土曜日, 4月 13, 2024
ホームアメリカファイザーとFDA、そしてたくさんの賄賂

ファイザーとFDA、そしてたくさんの賄賂

By Michael Baxter -2021年8月30日(Real Raw Newsより翻訳)

2019年12月28日、武漢の疫病のニュースがアメリカ社会に浸透した頃、ファイザーのCEOアルバート・ボーラ(Albert Bourla)は、当時のFDA長官スティーブン・ハーン(Stephen Hahn)に難解なジレンマを突きつけた。ボーラはファイザーの「収入減」を嘆いていたが、これは2019年に167億ドルの利益を上げた製薬メーカーを表現するには奇妙な言葉で、同社のCEOは2019年に1,700万ドル、同社のCovid-19ワクチンが店頭に並んだ後の2020年に2,200万ドルの収入を得ている。これらの数字には、ボーラが福利厚生、日当、ストックオプションから得ている数千万ドルの資産は含まれていない。これらの資産を年俸に加えれば、ボーラは世界で最も高額なCEOの一人となる。

ハーン、ボーラ、そしてFDAとファイザーの関係者たちは、ファイザーが抱えると思われる財務上の問題を話し合うために個人的な会合を開いた。この会議は、マンハッタンにあるファイザー社の本社で行われたわけではない。また、メリーランド州のシルバー・スプリングスにあるFDAの巨大な施設でもない。FDAと大手製薬会社との公式な話し合いは、通常この2つの場所のいずれかで行われ、ワシントンD.C.のヘイアダムスホテルの役員室のスイートルームでは行われないからである。

ボーラはハーンに、企業秘密が分析されること、ファイザーとFDAとの成文化された契約では、ファイザーには機密情報の公開を防ぐために秘密の話し合いを要求する権限があることを伝えた上で、秘密の集まりを要求したのである。 FDAがこの条件を受け入れたことは、FDAと大手製薬会社が夫婦の寝室を共有していることを示している。

ボーラは、この会議で企業秘密を明かすことはなく、むしろ、過去10年の間に、儲かる薬の多くが特許権を失い、ジェネリック医薬品として販売されるようになったために、ファイザーが「数十億ドルの利益を逃す可能性がある」と愚痴っていた。

参考までに。医薬品の特許は、米国での特許出願日から20年間有効であり、その後は他の製薬会社がその化学成分名を使用して販売することができる。例えば、鎮痛剤バイコディンは、1978年にAbbott Laboratories社が特許を取得したが、1999年にFDAはMallinckrodt社とQualitest社に販売許可を与え、利益の一部を元の特許権者であるAbbott Laboratories社に還元した。リベートをもらえるにもかかわらず、ほとんどの大手製薬会社は特許の延長を申請し、それが認められることが多い。現在、世界で46社以上の企業が、ヒドロコドン/APAPなどの様々なラベルでバイコディンを製造している。特許保護は予防接種にも適用されるが、国家的危機の際や、2つのワクチンの薬理学的メカニズムが異なっていても同様の免疫学的反応をもたらす場合には、FDAは特許制限を解除する権限を持っている。

ボーラは、ハーンが「不公平な」特許保護プログラムを修正する力がないことは理解しているが、ファイザー社とFDAの双方に利益をもたらす取引を提案した。

ボーラは、中国の武漢で猛威を振るっており、間違いなくアメリカにも感染するであろう感染性の高い呼吸器感染症のゲノム配列を「手に入れた」と主張した。このウイルスについて、ボーラは次のように述べている。「季節性インフルエンザよりも致死率が低いようだ。空気感染するようで、感染者の間で急速に広がっていく。症状は危険なものに見えるかもしれないが、我々の分析によれば、平均的な人は99.6%の確率で完全に回復」と述べた。

ボーラは、ある議題を提示した。すでに開発が進んでいたファイザー社のワクチンをFDAが承認した場合、ファイザー社は今後36カ月間の利益の15%をキックバックするというものだ。「そのお金は、研究費の分配とか、好きなことに使っていいよ」とボーラはハーンに言った。「しかし、あなたの仲間であるCDCやアンソニー・ファウチのような人々に、アメリカ国民の生存を確実にするためにはワクチンが必要であることを印象づけることが重要です。トランプ政権にもこのことを信じさせなければなりません。これが早く軌道に乗れば、より早くワクチンを配布することができ、人々は安心して暮らせるようになります」。

ボーラは、利益を最大化するために、ブースターショットを含む5年間のワクチン接種計画を提案した。もし、社会が安全だと感じ始めたら、ウイルスのバリエーションを作って、世間知らずの人々を脅して、ワクチンの改良を要求させることができるだろう、とボーラは言った。

これに対し、ハーンは驚くべき告白をした。ファイザー社の競合他社が、すでに同様の計画をFDAに提案していたのである。ハーンは、競合他社の名前を出さずに、緊急使用許可は「評判の良い」ワクチンメーカーの間で共有されなければならないとし、「誰もが楽しめるような大きなパイを用意しなければならない」と述べた。

ハーンの告白は、大手製薬会社が人々よりも先に利益を得ようとする集団心理を共有していることを証明している。

「グローバルな販売収益を考慮すると、私たち全員が利益を得ることになるでしょう。緊急使用許可を少しずつ出すことはできますが、私たちにとって重要なのは、まず完全な承認を得ることであり、それがいつ実現するかは皆さんと皆さんの部下に任せることです。そして、競合他社よりも大きなインセンティブを提供することをお約束します」とボーラは言った。

ハーンは、「この件は検討する」と言った。

そして、その後は歴史の流れとなった。

この記事の情報は、ファイザーの元幹部から得たものである。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA


Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す