日曜日, 5月 19, 2024
ホームGITMOジャネット・イエレン、GITMOで絞首刑

ジャネット・イエレン、GITMOで絞首刑

By Michael Baxter -2023年10月31日(Real Raw Newsより翻訳)

10月18日、GITMO。

ジャネット・イエレン死刑囚は、10月18日の朝、ロープのネックレスをつけて絞首台の上に立ちながら、クランドール提督と執行官たちに辛辣なコメントを残した。

「おまえなんか大嫌いだ。大嫌いだ、クランドール」イエレンは声を絞り、しわがれた声で言った。「ここは私たちの国よ。私の言っていることが分かる? これは私たちの国、私たちのものであって、あなたたちのものではない、あなたたちが何をしてもそれは変わらない。聞こえてるの、クランドール?」

副提督はちらりとイエレンを見上げた。「聞こえますが、ありがたいことに、もう長くはありません。”我々の”とは誰のことですか?」

イエレンは肩越しに、ロープのほつれを点検している絞首刑執行人を見た。「あなたも死ぬわよ」と彼女は彼に言った。クランドール副提督にこう言った。「彼の名前は言わないけれど、あなたは彼が誰なのか知っているはず。米国とウクライナが合併してウクライナ合衆国になれば、彼は正体を現すでしょう」。

「最初は、あなたはただの邪悪な人だと思っていた。でも、あなたも頭がおかしい。あなたより前にあの壇上にいた連中と同じように、あなたも妄想を抱いている」と副提督は言った。

「それなら、これも聞いたことがあるだろう、クランドール: 我々はどこにでもいる」。

クランドール副提督は深いため息をつき、絞首刑執行人に任務を果たすよう命じた。ボタンが押され、イエレンは息を呑み、窒息し、足元の床が消えて身悶えした。どういうわけか、衝撃的な落下が彼女の歯を圧迫し、舌先を切断した。血の混じった口がゴボゴボと音を立て、真紅の唾液の泡が顎を伝った。ロープの長さが足りず、落下距離が短すぎたため、彼女はすぐには死ななかった。その代わり、彼女は数分かけて徐々に絞め殺され、球根のような体はねじれ、のたうち回った。

レイア姫に電気コードで絞め殺された後のジャバ・ザ・ハットのような姿で、割れた舌の残りが開いた唇の間にぶら下がっていた。

海軍の医師は彼女の死亡時刻をこう記した: 10月18日午前11時13分。

彼女の死後、JAG関係者がReal Raw Newsに語ったところによると、ホワイト・ハットはイエレンの国内資産の「数十億」を押収し、それはホワイト・ハットの活動資金とイエレンが痛手を負わせた人々への補償に充てられるという。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す