木曜日, 4月 18, 2024
ホーム外部ソースソロスは、有名な俳優/コメディアンであるヴォロディミール・ゼレンスキーが国を洗脳してウクライナの大統領になるのを助けた

ソロスは、有名な俳優/コメディアンであるヴォロディミール・ゼレンスキーが国を洗脳してウクライナの大統領になるのを助けた

レオ・リオン・ザガミー2022227日(The Liberty Beaconより翻訳)

ジョージ・ソロスのウクライナへの関与はよく知られている。彼の名前は、同国のオレンジ革命と政権交代に関連している。グルジアのように。


ジョージ・ソロスはCNNのインタビューで、2014年にウクライナのヴィクトル・ヤヌコヴィッチ前大統領の打倒に積極的に貢献したことを認めている。「私はウクライナがロシアから独立する前に、ウクライナに財団を作りました。その財団はそれ以来機能しており、時事問題で重要な役割を果たしています」と説明するこの金融家は、19904月にオープン・ソサエティ財団の一部として、ウクライナに国際ルネサンス財団を設立した。


この悪名高い財団は、もともと新世界秩序によってウクライナに置かれ、民主主義と市場経済への移行を支援する目的で、すぐにさまざまな分野で一連のプロジェクトを始める並行政府のようなものになったが、国を本当に支援することはなかった。最終的には、ウクライナの政治風刺コメディテレビシリーズで明らかな富を得ていたが、ソロスの友人でウクライナの新興財閥イーゴリ・コロミスキーからひそかに資金を得たヴォロディミール・ゼレンスキーというコメディアンとピエロが、2019年の5月から務めることになった、この大統領という役割を与えているのだ。彼の名前は、600人以上のジャーナリストが参加した世界最大のジャーナリズムの共同作業であるパンドラ文書調査のおかげで明らかになった、新世界秩序のエリートの有力者たちのオフショア企業、秘密銀行口座、プライベートジェット、ヨット、邸宅、貴重な美術品の隠れた所有者の中に登場した。202110月の最初のリークでは、100人以上の億万長者、29000のオフショア口座、30人の現・元首脳、300人の公務員の名前が挙げられ、多くの政府が論文で明らかになった金融活動に対して独自の調査を開始するよう迫られた。


世界的な調査は、国際調査報道ジャーナリスト連合(ICIJ)がまとめた大規模なジャーナリストの暴露記事によって促された。その中には、ゼレンスキーのテレビ制作会社スタジオ・クヴァルタル95と前述のウクライナのオリガルヒ・イゴール・コロモイスキーの怪しげな金融取引とを関連付けるウクライナのメディアSridstv.Infoのジャーナリストによる作業も含まれていた。Slidstvoは、法執行官の話として、洗浄された資金はコロモイスキーが所有するプライベートバンクのキプロス支店を経由していることを発見した。


10年前、人気のクヴァルタル95は、イゴール・コロモイスキーが所有するウクライナのテレビチャンネル1+1で番組を開始した。彼らの番組やショーはコロモイスキーが所有するチャンネルでヒットし、後に彼はゼレンスキーとチームをエンターテイナーとしてだけでなく政治家としても支援し、他でもないジョージ・ソロスが自ら行った提案の下だと言われている。今日、コロモイスキーはウクライナ、イギリス、アメリカでの捜査で注目の人物となっているが、おそらくその結果は無視されることだろう。


もちろん、ウクライナの透明性と説明責任を強化することで汚職と戦いたいと考え、2014年にウクライナ国家汚職防止局の設立を支援したのはウクライナのソロスの財団だったが、実際には何も起こらず、翌年の2015年にThe Guardianが「ヨーロッパで最も腐敗した国」と呼び、2017年にアーンスト&ヤングが行った世論調査では、専門家は「世界で9番目に汚れた国」とみなしている。


ソロス財団も調査報道プロジェクトやウクライナの独立系メディアの発展を支援したいと述べていますが、2010年、そして2021年にもフリーダムハウスは「ウクライナの負の傾向」を感知し、政府批判の野党メディアは閉鎖され、元コメディアンが率いる親欧米政権の権威主義が実証された。


ご覧のとおり、ウクライナはジョージ・ソロスが資金提供する道化師によって統治されている。彼は「Servant of the People」というテレビシリーズで財を成し、ヴォロディミル・オレクサンドロヴィッチ・ゼレンスキーはヴァシル・ペトロヴィッチ・ホロボロドコという30代の高校の歴史教師として主演するが、彼の生徒が撮影したビデオで彼が自国の政府の腐敗に対して冒涜的にわめき散らす様子が映されてしまい、予期せずウクライナ大統領に選出されたのである。


残念ながら、テレビシリーズの架空の人物のように国を清算するというゼレンスキーの主張はプロパガンダであり、ウクライナはソロスとクヴァルタル95スタジオ(2003年からウクライナで活動しているテレビ・エンターテインメント制作会社、ゼレンスキーが公式に所有しているが、ソロスの仲間であるイゴール・コロモイスキーが資金を提供したとされる)によって作られた悪い冗談になりつつあるのであり、その有力者は後にゼレンスキーの政権下で大統領府副長となり、一人はウクライナ秘密警察の副長となっている。


プーチンがゼレンスキーと彼の政権をあまり真剣に考えない理由は、彼らが文字どおりジョージ・ソロスとその友人によって作られたジョークであり、流血戦争の可能性の渦中に残されたウクライナの人々を支配し洗脳して服従させるためだということがお分かりいただけただろう。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA


Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す