうと述べ、全ての罪で有罪判決を下すように求めた。

彼らの評議は5分間続いた:有罪。

副提督が量刑の推薦を求めると、リードパネリストはフォンテスがその罪で絞首刑に処されるべきだと意見を述べた。

副提督はフォンテスの処刑を7月9日に予定した。

RRNは皆様に独立記念日のお祝いを申し上げる。良いことが起きている。ディープ・ステートの分裂やバルカン化は、ディープ・ステートをボロボロにしている。戦争は終わっていないが、パワーバランスは我々に有利な方向に著しく変化している。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す