日曜日, 7月 14, 2024
ホームアメリカホワイト・ハットの将校がIRSボスを逮捕する任務を失敗し、敵を支援した罪で起訴される  

ホワイト・ハットの将校がIRSボスを逮捕する任務を失敗し、敵を支援した罪で起訴される  

By Michael Baxterー2024年7月2日(Real Raw Newsより翻訳)

海兵隊中尉が職務怠慢およびその他の重大犯罪で起訴された。彼はエリック・M・スミス将軍の直接命令に背き、IRS長官ダニー・ワーフェルを逮捕しなかった。将軍のオフィスの情報筋がReal Raw Newsに語ったところによると、ワーフェルはトランプ大統領が木曜日の討論会でオーバルオフィスに再任した場合、チップを課税所得から免除すると述べた後に激怒した。

金曜日の朝、IRSの内部告発者、あるいは裏切り者のメンバーがスミス将軍にワーフェルがトランプの約束に対して激怒し、地域の監督者を緊急ZOOM会議に召集したと報告した。ワーフェルはトランプの「無謀な税制改革」を財務省の底辺にとって危険だと非難し、「泥棒は現金のチップを報告しない」「既に稼ぎ過ぎている」と付け加え、チップに依存する労働者は税の優遇措置を受けるに値しないと述べた。ワーフェルはスーツを着た集会に対し、「トランプは死なねばならない、必要なら自分で手を下す」と宣言し、MAGAに賛同するすべての人々を厳しく監査するように命じた。

私たちの情報筋によれば、裏切り者のメンバーはこの集会のビデオを提供し、スミス将軍の依頼で海兵隊サイバー空間司令部がこれを認証した。RRNはビデオを見ていないが、認証された書き起こしを見せられた。

将軍は、私たちの情報筋が述べたように、ワーフェルの発言が行動可能な反逆行為であると感じたが、クランドール副提督と相談した後、ディープ・ステートのメンバーであるワーフェルを追跡するための部隊を編成した。ワーフェルは以前、バラック・フセイン・オバマの下で行政管理予算局のコントローラーを務めていた。バイデンは2023年3月に彼をIRS長官に任命した。

「この男(ワーフェル)はディープ・ステートそのものだ。彼が置き換えた男よりも良くない。彼は本当にひどい奴だ、私に言わせればクソ野郎だ。しかし将軍はクランドール副提督の法的意見を求めた。ワーフェルは単に腹を立てていたのか? それとも本気だったのか? 彼の言葉は犯罪を犯す意図があったのか? まあ、私たちはトランプ大統領の命に対する脅威を非常に真剣に受け止めている」。

副提督の答え:ディープ・ステートはより軽微な犯罪で愛国者を投獄しており、将軍の部下が彼を捕まえた場合、ワーフェルを起訴するだろう。

私たちの情報筋によると、スミス将軍は異常に動機付けられてワーフェルを捕まえようとしていた。彼は部隊を編成し、悪党を直ちに孤立させ逮捕するよう命じた。この部隊を指揮していた中尉は、以前マウイでFEMAと戦い、4人の敵を確認して殺し、そのうち1人は肉弾戦で戦って得たものだった。当時、彼はディープ・ステートとの長引く戦いにおいてホワイト・ハットの有望なスターと見なされていた。彼は戦場昇進を予定されている数少ない将校の一人だった。

それは先週すべて変わった。

土曜日にワーフェルの家を監視している間、中尉はワーフェルとその妻ベス、そして彼らの成人した子供たちであるショーンとモリーがリビングルームでNetflixを見ながらポップコーンを食べているのを見た。パラボラマイクを配備した海兵隊は、両親が子供たちを賞賛し、トランプ大統領についていくつかの侮蔑的な発言をしているのを盗聴した。彼らはグループハグをし、互いに笑顔を見せた後、ワーフェルが裏庭に行ってバーベキューグリルを始めると言った。

ワーフェルが家を出て、家族の視界から外れたとき、海兵隊の上級下士官は彼を捕まえる許可を求めた。中尉は双眼鏡で前面の窓を覗き続けていたため、応答しなかった。窓の向こうでは、ミセス・ワーフェルと子供たちがテレビをじっと見ていた。

上級下士官は再び許可を求めたが、中尉は彼を無言で黙らせた。「今は適切な時期ではない」と言った。

「今が最適な時期だが、今すぐ行動しなければならない」と上級下士官は応じたが、公式な事件概要によれば、彼は指揮官の命令に従った。報告書は、中尉の夜の作戦を中止し、翌日再試行するという決定がすべての海兵隊員を困惑させたと指摘した。彼は、別の機会が生じる場合に備えて一晩中家の周りに警備を配置するという上級下士官の合理的な要求も拒否した。代わりに、彼は海兵隊員にボルチモアのホテルの部屋でしっかりと休み、翌朝5時に明瞭かつ戦闘準備完了の状態になるように指示した。

しかし、日曜日の夜明け前に海兵隊員が戻ると、ワーフェル家のすべてのメンバーは跡形もなく消えていた。彼らの車は車道やガレージにおらず、中には鳴き声を上げる猫が残されていた。

中尉は上級下士官に、ワーフェル家は前夜に不注意な海兵隊員を見かけて夜中に家を逃げたに違いないと伝えた。

「ミスは起こる。海兵隊員も人間だから、彼の提案は不可能ではなかった。しかし、証拠なしに断言するのは非常に珍しいことだった。その場にいたすべての海兵隊員、包括的に軍曹も、戦闘および特殊作戦の経験があった。軍曹はワーフェル家が警告を受けたと信じていた。偶然に窓の前に立ったり岩につまずいたりしてではない。結局、彼は正しかった」と私たちの情報筋は述べた。

月曜日に中隊長によって尋問された際、中尉は、ワーフェルに電話し、逮捕令状を持った海兵隊員が夜明けに到着し、任務を妨害する者(家族メンバーも含む)を射殺することを警告したことを告白した。彼は家で何を料理していたか、Netflixで何を見ていたかを詳述して彼らに急いで逃げるように言った。中尉は、ワーフェル家が質の高い家族の時間を過ごしているのを見て、夫であり父親である彼自身も同様の道徳的な葛藤に直面したと説明した。立場が逆であった場合、彼の家族を強制的に引き離そうとするディープ・ステートの者たちが彼の裏庭で暗躍していたらどう思うか? 彼は作戦を妥協したことを謝罪したが、同じ状況に再び置かれた場合、同じ行動を取ると約束できないと述べ、辞職を申し出た。

彼の辞職を受け入れる代わりに、JAGは彼を将校にふさわしくない行為、職務怠慢、敵を支援および扇動した罪、そして敵前での臆病な行為で起訴した。これらは軍事司法統一規則に照らして重大な犯罪である。私たちの情報筋によれば、中尉は指揮権を剥奪され、自宅軟禁された。JAGは彼が軍法会議にかけられるべきか、軍事法廷で敵戦闘員として裁かれるべきかを検討している。

「私たちの仕事には心の問題の余地はない。彼の軍歴は先週まで無傷だったが、それが考慮されるだろう。しかし、彼はディープ・ステートの一員を逃し、海兵隊員を危険にさらしたかもしれない。こういった状況では、誰かが責任を取ることになる」と情報筋は述べた。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す