日曜日, 5月 19, 2024
ホームアメリカJAG、10月に250人を絞首刑

JAG、10月に250人を絞首刑

By Michael Baxter -2023年11月7日(Real Raw Newsより翻訳)

The gallows against the dark sky. Medieval execution. Depression.

グアムの情報筋がReal Raw Newsに語ったところによると、キャンプ・ブレイズのアメリカ海軍法務官部隊のスタッフは、10月に250人以上のディープ・ステートの重罪犯を処刑した。

9月に報告されたように、JAGは市民に対するひどいCOVID-19犯罪で有罪判決を受けた100人の医師のうち5人を絞首刑にし、可能な限り残りを絞首刑にすると約束した。

情報筋によれば、これらの死刑は10月5日に始まり10月27日に終わり、JAGは1日に12回もの絞首刑を行ったという。死刑はジョナソン・スティーブンス提督かその代理人によって監督され、かつて反抗的だったディープ・ステートのシンパたちが突然絞首台の上で命乞いをし、慈悲を求める哀れな叫び声を上げるのを聞く不愉快な思いをした。その哀れな叫び声は慈悲を求めていた。少なくとも半数は、絶命する直前に悔い改めたようだ。

「縄を見るまでの彼らの大胆さには驚かされる。首のまわりに感じるまでは、非現実的なことに思えるのだろう。その時初めて、少なくとも何人かは悟るのです。何人かは、プラットホームでじたばたしているときに、平気で提督を罵倒するのですから」と情報筋は言う。

JAGはCDC、NIH、保健福祉省に彼らの死亡映像を送った、と彼は付け加えた。

また、フォートドラムの兵士165人のうち160人が、軍基地近くの街でMAGAの服装で飾られた段ボールや木の切り抜きに対して実弾射撃のウォーゲームに参加し、死亡した。

彼らのキャンプ・ブレイズ法廷が9月19日に開かれ、日本司法省が任命した弁護人が、スティーブンス提督と事件の是非を検討するために選ばれた3人の役員委員会をいらだたせる証言を行った。彼は1時間に及ぶ前置きを通じて、依頼人は将校と上級下士官の命令に従ったのだから無罪であり、したがって有罪とされるはずがないと主張した。

「判断ミスは犯罪ではありません。彼らは若く、家族もいる。過ちを犯すのは人間です。上官が彼らを欺いた。それが説明です」と弁護人は言った。

しかし彼は、被告人の多くが国防総省から基本給に加えて毎月5,000ドルの奨学金を受け取っていた理由を合理的に説明することはできなかった。彼は単に、被告人がコントロールできない事務的・会計的ミスと呼んだだけであった。

スティーブンス提督が5人の協力的な証人を証言台に召喚し、それぞれがトランプ大統領とその支持者に対する将来の全面戦争に備えて、米軍の「反トランプ」連合に参加するために金をもらっていたと告白したとき、その議論は崩壊した。彼らはバイデン大統領に忠誠を誓い、彼の命令で殺人を犯すと言い、しかし、誰が正確に支払いを許可したのかは分からないと言った。

弁護人は何度も検察側の証人を「信頼できない日和見主義者」と呼び、豊富な “状況証拠”を理由に無効審理を要求した。

結局、委員会は検察側を支持し、反逆罪と扇動的陰謀を犯したとして、被告人たちに絞首刑を推奨した。

彼らの処刑は10月にも行われ、国務省にビデオが送られた。

JAGに協力した5人の兵士はどうなったのかとの質問に、情報筋は「彼らは司法取引に応じた-15年の禁固刑だ」と答えた。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す