火曜日, 5月 21, 2024
ホームアメリカホワイト・ハット、ディープ・ステートによるワールドシリーズ・テキサス・レンジャーズのパレードでの簡易爆弾使用計画を阻止

ホワイト・ハット、ディープ・ステートによるワールドシリーズ・テキサス・レンジャーズのパレードでの簡易爆弾使用計画を阻止

By Michael Baxter -2023年11月5日(Real Raw Newsより翻訳)

ホワイト・ハットは今週、アーリントンで行われたワールドシリーズ・チャンピオンのテキサス・レンジャーズのパレードで何千人もの観客を負傷させたり殺したりする可能性のある偽旗攻撃をディープ・ステートが行うのを阻止したと、エリック・M・スミス将軍の事務所の情報筋がReal Raw Newsに語った。

連邦政府の第5列主義者から提供された信頼できる情報に基づき、米陸軍レンジャーズは木曜日に、レンジャーズファンになりすました連邦捜査官が、グローブ・ライフ・フィールドの近くと、チームのワールドシリーズ優勝を祝うために30万人が集まっていた1.9マイルの優勝ルートに点在していたであろう圧力鍋と釘爆弾のバイキングを組み立てていたモーテルの部屋を急襲した。

木曜日の夕方、第75レンジャー大隊の兵士たちがバジェット・スイーツ・モーテルの一室に入り、釘と小さな鉄球を詰めたガラス瓶に電子起爆装置を貼り付けている3人の反逆FBI捜査官を捕まえた。一人の捜査官が拳銃に手を伸ばしたが射殺され、残りの捜査官は両手を上げて「降参だ。撃つな」と叫んだ。

レンジャーズは2人の捜査官を取り押さえ、ベッドに並べて座らせた。彼らは6つの瓶詰め爆弾と3つの圧力鍋爆弾を見つけ、武装解除し、解体した。捜査官たちは、翌日の早朝、まだ空が暗いうちに目立たないように即席爆発装置(IED)を設置するよう命令されていたことを認めた。しかし彼らは、誰が命令を下したのか、あるいはディープ・ステートが攻撃の責任を誰になすりつけるのかについては明言しなかった。彼らの指示は、使い捨ての携帯電話を使ってIEDを作動させることだったという。

レンジャーズは捜査官を拘束し、死体を回収した。そして腐敗したFBIをテキサス州北部の処理センターに連行し、さらなる尋問を行った。

「もし我々が密告していなかったら、爆発物は、もし警察の厳重な警備がそれを発見しなかったら、大勢の人を殺していたかもしれない。パレードでは12個も積まれていた。大量の死傷者が出ただろうが、誰が犯人なのかはまだわからない。ディープ・ステートは誰かをスケープゴートにしただろう。トランプ支持者かもしれない。私たちは幸運にも内部に協力者がいる」と情報筋は語った。

バイデン政権に忠実なFBIが1日にモーテルの部屋を借り、チェックアウトはパレード翌日の4日だったという。彼は部屋番号まで知っていた。

「レンジャーは事前にその地域を偵察し、2日間にわたってFBIが部屋に出入りするのを目撃した。彼らは顔認識技術を使って、部屋にいたのがFBIウェイコ支局のFBIであることを確認した」と情報筋は語った。

最後に、この囚人たちはGITMOに送られる前に厳しい尋問を受けることになるだろう、と彼は語った。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す