木曜日, 4月 18, 2024
ホームアメリカ特殊部隊が盗まれたサリン弾を回収

特殊部隊が盗まれたサリン弾を回収

By Michael Baxter -2023年7月10日(Real Raw Newsより翻訳)

ケンタッキー州にある陸軍ブルーグラス兵器廠の難攻不落のコンクリート壕から不可解な形で消失したGBロケットを、米特殊部隊と化学兵器の専門家が回収したと、エリック・M・スミス将軍の事務所関係者がReal Raw Newsに語った。

ホワイト・ハットが謎の失踪事件を調査し始めたのは、金曜の夜、BGADの兵士が、60発のM55サリン・ガス・ロケットが保管棚からなくなっており、権力の座にある何者かが、制限されたデータベースからシリアル・ナンバーを削除したと主張したためである。彼は、金曜日に破壊される予定だったロケット弾を水曜日に見たのが最後だった。失踪は木曜か金曜の早朝、勤務時間外に起こったという。

我々の情報筋によれば、将軍は好意を利用して、プロトコル違反やロケット弾が基地から発射された証拠を示すセキュリティー・レコーディングを入手したとのことである。最もひどいのは、内部告発の専門家が仕事を始める4時間前、金曜日の朝1時半から3時までの90分間のタイムスタンプ付き映像の消失である。バンカー内の2台のカメラと3台の外部カメラは、もし作動していれば、巨大なシャックル・ロックで密閉されたバンカーの侵入不可能な鋼鉄製のドアに近づく人物や車両を映していたはずである。

「今の技術でも、昔の地下壕にはバイオメトリック・セキュリティはなかった。昔ながらの鍵だけだ。その鍵へのアクセスは厳重に管理されているはずだ。我々の知る限り、基地には2セットしかない。1つは司令官が持っていて、もう1つは警備棟にある。ライブ映像も警備小屋に送られている」と情報筋は言う。

内部告発者は、ロケット弾の紛失以外に侵入を示す物的証拠は何も見ていないという。鍵は無傷で、彼以外の誰も、60発の致命的なロケットが決められた場所にないことに気づかなかったし、気にも留めなかったようだ。

スミス将軍は、基地の出入り口のビデオも見直した。武器庫への唯一の通り道であるメインゲートをカバーするカメラには、強盗に入られた倉庫と同じ90分のロスタイムがあった。

当時、2人の警備員(民間請負業者)がメインゲートを守っていたはずだった。

BGADは典型的な陸軍基地である。化学兵器の廃棄キャンペーンで2,500人が出入りしているが、700人の人員の70%は民間警備を含む民間請負業者である。月、ロイド・オースティン国防長官(当時)は、このポストを「民間請負業者」と呼ぶことにした。ロイド・オースティン国防長官は5月、BGAD司令官のブレット・A・アイバジアン大佐に対し、「兵士がより柔軟に対応できるよう」民間警備を増やすよう指示した。実際、スミス将軍の調査によると、BGADの兵士たちは、民間請負業者の数が増えれば増えるほど、セキュリティ侵害のリスクが高まるという懸念を表明していた。

調査の一環として、スミス将軍は7月4日の連休前にBGADを離れ、ロケット弾が行方不明になった7月7日の夕方まで戻らなかったアイバジアンに接触した。将軍がロケットについて尋ね、監視カメラの映像を見せてほしいと頼むと、アイバジアンはその要求を拒否し、海兵隊は陸軍のことに口出しする筋合いはないと言い、懸念があればロイド・オースティンに転送するよう伝えた。さらにアイバジアンは、化学兵器破壊作戦について直属の指揮官以外の者と話し合う権限はないと言った。

「スミス将軍は最終的に別の情報源からビデオを入手した。アイバジアンについては、かなり怪しかったが、彼がグルなのか、それとも事後的に尻ぬぐいをしようとしているだけなのかは分からなかった。スミス将軍はロケットを行方不明のままにしておくつもりはなかった」と情報筋は述べた。

土曜日までに、スミス将軍と第5特殊部隊群司令官ブレント・リンデメンは、特殊部隊の分遣隊を、児童性売買組織を運営している疑いのある有名なハリウッド・プロデューサーの調査という現在進行中の任務から呼び戻し、行方不明のロケット弾の捜査に当たらせた。将軍はまた、錆びついたロケットが漏出した場合に備えて、第48化学旅団から信頼できるCBRNを採用し、回収を手伝わせた。

リッチモンド、ベレア、カークスビルの近隣都市で聞き込み調査をしていたホワイト・ハットは、日曜の朝、BGADから数マイル北のルート25にあるガソリンスタンドのオーナーから、金曜の早朝、不審な18輪車が給油のために停車しているのを目撃したとの報告を受け、最初の手がかりを得た。運転手は名札のない陸軍の軍服を着ており、乗員は黒い服を着た民間人のようだった。

「あのあたりは軍隊の往来が多く、オーナーはそのパターンをよく知っていた。軍人は軍用車で、民間人は民間車で移動する。彼は特殊部隊に、軍人と民間人が一緒に移動しているのを見たのはまれで、名札のない兵士は見たことがないと言った。彼がそれを確信したのは、もしその兵士がいたとしても、トイレを使ったからである。彼のカメラは幸いにも作動しており、駅を北に出発するトラックを映していたが、ナンバーを確認できるほど鮮明ではなかった」と情報筋は語った。

トラクター・トレーラーの目立つエメラルド色の運転席は、特殊部隊に追跡の手がかりを与えたが、すでに中部東海岸沿いの空港や輸送港に貨物を預けていた可能性もある。それでも、特殊部隊は手がかりを頼りに、まるで小説の探偵のように北へ北へと捜査を進めた。

一方、キャンプ・ペンデルトンのスミス元帥は、ホワイト・ハットの人員を総動員して広く網を張った。特殊部隊も加わり、第75レンジャー連隊の兵士やキャンプ・ルジューン第2海兵師団の海兵隊員も捜索に加わった。

「これまでで最大の作戦だった」と情報筋は言う。

情報筋によれば、ホワイト・ハット評議会は交通監視カメラの映像を入手し、ガソリンスタンドからリッチモンド、レキシントン、ルイビル、そしてインディアナ州に入ってインディアナポリスに向かって北上する18輪車を追跡した。追跡はインディアナポリスから南へ約50マイル、ブルーグラス・デポから車で3時間のエディンバラで途絶えた。

「私たちが恐れていたのは、エディンバラあたりでトラックが止まり、武器が別の車両に移され、私たちがよほど幸運で、よほど速くなければ、あのようなことが起こっていただろう、ということでした」と情報筋は語った。

特殊部隊がエジンバラへ急行すると、将軍は、現在ヴァージニアにいるレンジャーを、トラックの最後に確認された場所までシャトルするヘリを手配した。彼らはほぼ同時にエディンバラに集結し、交通カメラのない道路を探しながら、円を描くように広がっていった。

日曜日の午後3時、特殊部隊はプラバー・ピット・レイク近くの孤立した道路で、緑色の運転席のトラクター・トレーラーを発見した。サーマルスキャンでは、エンジンは冷えており、運転席は空だった。

「彼らは空のトレーラーを発見すると思っていた。しかし、CBRN担当者は防護服を着用し、赤外線探知機で神経ガスの蒸気をチェックし、ロックを壊した。ロケット弾は中にあったが、運転手や乗客の姿はなかった」と情報筋は語った。

誰かが、ロケットを安全に格納するためのラックを内部に改造したのだ、と彼は付け加えた。

「金曜の朝から日曜の午後遅くまで、我々が到着するまではずっと無人のままだった。大量破壊兵器を積んだトラックを放置するのは意味がない。将軍は、乗員が別の運転手が来て最終目的地まで運転してくれると思っていたのだろうと推測したが、やはり、もっといいタイミングがあったのだろう。あるいは、救援隊を遅らせるようなことが起こったのかもしれない。我々は当て馬を見るつもりはなかった」と、情報筋は語った。

この情報筋によれば、将軍と彼のスタッフは、偶然居合わせたディープ・ステイターに対して罠を仕掛けるか、それとも単にトラックを徴用するかについて議論したという。スミス将軍は、盗まれたキャッシュを探しに何人のディープ・ステイターがやってくるか、どんな武器を持ってくるかを考え、慎重に2番目の選択肢を選んだ。彼の最大の関心事は、窃盗団から賞金を奪うことだった。

「簡単な選択ではなかった。スミス将軍は裏切り者を殺すことに何のためらいもない。バイデンはすべての化学兵器を廃棄したと公言し、行方不明については一言も言わなかったので、バイデン政権が関与していると考えています」と情報筋は言う。

ロケット弾は現在、本当に安全な場所に保管されており、破壊される予定だと彼は付け加えた。

そして、CBRNの内部告発者はホワイト・ハットの保護下にある。

「もうひとつ言いたい。私たちはアメリカの安全保障国家と、あらゆる動きを監視する何十億台ものカメラに断固反対する。我々はその丘の上で死ぬだろう。しかし、今回のケースでは、彼らがそこにいてくれたことに感謝している。この問題は解決していない。誰がロケット弾を持ち出し、誰が彼らを雇ったのか、我々は必ず見つけ出す」と情報筋は語った。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す