木曜日, 4月 18, 2024
ホーム外部ソースジニ・トーマスがホワイトハウスに選挙を覆すように促した、屈辱的なテキスト

ジニ・トーマスがホワイトハウスに選挙を覆すように促した、屈辱的なテキスト

By Matt Stieb- 2022年3月34日(Intelligencerより翻訳)

2020年の選挙から数日後、クラレンス・トーマス最高裁判事の妻で保守活動家のバージニア・トーマス(写真中央)は、ホワイトハウスのマーク・メドウズ首席補佐官に奇妙なものを送っていた。


「計画を立てなさい。クラーケンを解放し、左翼がアメリカを崩壊させることから私たちを救ってください」と、トーマスは11月19日にメールを送った。

「譲歩してはいけない。彼の背後に集まる軍勢には時間がかかる」。 前日には、当時、極右界隈で流行っていた一節も送っている。「バイデン犯罪一家と投票詐欺の共謀者達(当選した役人、官僚、ソーシャルメディアの検閲を行う者、偽のストリームメディアの記者等)は、今、そして今後数日間、投票詐欺で逮捕・拘留され、扇動罪で軍事裁判を受けるためにGITMOの軒下で住むことになるでしょう」と11月6日に書いている。

メドウズが議事堂暴動を調査する下院特別委員会に提供し、ワシントンポストとCBSニュースが入手したこの文章は、有権者の不正が蔓延しているというインチキ疑惑に基づいて2020年の選挙を覆そうとする保守派のキャンペーンがさらに別の層で行われていることを明らかにしている。

また、最高裁判事の妻が極右やQAnonの陰謀の言葉をどの程度まで取り入れているかも示している。「12州以上での透かし入り投票用紙は、重要な激戦区である12州でのトランプ&軍の巨大なホワイトハットのおとり捜査の一部だった」と、彼女は選挙の2日後に書いている。デイリー・ビーストのウィル・ソマーは、トーマスが有権者の不正を捕らえる方法として透かし入り投票用紙に注目したことは、「軍の”ホワイトハット”(言い換えれば、善人)という考えと同様に、QAnonでは大きい」と指摘した。トーマスはまた、トランプの首席補佐官に、Quantum Financial Systemに関するInfoWarsの頻繁なゲストからのビデオを送った。「ある種の右翼のユートピアをもたらす神話上のマネーシステムという考え」とソマーは説明している。

メドウズ氏(選挙を覆そうとするホワイトハウスの多くの努力を調整したと伝えられている)は、彼の側からは、陰謀を含んだメッセージに寛容であった。「これは善と悪の戦いだ」とメドウズは返事を書いた。「王の王が勝利するまで、悪は常に勝者のように見える。善い行いに倦んではならない。戦いは続く” メドウズの弁護士は、「メールには法的な問題は何もない」と主張している。(しかし、最近、ノースカロライナ州で彼自身が有権者の不正行為を行ったと見られる証拠が出たことで、今後、何らかのトラブルが発生する可能性はある)。

1月6日のStop the Stealの集会に参加していたバージニア・トーマスは、以前、彼女の活動家が最高裁での夫の決定に影響を与えることを否定している。クラレンス・トーマスは、感染症治療のための入院のため今週の口頭弁論を欠席したが、下院特別委員会によるホワイトハウスの記録へのアクセスを阻止するために投票した唯一の判事だった。
トランプの真実
RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA


Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す